« 二月・俳句の詩的伝統とルール | トップページ | 幸せも不幸せも自分が決める »

2016年3月 1日 (火)

宝石つけて友達がやって来る


baseballbaseball


お姉さんの形見を見せびらかしにエミリーが来るという。
よかろう。見てあげよう。

で、じゃらじゃらと金銀財宝を身に付けてやって来ました。
ピンポ~ン

「わっhappy01いらっしゃいhappy01
        よく来てくれたねhappy01今か今かと待っててんでhappy01

・・・・・・・・

   「何か・・チカラ仕事?」

さすが。古い付き合い。お見通しやgoodぱちぱちぱち

clover
お台所の収納カウンターを買いました。
先ほど、配達のお兄さん2名が帰ったところです。

お兄さんたちのお仕事。
「搬入」までなんですって!

銀次郎(冷蔵庫)のお隣を綺麗に空けて待っていたのに・・
「え~っ!この、おたまお嬢様が開梱・設置するんですかぁ~」

ここから先は別料金になります。って言いやがるねん。
けけけ・・結構です!annoy (もうすぐ力持ちが来ますんで)」

clover

エミリーは大花珠・黒真珠のネックレスをはずし、珊瑚の指輪を抜き取り、ジャガールクルトの高級婦人時計のベルトをはずした。

「サッサとやろうぜ」と意欲十分。

アカンアカン。右手の中指。翡翠の指輪が残ってまっせ!

clover
L
えへっ。
ピカピカでしょ。

銀次郎のお隣にきれいに収まりました。

Dsc06335チョイと出ました
トム(釜)&ジェリー(ポット)

蒸気を逃がせるように、ひっぱり出して使うんだよheart
知ってる?
あっそ。

明星氏が初上京した日に新宿西口で買った「トム」も嬉しそう。

clover

Dsc06334

じゃ~ん。設置終了。仰角60度で見上げたところgood

ステンレスラックは前使っていたものです。
要らないけどもったいないので使う。
レンジとトースターを載せました。
レンジは平凡氏が学生の時使っていたもので名前は「小鳩」です。

老母は息子たちのお古で生きてますねん。

clover

ありがとう。エミリー。
お礼に、この子(収納ラック)の命名権を与える
と言ったのに「いらん!」と言われた。

お昼ごはんと夕ご飯を召し上がっていただき、労働の対価としてもらう。

そう・・。晩御飯まで食べて帰りやんねん。

彼女、旦那さんに車で送ってきてもらったのだけど・・
「おとーさーん。夜は何かテキトーに作って食べておいてなー」
という声が聞こえていたので
ああ。昼御飯だけでは済まないんや・・と覚悟していました。

clover

お姉ちゃんは首が太かったから、黒真珠を3個抜いて作り直してもらった。
其の珠で、おたまちゃん。お揃いで指輪をつくろう。というんだけどね。
実は二人ともあまり貴金属をつけない。つーか持ってない。つーか興味ない。
だから「いらん!」と断りました。

でも、お姉ちゃんの形見だから大事にする。と言って
宝石をいっぱい付けて電車で帰って行きました。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 二月・俳句の詩的伝統とルール | トップページ | 幸せも不幸せも自分が決める »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

翡翠の指輪とか忘れていかなかったですか?
ギボンヌの形見に貰ったもの持ち腐れてます。
有効活用ってできないかな?

投稿: ばんび | 2016年3月 1日 (火) 10時14分

宝石いっぱい着けたエミリーさん電車になんか乗って無事にお帰りだったのかしら?心配です。それにしても命名権を放棄するなんて何という勿体なさ、それならあたくしがつけでさんぜましょう、トラ次郎なんていかがかしら?要らん?失礼致しました。

投稿: パコ | 2016年3月 1日 (火) 11時20分

baseballばんびさんへ
是非とも身につけられますことをお奨めしますわ。
もう、十分に宝石がお似合いの年齢になられていることに気が付いていない・・それはいけません。
ギボンヌ様も喜ばれます(かな?)
宝石も世間に出してあげませう。

baseballパコさんへ
ごめんなさ~~い。もう名前つけちゃったの。「ハコ」っていいます。
山崎ハコのハコです。
「パコ」ではないので許してね。
トラ次郎は温存しておきます。
銀次郎とうまくやれそうですものね。

エミリーは無事帰宅したと思う
思う?・・・たぶん。

投稿: おたま | 2016年3月 2日 (水) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二月・俳句の詩的伝統とルール | トップページ | 幸せも不幸せも自分が決める »