« 私のともだち・T子 | トップページ | 私のともだち・K子 »

2016年9月21日 (水)

私のともだち・H美


baseballbaseball


母親が若い男と出奔したのは彼女が小学3年生の時の事。
相手は父親の元で働いていた職人だった。

4人姉妹の末っ子。
長姉は既に結婚して家を出ていた。
後に結婚した二番目の姉一家とすぐ上の姉。父親とで暮す。
授業参観や学校行事にはいつも二番目の姉が来てくれた。

Dsc04976


20歳の時、小さな新聞記事が目に留まる。
新聞の切り抜きを握りしめ北海道へ行き出会って三日目にその牧場主(当時26歳)にプロポーズされ結婚。
二男一女が生まれた。

憧れの地での穏やかな生活だった。

しかし農業の自由化で酪農に翳りが見え始め、ちょうどその頃バブル期がやって来る。
ゴルフ場の開発会社に土地を売却し離農。
夫は農機具修理の仕事を始めるが大した需要もなく、まとまったお金が入ったことで勤労意欲は失せていた。

この頃、彼女は遠方に住む夫の母の介護のため長期間家を空けることが増えた。長男の嫁のつとめだと、義妹や義弟嫁に介護を押し付けられる形になっていた。

clover

高校に入学したばかりの長女が自殺未遂を図った。
川へ入って行くところをたまたま通りかかった人に助けられたのだった。
原因はいじめ。介護に忙殺されて娘の変化に気が付かなかった。
どうしても娘の取った行動を認めたくなかった。事故だと自分に言い聞かせた。

遠い町に引っ越す。
夫は定職につかず、彼女は介護の仕事を始めた。

体に異変を感じ入院。子宮筋腫だった。

手術から数日後、担当医師から「精神科」を受診するように言われた。そのままスライドし、精神科へ3か月の再入院。
当時彼女は毎日夫の死ばかりを願っていたそうだ。

clover

退院の日の朝、札幌の大学に通っていた長男が車で迎えに来てくれていた。
「お父さんのところへ帰ったらまた変になる」と言って、そのまま、実家のある関西へ連れて行かれた。
半年後、夫と離婚が成立。

長男は東京で就職した。
次男・長女が関西で就職して3人の生活が始まる。
子ども達が家にお金を入れてくれるようになり少しずつ貯金もできた。
中古の小さな家を購入。
ヘルパーの仕事をしながらケアマネージャーの資格を取得した。

・・・・・・・

彼女が関西へ帰って来る10年ほど前に実父は死去。
父が亡くなる直前に母が20数年ぶりに舞い戻っていた。
父は何も言わず受け入れたそうだ。

その実母の介護を巡り三人の姉と対立。結局彼女が最後を看取った。姉たちとはいまだに絶縁状態である。

長男が結婚。
結婚生活は二年足らずで終わる。
長男の妻が焼身自殺をしたのだった。
原因はカード破産。買い物依存症であった。
子どもはいなかった。息子、負の遺産相続放棄。

人間関係が上手く行かず退職。子どもたちも「ゆっくりするように」と言ってくれた。
現在はホームヘルパーとしてマイペースでパート勤め。
ケアマネの仕事より現場の方が好きだと言っている。

clover

友達歴。52年。真面目で頑固で片意地で正義感が強い。
いつも人間関係の小さなトラブルを抱え込んでいた。
世の中は白と黒の二種類だけじゃないって。もっと楽に生きようよと言っても通じない。
思い込んだらのめり込むところがありハラハラさせてくれる。


転校生の私を日曜のたびに自転車の後ろにのっけて他校区の案内をしてくれた。
喧嘩の仲直りに(当時一緒に暮らしていた)小さな甥っ子の手を引いて田んぼのあぜ道をやってくる彼女の姿。今でも思い出せる。


clovercloverclover    clovercloverclover    clovercloverclover


|

« 私のともだち・T子 | トップページ | 私のともだち・K子 »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

おたまさんの友達、スゴイ人生を送ってきた方が多くてビックリです。
小説のストーリーみたい。
私の周りがいかに平凡か思い知らされます。

投稿: kimi | 2016年9月21日 (水) 11時30分

baseballkimiさんへ
そですよね。スゴイですね。
でも、本人たちは大騒ぎせずに生きてますね。
嘆いたり愚痴ったり・・って殆ど記憶がありません。そんな余裕もなかったのかもしれないです。

投稿: おたま | 2016年9月22日 (木) 08時52分

遅くなりましたが、赤ちゃん誕生おめでとうございます。
本当に幸せなお嫁さん!
「私のともだちシリーズ」とても私にとっては他人ごとでありません。どのお話も目頭が熱くなります。この世の中は公平ではないし、神も仏もないんですよね・・・
私自身、友人には、いろいろあったのに、良く生きてこれたね!と、、、、でも、何があっても、その中に小さな楽しみを見つけて生きて行かないとと思っております。耐えきれずに、時々、ウツ状態になりますが。

おたまさんは、以前の写真の中にモザイクがかかっていても、どうにか分かる一枚がありました、「美人!」美人薄命といいますが、ご主人がおたまさんを愛するあまりに身代わりになられたんだと思います。
長生きして、楽しいブログをいつまでも読ませてください。

投稿: ペコ | 2016年9月22日 (木) 09時14分

baseballペコちゃんへ
ありがとうございます
赤ん坊。生まれて3週間になりました。毎日顔が変わるので面白いです。

ヤッタ!モザイク掛けておいて良かった!
モザイク修正するソフトがあるとある方に「脅されて」いますが負けずにUPしちゃいますわ。

みんな大なり小なり色々な事を経験して生きているのですが私の友だちはみんな魅力的ですよ。
私は、辛さや悲しみは抱えて生きていてもいいと思っています。それをどうこうしようとするのではなく・・。ただその辛さ、悲しみがキチンと判っていれば受け入れて生きていけるとおもうんです。
誤魔化すことがいちばんしんどい・・
わけの解らんこといってますね。ごめんなさい。

投稿: おたま | 2016年9月22日 (木) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のともだち・T子 | トップページ | 私のともだち・K子 »