« ほっぱらかし | トップページ | マルタ島・ドバイ㉑お金持ちになったわけ »

2016年3月27日 (日)

マルタ島・ドバイ⑳笑っているわけではない



(2015年12月)

マルタ島の最終日はスリーシティー観光。
街のクリスマス飾りをみたり、要塞みたり、日本兵士の墓にお参りしたりで半日をバタバタと過ごしたのでした。

Dsc05931不法侵入者発見!

キリスト教の国マルタではどの家もかわいい飾りつけをしてクリスマスを楽しみにしているようでした。

Dsc05952

そうそう。マルタに来て初めて日本人に会いました。

ビジネスでも観光でもなさそうなおっちゃんの一人旅。
「皆さん。添乗員さんなしでどういう集まりですか?」って聞かれました。
同化して遊んでいた現地ガイドのTさんがあわてて「ガイドここです!」

よく判らない雰囲気。ゲージュツカでもなさそう。怪しげなたたずまい。
向こうもウチラをケッタイなJapaneseと思ってたらしい。

偶然にもおっちゃんと、同じエミレーツ航空でラルナカ経由ドバイへ。
来た時と同じ7時間以上のフライトです。

それでですね。
ドバイ空港の入国手続き・・・イヤァ~ 参りました。
イミグレーションでどんだけ並ばされたか

審査が厳しいのはわかりますよ。
でも私らのどこが「アヤシイ」というのよ!

生体認証(両手の指紋・顔写真)が実施され始めました。
実際、指紋認証の機械もどこかでみたけど、
さすが、ドバイはお金持ち。これ見よがしに設置されています。
でも、全部つかっているわけではないのです。

たまたま担当が新人っぽい、きれいなお姉ちゃんでした。
新人と言うのは困りものやね。熱心なんです。
ベテランオッチャンの担当列は機械なんか使わずにスイスイ流れています。

ここで、ひっかかったのが シマちゃんでした。
「タレ目」なんです( ´艸`)プププ

顔認証の緑のランプが付きません。
お姉ちゃん。パスポートをじっくり眺め
「眼鏡をはずせ」と言いました。
ますます。タレ目です。

「目をあけろ」といいました。
はなから、開けてますがな。
シマちゃん頑張って眼輪筋を持ち上げる。

認証せず

お姉ちゃんシマちゃんにひどい事言いました。
「笑うな!」
笑うてませんがな・・こういう顔ですねん。

↑ 繰り返すこと数度。20分が経過。あれ程並んでいた行列が私達だけになりました。
ベテランおっちゃんがやってきてお姉ちゃんに(たぶん、もうエエがなと)二言三言。
やっと。入国させてもらえることになりました。

シマちゃんでこれなら、あのおっちゃんはどうなったわけ?
絶対に「ヅラ」やったで!

なんと、この方には翌日も某所で鉢合わせし、「じゃあ。ホンマチでお会いしましょう」という謎の言葉を残し去っていくのでありました。
なんやったん?アノひと・・(以下掲載不可の会話)
「可愛いオトコノコでも探しにきたんじゃない?」と一応、平和にまとめておきます。

25:25 ドバイ空港到着。
ホテルに入ったのは27:00を過ぎていました。

明日。じゃなかった今日は9:00からドバイを見学することになっています。
シャワーもそこそこに仮眠です


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« ほっぱらかし | トップページ | マルタ島・ドバイ㉑お金持ちになったわけ »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほっぱらかし | トップページ | マルタ島・ドバイ㉑お金持ちになったわけ »