« 真田丸・Extra現場よりお届けします。 | トップページ | SHE LOVES YOU »

2016年5月 4日 (水)

清らかな存在感・芦川いづみ


baseballbaseball


清楚という言葉はこの人のためにある。
知的で気品があり芯の強さを覗かせるその清潔な美しさ!

シネ・ヌーヴォで「名画発掘」と銘打った新シリーズが始まりその第一弾を見てきました。
4月は女優・芦川いづみ主演作品集でした。

Dsc06532

clover

「風のある道」1959年/日活/白黒 原作/川端康成

三人姉妹の長女・北原三枝の結婚式から物語は始まります。
長女の夫は女性関係のお盛んな貿易商の岡田真澄。男前!
北原三枝は元モデルで二人とも時代の先端をいくお仕事です。恋愛結婚という現代的な結婚を果たしますがその内情は??

次女の芦川いづみは華道家元に実力を認められていて、後継者である息子・小高雄二と婚約をしています。

三女に清水まゆみ。大学生。
当時三人の娘を持つ(嫁支度をさせる)というのは親の負担が大きく、「大学なんかに行かさなくてもよかったのに・・」とお母さん・山根寿子の愚痴が聞こえてきます。
三女は現代っ子の象徴であるように若い肢体を惜しげもなく披露happy01「アタクシと結婚して下さらない?」と自ら売り込む戦後育ち。

お年頃三姉妹の織りなす愛の模様。結婚への模索がテーマです。

これでいいの?あたしの結婚・・と考えている(だって、家元息子、ひと癖ありそう。暗がりでこっそり妹(三女)の手を握ったりする)
そんな、いづみちゃんの前に、絵でかいたような心のきれいな青年・葉山良二が現れます。(このお二人、プライベートでもロマンスの噂があったのですよねlovely
しかも、彼はお母さん・山根寿子と浅からぬ因縁の人だということが後からわかります。

筋書きはそれくらいにしておいて・・・

ノーベル賞作家をもってしても「女の幸せは結婚で決まりね」みたいな当時の考え方だったのですね。お父さん・大坂志郎の大きな後押しがなければ、いづみちゃんは世間の風に流されていたかもしれない・・

clover
見どころファッションチェック!

雨戸が全部で27枚もあるお家のお嬢さんですからね。
素敵なお嬢様ファッションです。

和服の着こなし(着付け)がとてもGoodざます。
ほら。今時って猫も杓子もみな同じ着付けでしょ。
み~んなが○○和装学院の卒業生みたいな。
お襟は拳一つ分抜く・・みたいな。
それって、きれいですか?個性がなさすぎでしょ。
人のことは言えない。おたまだって「折り紙」みたいにキッチリと教わった通りしか着物を着られません。
いづみちゃんの着こなしは・・。例えば中原淳一の絵から抜け出たというか。お襟は詰め気味で帯の位置はやや高くウェストマーク。体の線がシャープに出ます。

お洋服も、ワンピースでね。ウエストでキュッと絞ってふんわりフレアスカートとか。
お嬢様だから大体「襟」付ですね。

あと、寝間着で年代と性格でています。
お母さん。和装ナイトウェアです。しかもおはしょりからげて腰ひも。
昔のお母さん。そうでしたね。
いづみちゃん。ネグリジェlovelyかわいい。
三女ちゃん。ベビードールbleah足なんか出しちゃって。

昔の娘さんって、どうしてあんなにきれいなんでしょ。
上品なんです。言葉遣いも美しい。
両親に敬語。これあたりまえね。
今は先生にだってため口だよ。小学生。いけませんねえ・・。

綺麗な言葉は女性だけではありません。
芦田伸介(お母さんの昔の恋人)の第一声が

「ぼかぁ・・(僕は)」
加山雄三以外で「ぼかぁ・・」というのを初めて聞いたわ。

clover

芦川いづみさん。1935年生まれですので、この作品当時24歳。
1968年藤竜也さんとの結婚を機にスクリーンから引退されます。

葉山良二さん。ズボンをギュッと引っ張り上げてウェストでギュ~ッとベルトを締めてます。
きっと、この人もち肌なんだわと思わせる。昭和の二枚目。
こういう人が二枚目やったんやあ~~

会話の中や設定の背後に「戦争」の残り香も。
「私が疎開していた頃、お父様が戦争から帰ってらして・・」
みたいな・・

いやあ・・昭和の邦画。エエですわ。

Dsc06534←これも始まるんですって!

