« 私のともだち・E子 | トップページ | しばらくブログ更新を休みます。 »

2016年9月24日 (土)

私のともだち・Y子


baseballbaseball


Y子夫婦は同い年の公務員同士。
二人の男の子に恵まれる。
上の子がダウン症だった。
夫は子どもたちを可愛がり、仕事を続けながらの子育ては忙しいけれど充実した日々であった。

clover

同じマンションで親しくしていた8歳年上の女性が離婚をし、小学生だった二人の女の子を連れてマンションを出た。
理知的で芯の強いその人はY子にとって尊敬するあこがれの人であった。

夫がその女性の元に走り、ついには家をでてしまう。

周りはこぞって離婚を勧めた。
当時、我々夫婦も「彼女の性格。彼女が経済的自立を果たしていること。親族の協力が得られること・・」などから離婚を勧めたくちだ。しかし、「次男のために・・」という言葉に反論できなかった。

「次男に二つのハンディ(ダウン症の兄。片親になること)を持たせたくない」と離婚の勧めを拒否。夫の帰りを待つ決心をする。

新興宗教に誘われ入信。熱心な信者となる。

clover

2年後。夫が帰って来た。
先方の娘(当時小学高学年)に「○○君のおじちゃん。もう、お家に帰って!」と言われたそうだ。
一見、元の暮らしにもどった。
次男に熱心に塾通いをさせた。名門中学受験。合格。

120507_019

其の後、彼女に大腸がんが見つかる。手術。

自分に正直に、思うとおりに生きようと思った。
チャットで一人の男性と出会う。

夫と離婚。
生きがいだった仕事を辞め長男を連れその男性と再婚。
次男は通学のこともあり父親の元に残った。

clover

再婚相手には思春期の息子と娘がおり、猛烈な反発を喰らうことになる。
再婚は子どもたちの母親が亡くなってまだ3ヵ月目のことであった。
一つ屋根の下で一切口をきいてもらえず食事を各々の部屋の前に置く生活。

あるとき、夜の公園で泣いていると犬の散歩をしていた女性に声を掛けられる。
その人に勧められ別の信仰の道に入る。
今まで自分がやってきた宗教とは180度違う考え方だった。

ダウン症の息子を施設に入れることになった。
週末には外泊で家へ帰ってくる。
夏休みには夫と三人で旅行をする。
夫の子どもたちとの関係は相変わらずある。

clover

元夫と暮していた次男は大学卒業目前で中退し東海地方で暮らし始めた。
ある時、次男と連絡が取れなくなる。
以前からの不可解な出来事もあり気になって再婚相手と次男を訪ねた。
アパートのドアを開けると縊首していた。

原因は、在学中から悪質なマルチ商法(ねずみ講)に関わりサラ金から多額の借金の取り立てを受けていた・・ということだった。
今は元夫の実家の墓に眠っているがY子は墓参りを許されていない。

再婚相手が脳溢血で倒れた。半身まひ。

clover

友だち歴38年。
真面目でパワフル。持ち前の明るさで周りを元気にしてくれる。
彼女の恨み言・愚痴を聞いたことがない。
それは共通の友人であった「前夫の浮気相手」に対してもである。

現在は夫のリハビリを頑張って手伝っている。
夫の子ども達とは相変わらず会話はなく、部屋の前に食事を運んでいる。「意地でも家から出ていかないんじゃない?」と笑いながら言う。
再婚した夫とはラブラブ。それが一番だと思う。


clovercloverclover    clovercloverclover    clovercloverclover


|

« 私のともだち・E子 | トップページ | しばらくブログ更新を休みます。 »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

おたまさん

ほんとうにお久しぶりです。
「私のともだち」シリーズ、本当に一冊の本にしたいような
内容ですね、さまざまなお友達を経て自らの考え方の転機に
なったり支えになったり、このシリーズのお友達は「人生の友人」と云う視点が、こんな素晴らしい説得力を持つんですね。
それにしても巾広いおともだちは、おたまさんだからこそこん
な内情も隠さず話しをされたんだと思います。
余談になりますが、もし、ここに紹介されたともだちが「私のともだちotamaさん」を書かれたら・・・どんな人物像が浮かんでくるだろう!って、ちょっと妄想しました、ペコリ

投稿: 風 | 2016年9月25日 (日) 19時20分

baseball風さんへ
友だちっていいものですね。出会いには意味がきっとあるのでしょうね^^

私の事も書いてほしいわ。
ひんしゅくものですよcoldsweats01
前半を知っている人と後半を知ってる人が別々なので、二部に分けてもらわなきゃね。(一度、脱皮してますからね)
墓まで持って行くつもりの話も出しておかなきゃです^^

投稿: おたま | 2016年9月26日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のともだち・E子 | トップページ | しばらくブログ更新を休みます。 »