« 記憶とかたち | トップページ | 丹波篠山の秋祭り »

2015年10月19日 (月)

丹波篠山の黒豆まつり



丹波篠山へ「黒豆の枝豆」を買いに行ってきました。
ブランドなんたらのナンタラ(よう、わかるわ)を守るために「解禁日」が設けてありまして、今年は10月8日(たぶん)でした。
Dsc05256
ご近所の農家や家庭菜園でも「黒豆の枝豆」を作っていますが
やはり「丹波篠山」ブランドですわよ、奥様。
って、根拠はないけど毎年買いに行きます。

 

 

 

 

 

庶民の皆様に「コレ」お見せします。
ビビらんといて下さい。
Dsc05244手が震えて
写真がボケています。

 

どんな人が買うんやろ・・・・

 

Dsc05245¥95000
っていうたら
早い話

 

¥100,000ですわ。
それで5本入り。

 

一本。2万円です。
計算あってる?

 

穴の開きそうなくらい、見つめてやりました。
すると、さっきから隣に立っていたオッチャンが¥45,000のカゴを手にしはりました。
これこれ、オサワリなしよ。踊り子さんに触ったらあかんがな。商品でっせ!と注意しようと思ったら、ほんまに買いはりましてん。

 

ビックリ

 

 

Dsc05252Dsc05248


春日神社の秋祭りが行われていました。
神輿運行が大変に華やかで壮観で見ごたえがあるって、前々から聞いてはいるのですが夕方から夜にかけて行われるので見たことはありません。

 

しかし、お祓いを受けて休憩中の鉾山9台を見ることができました。
とても立派なものです。
また、写真UPしませう。
今日は松茸だけで胸がいっぱいです。

 

 

しかしナニですわ「黒豆の枝豆」
メチャンコ。値上がりしてます。ゲゲゲのゲですわ。
ブランド力をプロデュースする仕掛け人がいるんやできっと・・
黒豆だけに「黒い」・・なんて一人でぶつぶつ。

 

今年は高温で長雨続き・・100%の出来ではないと聞いていましたが、美味しかったです。
平凡氏は会社関係者へ数束。お買い上げ。
家庭用は母おたまが買いました。真綿嬢がほとんど食べました。

 

贈答用は実は毎年「郵便局」から送ってもらってます。
色々、研究したけど「郵便局」、けっこう良いものを送ってくれるんですよ。

 

 

 「豆植うる人のやさしき丹波弁」 おたま

 

 

「豆植える」 は夏の季語になっています。
6月ごろに苗付けをし、今の時期。10月半ばまで篠山の黒々とした豊かな土に育てられ、美味しい枝豆になります。

 

掲句。言葉に厳しかった亡師に「○○弁」を何とかならないかって指摘されていました。
「丹波言葉」・・で考えてみたけどできませんでした。そゆこと。

 

あのとき、作業の手を止めて道を教えて下さった女性。
今頃、収穫を終えてほっとしておられるでしょう。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

 

 

 

 

 

|

« 記憶とかたち | トップページ | 丹波篠山の秋祭り »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

送っていただいた、黒豆の枝豆の種、こちらでは今が播き時。ニーちゃんが良き日を選んで播いてくれる。


今度は、「リリーマルレーン」やる。

投稿: いっこ | 2015年10月19日 (月) 20時12分

以前日本の友達が丹波黒豆甘納豆を送ってくれましたビックリするくらい大きかったのを覚えてます。お豆さんに解禁日があるとは・・・其れほど貴重な物なのね、知らなかったわ。

投稿: パコ | 2015年10月19日 (月) 21時06分

いっこちゃんへ
嬉しいよ。
南の大地におたまの銅像が立つのね。
クロマメ女神像・・うっとり
種は一流。畑も腕も一流。ブランド名つけましょう。ああ。わくわく。

リリーマルレーン、ドイツ語で歌うの?

パコちゃんへ
さやの両端を鋏でちょこっと切って塩ゆでします。味にコクががあってとてもおいしいです。
東京のデパートに出たら、高級食材になるらしい。いつも喜ばれています。
季節ものだから。それが値打ちですね。

投稿: おたま | 2015年10月20日 (火) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記憶とかたち | トップページ | 丹波篠山の秋祭り »