« 清らかな存在感・芦川いづみ | トップページ | 殺すぞ »

2016年5月 6日 (金)

SHE LOVES YOU


baseballbaseball


4月の終わりに、ライブがあったんです。
ええ。ええ。
もう御出演も5・6回目かなあ。ベテランですわ。

そこが、落とし穴 やってんねズボッ!

昨年のクリスマスコンサートで
    うちら・・いけるんと違う??
みたいなまさかの勘違いをしてしまっていたかも。

あれ(クリスマスコンサート)で燃え尽きてレッスンに身が入ってなかったけど、今まで本番では上手くやれてたから・・・・おごり・・ですわね。

驕れる者久しからず猛き者・・腰砕けですわ。とほほ。
たかをくくっておりましたざんすよ。
結果は正直です。
つーか。
あたしらの目標設定が高くなったのかもね(まだ言うか!)

note

Unchain my hert : Ray charles
Ticket to ride: John lennon & Paul mccartney

以上の2曲を歌いました。

ビートルズの魅力であるパワフルなエネルギーを今回はちょっと大人っぽくアレンジして
スローテンポなversionで・・
ピアノ伴奏とプロのカホーン(打楽器)にも参加していただきましたのよ。
めちゃくちゃカッコイイんです。伴奏はね。

スローテンポだと、ビートルズのハーモニーの美しさがよけいに際立ちますね。

音楽のことはよくわかんないけど。先生はこうおっしゃいます。
(先生は私らより一世代若く、私たちのレッスンのためにビートルズ入門されたようなものです。)
Ticket to Ride を伴奏しながら・・・
ビートルズはすごいなあって改めて思うのはそのハーモニー
モーツァルトの時代にタブーとされてきた和音を使うでしょ。
あるときはドビッシーやラベルのような印象派に通じるし
あるときはグレゴリオの世界・・
ほら。この4度の和音・・う~んすごいですわ・・・
音楽って無限に広がると思わせてくれますねえ・・

あたしら(少なくともおたまは)そこまで感激してないけど、うまく歌えた時はきれいな音やなあと思います。(うまく歌えた時はね)

note

悲しいことはさっぱりと忘れて、次の曲に進みましょう
SHE LOVES YOU が決まっています。

コーラスばっかりいややannoy。っていいましてん。
だってレイチャールズのアンチェインマイハートね、メロディパートのほう、ものすごくかっこいいんですよ。
なのに、おたまちゃんほか三人(シューリームス)はnoteわ~わ~わ~ばっかりですねん。

だから、たぶん↑はポールのところ歌わせてもらえるはずです。

もう一曲、新しいのをやりますが決まっていません。
これはビートルズ以外から選びます。

note

ユーチューブで素晴らしいのを見つけました。
「SHE LOVES YOU」の歌い方です。
先生がポールのところやジョージのところを歌い分けてくれます。

これやったら、鍵盤ハーモニカ 要らないわ good

よろしかったら、ご一緒に練習してくださいな。なんでやねん!


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 清らかな存在感・芦川いづみ | トップページ | 殺すぞ »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清らかな存在感・芦川いづみ | トップページ | 殺すぞ »