« あれ。もう虫の音? | トップページ | 遺言は夢枕の前によろしく。 »

2015年9月 2日 (水)

少女よ跳べ!高く高く



我ながら、アナーキーだと思ってました。
個人の絶対的自由は「幸せ」という究極の目的に置いて完璧なものではないのです。

なぜならば、人は一人では生きてゆけないのだし
表現せずにはおれない生き物だからです

独りよがりに何の意味がございましょう・・

朝から何を言うてますねん。おたまちゃん。

      俳句でんがな!

わかってもらえなければ意味がない

おっしゃる通り!

で・・今月の苦界 句会・・・自爆しましたあ
生まれるのが100年早かったよ。

やっぱ。分かって貰えなければ。どんならん ということですね。
そんな中で、「テキトー」に「想像」で作ったものに点が沢山はいりました。

   「ゴム跳びのゴム高く張る秋の空」 おたま

郷愁をくすぐったようです。
子どものころの話に大盛り上がり。

今では両足で20センチも飛び上がれないだろうと思える体躯のご婦人が「遠い目」
「ワタクシ。も~~大好きでした。辺りが暗くなってゴムが見えなくなる頃まで跳んでいました」

別のお上品マダムは
「パンツのゴムにスカートの裾を挟んで跳びましたわ」


ゴムがね。腰・脇・肩・耳の下・耳の上・頭・ってどんどん高くなるのよね。
バンザイ\(^o^)/が一番上じゃなかったかしら?
ううん。つま先立ちのバンザイが一番よ・・・

K


昔。少女だった方々の話は尽きません。
あたしの俳句はどこに行ったんや・・・


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« あれ。もう虫の音? | トップページ | 遺言は夢枕の前によろしく。 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

アタクシもだ~~あいすきでしたわ、夜暗くなりゴムが見えなくなりって、そんああ~た、その方にお教えしたかったわ、チリ紙(当時は落し紙といいましたっけ)を細くしてぶら下げると宜しくってよ。今月古稀ですわ、昨日の事は忘れてしまい遥か昔のことをはっきりと覚えてるって・・・もしかして?

投稿: パコ | 2015年9月 2日 (水) 22時09分

パコちゃんへ
さすが!
そこまでして跳ばれましたか・・
「落とし紙」の工夫は初めて知りました。

暗くなる前にお家に帰らないと「子取り」が来ると脅されました。
原っぱも空地も路地も普通にありましたね。

「子取り」・・脅しだけではない時代になって暗澹たる気持ちです。

お誕生日おめでたうございます

投稿: おたま | 2015年9月 3日 (木) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれ。もう虫の音? | トップページ | 遺言は夢枕の前によろしく。 »