最近、歌舞伎のいいのがかからない。
(悲しい・・)
名画発掘シリーズに期待大です。

movie


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 真田丸・Extra現場よりお届けします。 | トップページ | SHE LOVES YOU »

歌舞伎・映画」カテゴリの記事

コメント

ファッションやセット、小道具なんかだけでも楽しめそうですね。今のドラマは時代は古くしてるつもりだろうけど、役者の品がない。着物が似合わない。ショールカラーのブラウスが似合わない。とナイナイづくしなので見てると腹が立ってきます。だからと言って私が古い時代をちゃんと知ってるかっていうとそうでもないんだけどね。
お嬢様は襟のある服、そうなんですよ~。
義父に襟のある服を着なさいってよく言われました。Tシャツにエプロンだもんbleah

投稿: ばんび | 2016年5月 4日 (水) 10時50分

芦川いずみさんにお会いになったのね、懐かしいですね。そうそうてっきり葉山良二さんと結婚かとおもいましたね。当時未だ藤竜也さんはほぼ無名でびっくりしたのを覚えてます。昔の女優さんは本当に綺麗な方ばかりでした、今は・・・?。

投稿: パコ | 2016年5月 4日 (水) 11時31分

私は今の映画やドラマは昔のものにはかなわないと思います。
しつけが厳しかったおかげで態度や言葉づかいに品があります。

日本の当時の映画は(ほとんどPCやレンタルDVDで見ますが)本物の俳優が演じていて満足します。

歌舞伎のことですが関西地区の劇場の舞台があまりないので心配になります。客を引き寄せる名優が少ないですからね。

投稿: のんのん | 2016年5月 4日 (水) 18時05分

baseballばんびさんへ
「裸にエプロン」じゃないのねhappy01
やっぱり襟は大事。お嬢様の象徴!田中真紀子さん。アレでも可愛いお襟のスーツをいつもお召でした。
いつからTシャツがブラウスにとってかわったのでしょうね。
原作は「お母さんの揺れる女心」が主題だったようです。中高年、若い男性にトキメいて最後の炎を燃やす!みたいな・・・。
要らないわね。きれいなお嬢さんだから映画になるのですよね。ハイハイ。

baseballパコちゃんへ
今の女優さん(男優さんもだけど)見分けがつかない。名前が覚えられない
(それは当方に問題があるのか!な~んだ。)
多分、フツーに街を歩いてるお嬢さんがみなさんお綺麗になられたからだと思いますよ。
一般人と女優さんの差がなくなって来た。
特別な人じゃなくなったのですよね。

baseballのんのんさんへ
京都の南座が耐震問題で閉鎖されています。
そう言う事情もあって関西でお芝居がかからないのかもしれません。
7月に芝雀の雀右衛門襲名興行がありますが飛びつくほどでもない。たぶん見に行くけど・・。
南座の前回の補修は一年半ほどかかっていたのですが、あの時どこを見てたんだろannoy
しっかりとお芝居の出来る若手の台頭を待っているのですが見回してもね・・心細いです。は~っ。どうなるのでしょうね。


投稿: おたま | 2016年5月 5日 (木) 07時45分

うちの母は若いころは「金沢の芦川いずみと言われたのよ」と自慢しますし、実際若いころはたいしたべっぴんさんでしたが(注:私は父似)、今はウィッグと毛染めで若く見えますがどことなく「ブル連隊長」みたいなちょっちメタボです。本物の芦川いずみさんはどうしておられるのやら。昔の女優さんは外見だけでなく言葉づかいや物腰が美しかったですね。見習わなければ。…でもって…芝雀さんの襲名披露、是非行ってあげてください。ニザさまもおつきあいなさいますし。芝雀さんは襲名が決まってからの名古屋顔見世で、格段の進歩というか、本当にお綺麗で、客席からも「きれい・・・」とため息が漏れていました。3月歌舞伎座の昼の部を拝見しましたが、とってもよかったですし。

投稿: ヴェルデ | 2016年5月12日 (木) 00時43分

baseballヴェルデさんへ
芝雀さん。そなんですか楽しみです。
芝雀さんはずーと芝雀さんだったから、このままの芝雀だと思ってました。
お父さんの陰で可憐に咲いてるだけの・・・。
名跡を継ぐってそういう事なのですね。

男女ともに歳を重ねると顔の幅が広くなりますわね。どゆこと?
美しかった(過去形?)というのは幸せな記憶だと思います。で、とっても大切な事です。うん。ワタクシにはよくわかります。
造顔小顔マッサージに励みながらヴェルデマンマの後を追いかけますわ。

投稿: おたま | 2016年5月12日 (木) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真田丸・Extra現場よりお届けします。 | トップページ | SHE LOVES YOU »