« 混乱 | トップページ | 春子 »

2016年4月25日 (月)

春惜しむ



4月吟行は京田辺市にある一休寺と木津川市の岩船寺へ行ってきた。
岩船寺ははおたまのリクエストである。

(一休寺)

Dsc06462
Dsc06463_2

若紅葉がもうこんなに美しい
もうすぐ愛らしい花をつけるだろう。

その昔。
免許取りたてのベベちゃんがグリーンのHONDAのNコロで
よくドライブに連れて来てくれた。

2人とも10代の終わりだった。
怖ろしく遠い昔だ。
そして、怖ろしく長いつきあいだよ。

   「春惜しむ一休座像に隣して」 おたま

今では大型バスの駐車場もあるし、入山料500円もする

(岩船寺)

歴史は古く奈良時代に恭仁京が置かれたところである。
「木津川市」になった。頭の切り替えがうまくできなくて「相楽郡」と聞けば茶畑の広がる景色が見えてくる。
この辺り当尾の里といい。(特に秋、柿のなる頃)岩船寺から浄瑠璃寺への道は人気のハイキングコースである。今回40数年ぶりに来た。長生きしてるよねアタシ。

Dsc06481

境内の奥に福島の樹齢千年といわれる三春の滝桜の子孫が植樹されている。
すでに結構な大きさだ。

その下に持参の大きなシートを敷いて句会。

ああ。のどか・・・
だれも居ない。
鶯の声が天から降って来る。

  「春惜しむ山の深きに鐘を聞き」 おたま

神社仏閣で目新しい句が出来るわけはない。
威張ってどうする。
でもいいの。来てみたかったんだから。

この日はただしさんがドライバーをしてくれた。
いつもアリガト。

浄瑠璃寺は時間切れ。
GWに明星氏が帰って来ると言っている\(^o^)/
ので連れて来てもらおっかな。

Dsc06480


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 混乱 | トップページ | 春子 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

浄瑠璃寺の吉祥天女像見たさに奈良からバスで行きました。九体の阿弥陀様に圧倒されました。
一緒に行った友人がもう遠出ができなくなって淋しいです。

投稿: ばんび | 2016年4月26日 (火) 08時49分

ばんびさんへ
九体仏。いいでしょう?
今でも住職さんが説明をしてくださるのかなあ。浄瑠璃寺・三千院・光明寺。これが私の中での「住職ガイドベスト3」です。
大昔のことなので皆さん既にあちらへ行っておられるでしょうけどね。のんびり拝観できた記憶がありますが今はどうなのでしょう。

山城(このあたり)には十一面観音の素晴らしいお寺が点在しています。
観光名所で人疲れするよりここの観音巡りもいいと思います。が元気なうちだったらご案内しますよ^^

投稿: おたま | 2016年4月27日 (水) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 混乱 | トップページ | 春子 »