« 七月松竹座・五代目雀右衛門襲名披露 | トップページ | パスワードについて »

2016年7月26日 (火)

限定記事のお知らせ


baseballbaseball


フクシマへ行ってきました。

結論から申し上げますと「原発はなくせます」

日本国民のせめて半数の人が、このフクシマ原発事故現場を訪問すればなくなります。
必ず「なくさなければ」と思うでしょう

それほど衝撃的な惨状でした。
あらためて、東日本大震災の複雑さを認識しました。
世界で三度目の過酷な原発事故でありますが
地震と放射能が複合し合い増幅しあう。「原発震災」となったフクシマの被害は複雑です。
時間の経過とともに新たな苦悩が次々に生まれています。
フクシマは地震津波災害の上にさらなる試練にさらされていることがよく判りました。

Dsc06957

今回の参院選挙。与党大勝利の中で東北被災三県と沖縄の出した民意はNO!でした。
特に東北は保守基盤の強固な土地柄です。
この事はこの五年間に国がやったこと、やらなかったこと、やろうとしないことに対する選挙民が突き付けた答えなのです。

オリンピックの前にやらなあかんことがあるやろ!
って思います。

Dsc06959


限られた方々から限られた時間に聞いた、叫びに近いお話はそれを精査する力が自分にはありません。見聞きしたことを記録にしておこうと思っっていますが、そこのあたり(見たまま聞いたママであること)をご理解いただける方には読んでいただきたいので「限定記事」にするつもりです。
ココログには記事ごとのパスワードアクセスという機能がありませんので、なにか方法を考えます。
マスメディアからは伝わってこないこと、信じがたい事柄・・・それらはこの原発事故による被害がいかに大きく多様で広範囲で深刻で、そして途方もない時間がかかるのか!ということを改めて考えさせられました。

clover

放射能測定器を持参しました。
詳しくは省きますが被災地視察での私の被ばく線量は例えば大阪市内で一日中過ごすのとほぼ同じです。(これを一年・十年・一生とかければ大きな差が生まれますが)

ぜひ一人でも多くの方に、この帰還困難区域を含む町を訪問していただきたいと思います。
人っ子一人いない街とはどういう事か。さっきまであった暮らしが終わるとはとういう事か。

そして、復興の希望の灯りが見えないとはどういう事か。

無人の町で見かけたのは他府県№のパトカーと除染関係車両のみ。視察者(?)はたったの一台(男性一名)だけでした。

clover

フクシマ・レポート。少し時間がかかりますが、コメントなどで交流のある方で関心をお持ちの方に読んでいただこうと思います。その時は又よろしくお願いします。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 七月松竹座・五代目雀右衛門襲名披露 | トップページ | パスワードについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

遠い関西から福島へいらしたのですね。
わたしは関東にいながらにして、まだ行けてません。
行かなきゃという思いは持っているのですが、、

また、記事をお待ちしています。

投稿: ovni | 2016年7月26日 (火) 18時17分

しっかり読ませていただきます。
私は岩手県の宮古市へ被災地公演に2回お邪魔したのですが、福島へはまだ行けてません。
5年経ってもまだ何も進んでいない。自己の現状を隠そうとする体質。企業にも国にも怒りを感じます。
あの事故の後、原発なしでもやっていけました。
日本に、この地球上に原発は要りません。
もう原発はやめるべきです。
限定ということでしたら、公開期間を定めていただいていいと思います。新規が出たら必ず読みますので止まらずにお書きくださいね。

投稿: ばんび | 2016年7月26日 (火) 23時02分

いつも軽妙な文章で幅広い話題を提供してくださるので、
楽しみにしています。
ダンボ師匠やぽこさんともおたまさんって
すごいなあと感心しています。
世の中のいろいろなことに対する考え方が
とても共感でき、こんな風に表現すれば
いいのだなとお手本にしています。
そんなおたまさんの福島レポート、
覚悟を決めて待っています。

投稿: わんこ | 2016年7月26日 (火) 23時50分

baseballovniさんへ
初めまして。コメントありがとうございます。
出来るだけ早くUPしたいと思っています。
コチラからパスワードを連絡させていただきますね。また読んでやって下さい。

baseballばんびさんへ
ありがとうございます。ちょっと忙しくてバタバタですが出来るだけ早くUPします(メイビー^^)
川内一基稼働。(それでも稼働させている)全くやっていけていますものね。

