« イタリアンリヴィエラ②たどりつきやした。 | トップページ | イタリアンリヴィエラ④信じる者は救われる »

2016年10月31日 (月)

イタリアンリヴィエラ③トリノ人のプライド



トリノは2泊しました。

イタリアで4番目に大きな都市です。我々には荒川静香さんが金メダルを取った冬季オリンピックでなじみがありますね。
ピエモンテ州の州都です。
州都ですねんよ・・シュート・・と言えばサッカーです(おじさんギャグ)
サッカーのことは良く知らないんですが、ここトリノを拠点とするチームは二つあります。
セリエAの常勝チーム・ユベントス(ユーべ)と中堅。トリノFC。

イタリア人にとって有名サッカー選手というのは、大スター。
でも、トリノ人というのは、”キャ~~~ッ”なんていわないんですって!我々のサッカーチームなんだから・・・と受け入れる土壌があるんです。
道でであっても知らんふりしてくれる。みんな大人なんですね。
(関西マダムの誰かさんには絶対無理やわ)
某有名選手はトリノを「我々が人間らしく暮らせる街」と言っています。
(ごめんね。生きる邪魔して!あたしに見つかった方。スター税とおもってあきらめてね)

あと、何といってもここはフィアットの企業城下町。フィアット本社があります。
ヨーロッパの経済危機でグ~ッと落ち込んだ自動車産業だけど、フィアットにより産業都市として駈け上がっていった町。といえます。
フィアットに雇用され代替わりしてトリノ人になった。
トリノを含む北イタリア人はプライドが高いといわれます。
教育水準が高く、「南と一緒にせんといてんか!うちら、ローマ人でもナポリ人でもないし・・」

海外における東京人が「関西ですか?」と間違われて
「めっそうもない!」と大きく手を振るようなもんですわ・・・・。ほんまにそうなん?ショックやわあ・・東京のお方ったら・・。

トリノ人のプライドは13世紀~サボイヤ家による貴族支配にさかのぼります。
1560年トリノに都が移され政治力財力を備えた彼らにより街が作られていくのです。トリノで一番に目につくのは美しいアーケードです。
Dsc07088
これは「いや~ん。雨に濡れて歩きたくな~い」と貴族の御姫様がおっしゃったのかどうかはしらないけど、いつでもどこでも街歩きができるよう作られたとか。

 

Dsc07155
サボイヤ家が街を歩いても誰も声をかけない・・・・・。
これが、有名・著名人に声を掛けない現代のトリノ人気質に引き継がれているのでしょうかね。

 

Dsc07089どの建物も一階部分がアーケードになっています。

 

フランスの影響を受けた建築技術だそうで、「パリ」に似てると言われる方も多いとか。

 

 

19世紀の半ば
この、サボイヤ家の当主であったビクトリア・エマニエル2世がイタリアを統一します。
プライド。プライドってもろ刃の剣?
おいらが一番って・・似たような国がありましたね。
プライドがどうこうってことじゃないですがね

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« イタリアンリヴィエラ②たどりつきやした。 | トップページ | イタリアンリヴィエラ④信じる者は救われる »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イタリアンリヴィエラ②たどりつきやした。 | トップページ | イタリアンリヴィエラ④信じる者は救われる »