« 兄になるのも大変 | トップページ | ・・そんな恐ろしいこと・・ »

2016年9月16日 (金)

森を行く



先週。久しぶりに森へ行きました。
毒りんごを売りに・・・・・じゃねえよ

ここへは、春も来ました。とてもいいところです。
うちから車で30分くらいかな。
森に入る裾野に県の農場(試験場)があります。
Dsc07006


Dsc07008試験場の稲
分蘖(ブンケツ)していないから株が張っていません。

シュッとしてます^^

グッ坊が生まれた時、赤飯を炊いて持って来てくれたS子さん。
「赤ちゃんが生まれたよ」と言うととても喜んでくれるのですが
「平凡の子だよ」と言っても「平凡さんっておたまちゃんの旦那さん?」っていいます。

いいねん。いいねん。前後の事は別にいいねん。忘れても。
今、この瞬間を喜んでくれて、「可愛いね。可愛いね。」と言ってくれるんだから・・

S子さんは森が大好き。畦に咲く花が大好き。
露草・萩・えのころ・水引草・みぞそば・彼岸花・げんのしょうこ

試験用のビオトープがありガガブタという水草が茂っていました。
初めて見る珍しい花。ここが南限らしいです。

「露むぐら近道戻るに戻られず」

「とおすみや小流れの音途切れたる」 おたま

ちいさな小川には川トンボ「とおすみ」が飛んでいました。糸とんぼも見かけました。

青柿がびっしり生っていました。

Dsc07011農具舎のそばに・・
「唐箕」といいます。

風を起こして豆などを実と殻に選別します。

それ以前は「箕」を使って手と目で選別していました。

Dsc07013_2
農具舎の周りには職員さんやボランティアさんが植えられた秋の花が沢山咲いていました。

紫式部
千日紅
サルビア
鳳仙花

鶏頭は「かまつか」ともいいます。

それでは森の中に
行ってきます。

 


        


|

« 兄になるのも大変 | トップページ | ・・そんな恐ろしいこと・・ »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兄になるのも大変 | トップページ | ・・そんな恐ろしいこと・・ »