baseballわんこさんへ
えげつない(!)話をどこまで書けるかわかりませんが・・Dセンセの心臓に悪いかもしれませんが・・coldsweats01

投稿: おたま | 2016年7月27日 (水) 07時41分

初めてコメント差し上げます。
毎日更新を楽しみにお邪魔しています。
是非私も限定記事を読ませて頂きたくて、
原発は無くすべきだと思ってます。

投稿: ホソノ | 2016年7月27日 (水) 10時37分

兄ちゃんは、すっとこどっこいで、
嫌なことはすぐ忘れるタチですが、
原発にだけはどうしたことか、
しつこく噛みついております。

それというのも、東海村に近かった親友が、
被爆の疑いを持ちながらも、
官公庁や多くの医師たちから、
因果関係を否定されてきたのです。

親友夫婦ともども、
同じ時期に患った症状は同じで、
たらい回しの診断結果は『膠原病』でした。

誰が聞いてもおかしな話でしょう。
東海村では被爆死も何人かおりますし、
また友人のように隠ぺいされた被爆患者が、
何人かおられるようです。

友人夫妻は直後から激しい反原発活動を行ってきましたが、
3・11までの賛同者はごくわずかだったと聞きました。

東海村の被害を隠蔽した原発ムラの罪は、
大きすぎます。
フクシマを産んだのは彼らそのものです。

なので兄ちゃんは親友のためにも、
ない頭を絞って原発ムラを告発してゆきたい。

フクシマを書くのはつらいことですが、
是非、書き続けてください。

へろへろ兄ちゃんですが、
応援ばしちょりますバイ!

投稿: NANTEI | 2016年7月27日 (水) 14時20分

限定記事との事。どうすれば読めるのでしょうか。
コメントは2,3回書いた事がありますが何か登録をするのでしょうか。お知らせください。

投稿: ちがや | 2016年7月28日 (木) 00時43分

baseballホソノさんへ
コメントありがとうございます。
後日こちらから連絡させていただきます。

baseballNANTEIさんへ
兄ちゃんの頼もしい応援に、チョと今お疲れ気味のナイスボディが引き締まりました。
がんばって書きますばい。
東海村のことは兄ちゃんがたびたび取り上げられていることで「初めて」知りました。
フクシマでも全くおなじです。誰が捻じ曲げ握り潰し隠ぺいしようとするのか許されないです。

baseballちがやさんへ
古くからのお友達のちがやさんには是非読んでいただきたいです。
コメント2~3回どころじゃないですよhappy01
教えてもらってるメールアドレスへご連絡します。

投稿: おたま | 2016年7月28日 (木) 08時23分

おたまさん
ニュースではほとんど流れなくなったのは上の方からの指示なんでしょうか
それとも余りの状況に流せないのかと思っていました
当方 昨年岩手と松島へは参りましたが福島には行けませんでした
津波の自然災害でも悲惨ではありましたが、近寄ることもできないという事実が表面的にしか理解できていません
関西に住んでいますと電力会社は原発さえ再稼働したら電気代を安くできる等とほざいていますよね

大飯原発の再稼働STOPをどこまで阻止できるか
心配と期待の両方です
おたまさん
フクシマレポートの記事が出来ましたら私のアドレスにも送ってくださいませんでしょうか

投稿: のさ | 2016年7月28日 (木) 12時09分

baseballのささんへ
ほんまに「ほざいてますね」^^
電気余ってますやん。

パスワード送ります。

投稿: おたま | 2016年7月28日 (木) 19時07分

7月31日~8月1日、2回目の福島訪問に行ってきました。
いわきからレンタカーで塩屋崎灯台に行き、海岸通りを北上し、第二原発、第一原発を見ながら子安橋、夜の森駅(閉鎖されていて中の冷蔵ケースには飲み物が倒れたままの状態でした)、請戸、南相馬を見学。道端のお地蔵さんに供物があり、胸がふさがれました。
翌日は福島の浪江町の人たちがいる仮設住宅のふれあいサロンで懇談会。広い家とその中の全てを置き去り、車さえも廃車にして、狭い仮設に入居したとのこと。現状の苦労もおききしました。
狭い日本に原発はいらないとの思いを強くしました。
ぜひ多くの人にその現実を直視してほしいです。

投稿: 濱 | 2016年8月 3日 (水) 15時32分

baseball濱さんへ
おひさしぶりです。
今ちょうど「限定記事」のほうで富岡町の事を書いています。夜の森は同地区内で三つに区分されているのですよね。
住民を翻弄するような避難指示区域の見直しに腹が立ちます。
除染で出た放射性物質も田畑に仮置きされていましたね。
多くの人に、ここを訪問して、自分の目でしっかり見て欲しいと思いますね。

投稿: おたま | 2016年8月 3日 (水) 20時43分

仮設住宅の浪江町の人たちにお話を伺うと、寒い冬には窓にフィルムを貼り、暑い夏にはクーラーを控えて、電気代を節約しているとのこと。
そこで、関連の本を読んだら、復興予算を被災者の生活再建に使うべきなのに、財務省の官僚が配分して、復興に関係のない事業に1兆円以上が流用されていたということです。
だから5年半たっていても、いまだ被災者の生活はよくなっていないのです。

投稿: 濱 | 2016年8月 8日 (月) 21時27分

baseball濱さんへ
浪江の一部区域は来春の帰還を目標にしていますね。でも実際に見た感じでは「これで帰って来れるの?」でした。
仮設住まいのストレスは大変なものだと思います。国や東電の対応を知れば知るほど暗澹たる気持ちになります。
請戸にも寄られたのですね。請戸の子ども達は今全国に散らばっています。この子達が戻ることはあるのでしょうか。

投稿: おたま | 2016年8月 9日 (火) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七月松竹座・五代目雀右衛門襲名披露 | トップページ | パスワードについて »