« 小春日和に蕎麦を食ぶ | トップページ | 立冬・マラソン俳句 »

2015年11月 7日 (土)

菊花展へ



菊の花が聞いたら気を悪くするかもしれないけど
菊ってな~んとなく年寄臭い

年寄のあんたが言うな!・・・そりゃそうだけど。

「菊作りが趣味でしてねえ・・」などという若者をみたことない!
お葬式とかパチンコ屋の開店の花輪のイメージが強い。
(あくまでもアタクシの感性だす)

菊の花はあまりにも美しすぎて、堂々としすぎている。
絢爛豪華で格調高く、あんたホント、立派だよ「菊」みたいなのは俳句に詠みにくいのかもしれない。

真正面から菊を詠んだ名句って思い出せない。

・・・・・・・・・・

晩秋の庭の隅にひっそり残る、「残菊」「晩菊」
畑に忘れられたように植わっている「乱菊」「痩菊」「枯れ菊」

そんなものばかりに惹かれてどうする!自分。
そうなんだけど調べてみたら
「倒れてた晩菊を括った」とか「枯れてパリパリだよ」とか

   「嵩高く菊焚かれをり供養塔」 おたま

うわ。燃やしちゃったよ。
これは会津藩士の墓参りをしたときの句です。


そうもいってはおられません。
だけど僕らはくじけない。泣くのはいやだ笑っちゃおう。

ススメ~~~菊花展へ行ってまいりました

Dsc05285
見事です。
「菊花展」も晩秋の季語になっています。
・・・・・

Dsc05288

「後ろ手に巡る菊花展日和」 
「県知事賞真ん中にあり菊花展」

は~~あ。むちゅかしい。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 小春日和に蕎麦を食ぶ | トップページ | 立冬・マラソン俳句 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

あらま、ひっこりひょうたん島を歌ってしまったわ。菊は何となく高貴な花と言う印象、近寄り難いというか。霜が降りる頃に咲いてる薄紫の野菊が好き!これは<遠い山から吹いて~くる~小寒い風に~揺れながら>お歌のブログじゃなかったわね、失礼致しました。

投稿: パコ | 2015年11月 7日 (土) 10時03分

中部地方は昔から菊人形作りが盛んですけど、はっきり言って気持ち悪い~(携わっている方ごめんなさい)
形を無理やり作りこむっていうのが我慢できません。
懸崖作りは小菊なので好きなんですけど。
大輪はどうもね。気迫に負けます。
母が相変わらず小菊を庭の片隅に植えています。仏壇や墓に供えるために…。お線香にぴったりだわ。

投稿: ばんび | 2015年11月 7日 (土) 10時06分

パコちゃんへ
け~だかく きよく~ におうはな~  
「君は野菊のような人だね」って一度言われてみたかった・・
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

ばんびさんへ
人形のプロにそう言われちゃあ菊人形も辛い・・。確かに子どものころは怖かったです。
庭に小菊がちょっとあると助かるんですよね。ウチの姑さんも築山に菊を植えては庭師さんに引き抜かれていました^^;

投稿: おたま | 2015年11月 8日 (日) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小春日和に蕎麦を食ぶ | トップページ | 立冬・マラソン俳句 »