« 高山右近の郷へ | トップページ | 菊花展へ »

2015年11月 6日 (金)

小春日和に蕎麦を食ぶ



一週間前の急な冷え込みで山々が色づき始めています。

Dsc05296

昨日は薄手のセーター一枚でも汗ばむ陽気。

またまた、この町にやってきました。
⇑ここはギャラリーのようです。

お昼はお蕎麦を食べる予定
が。
心づもりのお店が定休日でした。

それで、いつも前は通るんだけど入ったことのないお店に入りました。

体の大きな大将と、それよりももっと大きい男の人が厨房におられました。
壁には今を時めく人気力士の手形が3枚ありました。
番付表も額に入れて飾られています。

はっは~~ん うっふ~ん

元、お相撲さんなんだ・・こちらのお兄ちゃん。


Dsc05295


子どものころテレビでよく見た市村俊幸さんは「ブーちゃん」の愛称で親しまれていた方です。
ウィキペディアを見ると「俳優」となっていますがジャズピアニスト・ボードビリアンとしても大変活躍されました。
あの「アップダウンクイズ」の初代司会者も市村ブーちゃんだったのですね。

ブーちゃんは、今の巨漢?タレントさんのハシリだったかもしれません。
今の方は「食べる」のが「芸」のようになってしまっていますが・・

洗い場でやけに小さく見えるお茶碗を洗っている(たぶん)元お相撲さんを見ていて、市村ブーちゃんの事を思い出しました。

あんなに大きな手、太い指でピアノの鍵盤を二つ同時に押さないのが不思議・・ずっとそう思っていました・・。

Dsc05294_2


ご当地特産の自然薯のかかったお蕎麦。とっても美味しかったです。

   「小春日や力士手形に手を重ね」 おたま

小春日・小春日和は冬の季語です。
自分の感覚としては、今年は、もうちょっと先・・
一度冬の寒さを感じた後で・・などと思っています。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 高山右近の郷へ | トップページ | 菊花展へ »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

ここはどこ?
新蕎麦のおいしい季節ですね。
新蕎麦は秋の季語ですか?

投稿: ばんび | 2015年11月 6日 (金) 11時13分

ばんびさんへ
丹波篠山です。休日は観光客で賑わいますがそれ以外の日はのんびり街歩きのできる良いところですよ。
出石(いずし)蕎麦の美味しいお店があります。出石はもう少し北にあります。その昔赴任してきたお殿様が信州信濃の方でお蕎麦の文化が根付いたそうです。
関西は「蕎麦」より「うどん」
でも句仲間に信州男子がいるので、なぜか美味しいお蕎麦屋さんばかり探しています。
「新蕎麦」は晩秋の季語になっています。山間部の澄んだ空気を感じるいい季語ですね。
ちなみに「饂飩(うどん)」は冬の季語です^^

投稿: おたま | 2015年11月 7日 (土) 09時27分

すぐに市村ブーちゃんを思い出すなんて
さすが、昭和30年代の少女……
おたまさんはやはり、フトコロが深い~~~

投稿: 徒然キング | 2015年11月 7日 (土) 19時33分

徒然キングさんへ
市村ブーちゃんが25貫のとき、おたまは7貫目でした。
あ。生まれたときは800匁あったらしいです。
今?ほっといてください。

投稿: おたま | 2015年11月 8日 (日) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高山右近の郷へ | トップページ | 菊花展へ »