« 女優になりそこなう | トップページ | やっぱり昭和チックな「子」 »

2015年9月17日 (木)

テレビ出演


baseballbaseball


夕食の後片付けをしながらテレビに目をやっていました。

うち、対面キッチンですねん。
素敵でしょ?どこが?
これでも30年前は素敵でしてんannoyだからいいんです。これで。

それで・・・・・、
うさぎの模様のお茶碗洗いながら、
もう少しで卒倒して頭を打つところでした。

      独居老女。謎の転倒死かっ!

あぶねえ、あぶねえ。

友人が出ていました.。そのテレビに・・
バリバリの関西弁で・・・・

clover

お流しで水使ってるからテレビの音がよく聞き取れません。
耳が遠いのとちゃいますよ。

今どきは、話してる言葉がテロップで流れますねんね。
あの手法は「探偵ナイトスクープ」が始めたと聞いています。

うるさいな。と思う方がおられるかもしれませんが、耳が遠くなったお年寄りには親切と言えるでしょう。
だ~か~ら。おたまの事ではなくannoy
その時は、たまたま水を使っていたからで・・どんな小声の悪口でもすぐ聞きとがめまっせ!

clover

翌日、メール入れておきました。
「ベッピンさんに映ってたで~~~」phoneto

折り返し電話があり・・
「なあ。そやろ・・腹たつやろ・・・」といいます。

思いっきり言うてやってんannoyバカにすな~~って

話がかみ合いません。この人の話には主語がない。

麦茶の効率的な沸かし方のどこがそんなに腹がたつのか・・

clover

「えっ!扇町(公園)の話とちゃうのん?」
戦争法案を廃案に!
   アベ政治を許さない!8・30おおさか大集会

「なんや。麦茶の方かいな・・・」

ムーチョって、よくインタビューを受けるんやなあ・・
むか~し。近所の殺人事件でもちょこっとテレビに映ってたし。

clover

扇町は別として
おたまちゃんも、天神橋商店街を自転車押して歩いててみ。
絶対にどこかのテレビにマイクむけられるし・・・

っておっしゃるんだけど・・・

ワタクシ。ムーチョみたいにキャラが濃くないし・・・
「サスベエ」持ってないし・・
見向きもされないと思うよ・・


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 女優になりそこなう | トップページ | やっぱり昭和チックな「子」 »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

むか~しお江戸の街角でマイクを向けられましたのよ、有名な俳優さんが浮気がばれて離婚、この泥沼状態を如何思いますか?って、そんなんほっといたらよろし!男はみんなそんなモンやし、と噛み付きましたのよ、まあまだ若いのに解ったような台詞、どこをどうおしたのかしら・・・ね。

投稿: パコ | 2015年9月17日 (木) 10時49分

baseballパコちゃんへ
そんなんほっといたらよろし・・・
当地では「知らんがな」と申します^^

呑気な国ですね・・ほんま。
は~~~っdown

文学座のサイトご覧になりました?
「押切英希」さんという方の声にチェックいれましたgood辛いとき癒されようとおもいます。ご参考までに・・。

投稿: おたま | 2015年9月18日 (金) 09時14分

おたまちゃん、度々ごめんなさいね「知らんがな」ですね、有難うございますあちこち流浪の民でごっちゃ混ぜ。押切英希さんすーっと薄荷のような声で素敵!

投稿: パコ | 2015年9月18日 (金) 11時54分

ご紹介の押切さん、伺って来ましたnote
大好きだった城達也さんを思い出しましたよweep
ジェット・ストリュームの続きを押切さんで~~、ねgood

投稿: 熱烈 | 2015年9月18日 (金) 21時57分

baseballパコちゃんへ
素敵ですよねheart04
心地よい声。うぷ。
声にも「男前」ってあるんですね。うぷ。

baseball熱烈さんへ
城達也さんは聞いていないんですよ。関西圏には流れていなかったのかなあ。
伝説として、あの音楽は聞き覚えがあります。
細川俊之さんの「ワールド~」はよく聴きました。新婚時代に番組が始まったの。
土曜日の休日。午前にいつもかけていました。これを聞いてからお買い物にでかけましたね。遠い目。
あのかたなら、どんな気障なセリフでも許せました^^

投稿: おたま | 2015年9月19日 (土) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女優になりそこなう | トップページ | やっぱり昭和チックな「子」 »