« 菊花展へ | トップページ | 冬の始まり・俳句 »

2015年11月 8日 (日)

立冬・マラソン俳句



一つの季語で短時間に10句。20句と作ってみる。

時間の制限は脳に考える余地を与えない。
大体、グッチャグッチャと考えるからダメなのであって
感覚に素直に・・理屈を入れずに作る。

俳聖芭蕉翁も「俳諧は三尺の童にさせよ」とおっしゃっているではありませんか。
99センチのこどもになって素直なアタシに戻るんだ~~

本日は「立冬」です。

立冬・今朝の冬・冬立つ・冬に入る・冬来たる
これらの季語は今日一日だけのことを言います。

大学の梢抜き出て冬に入る

青信号足踏みて待ち冬に入る

田に響くモーターの音冬に入る

立冬や四角に日入る虫籠窓

原発の話などして今朝の冬

庭石に鳥影頻り冬に入る

冬に入る手芸の店に長居して

冬立つ日海空頒かつ波白く

天球儀くるくる廻し冬に入る

丁寧に段畑鋤かれ冬に入る

Dsc05298

どういう事に、どういうものに「今日」=「立冬」を感じるか・・
は~~あ。
おたまロイド君(三尺のコナン君になったつもり)もうちょっと頑張る。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 菊花展へ | トップページ | 冬の始まり・俳句 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

おたまちゃんガンバ!ミルキー懐かしい~

投稿: パコ | 2015年11月 8日 (日) 11時07分

パコちゃんへ
ふぁ~い。頑張ります。
ミルキー54円也

投稿: おたま | 2015年11月 9日 (月) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菊花展へ | トップページ | 冬の始まり・俳句 »