« 人間国宝・夏芝居 | トップページ | 七月歌舞伎・鈴ヶ森 »

2015年7月28日 (火)

ぢいさんばあさん


baseballbaseball


森鴎外の品格のある文章が好きです。
毎年、二日の読み初めは「寒山拾得」と決めているほどです。
「じいさんばあさん」も好きで繰り返し読んでは鴎外のエッセンスを存分に味わってきました。

clover

大阪松竹座・七月大歌舞伎・昼の部
「ぢいさんばあさん」
はこの鴎外の小品に演出がなされたものです。

お話は・・・

単身赴任先で事件を起こしてしまった夫・美濃部伊織(仁左衛門)は「知行召放」(ちぎょうめしはな)しとなり遠いところにお預けの身となります。
その間に一人息子を亡くしてしまうという悲しいアクシデントもあるけれど、妻・るん(時蔵)はバリバリのキャリアウーマンとしてお役所勤め。定年後は「あんた、よく頑張ったよ」と徳川家斉さんからご褒美をもらうほどに・・
(あれから30年・・って綾小路きみまろさんかbleah
夫も預かり御免の沙汰を得て、ふたりは懐かしの元住まいにて再会を果たすのでございました。実に37年ぶりのことでした。

clover

おたま、1997年。孝夫(当時)と玉三郎で、しかもこの松竹座で観ていますねん。
若かったんやね。さしたる感動はなかったと思います。
このお年頃になってしみじみ分かるこの話の良さ。
ああ長生きはするもんや。

で、前に見た時とどうも印象が違うのが
二幕目の「京都鴨川口に近い料亭」の場ですねん。
ここは、仲良し夫婦が37年も別れ別れになってしまった原因となったトラブル発生現場です。

宴席にやってきた同僚・下島甚右衛門(歌六)を伊織が手にかけてしまうのだけど
前回の印象では・・

嫌味な下島甚右衛門(1997・左団次)の罵倒を伊織(以下・伊)は耐えに耐えるのだが他の同僚が我慢ならず刀に手をかけようとするのを(伊)必死に止めようとするのを下島が挑発して(伊)の刀を取り上げる⇒ので(伊)は思わず(ここ大事)その刀の柄に手をやる⇒すると、ありゃまあ、刀が抜けて⇒無意識のうちに斬りつけてしまった。

というふうな流れだったとおもうのです。
ところが今回はその部分がとても、あっさりしているような感じをもちました。
カッとしてバサリみたいな・・・

それは、一幕目で伊織が弟・久右エ門(錦之助)の短気を諌めたことを「浮き上がらせる」ための演出(あ~たも短気じゃん!)なのかと深読みしてみたけど、切りつける必然性の濃いほうが観客は納得すると思います。

もう一つ細かいことだけど一幕目に戻って、最後の場面。
江戸を経つ前日になるのだけど、桜に突っ伏して泣くのか!?
まだ、号泣は早いでしょ。
気力も充実した働き盛りが一年の別離の寂しさを表現するのは泣かずとも後姿だけのほうがかっこいいのにと思いました。あの場面、ちょっと唐突。

しつこいけどもひとつ。いい?
これは原作を読んでいるのでそう思うのかもしれないですが
甥夫婦(隼人・米吉)が吊るした短冊の扱いがあっさりしすぎる。
伊織は和歌のたしなみのある人。いくら老眼でも気づくやろ。歌は真っ先に読みたいやろ。

clover

あ~~あ。重箱の隅つついてしまいました。
いいんです。仁左衛門様さえ観られたら・・・でも、つい・・

歌舞伎のカップルあまたある中で(たぶん)合計年齢が最大?
(原作では再会時。夫72歳。妻71歳)
どうぞ末永く仲良く。お互いを大切にやさしく、ままごとのような可愛い暮らしを続けていただきたいと祈った次第です(お芝居なのにね)

・・・・・

おまけ)隼人・・錦之助(前の信二郎)の長男だそうです。
平成生まれ。固さが取れるのはこれからの課題?
折角の名門に生まれはったんやから頑張ってほしい。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 人間国宝・夏芝居 | トップページ | 七月歌舞伎・鈴ヶ森 »

歌舞伎・映画」カテゴリの記事

コメント

納得、納得の感想・・・
私も桜に突っ伏して泣くのはえ~っ!
びっくりでしたがさらっと受け流しました。
さすがおたまさん、重箱の隅つついて面白い。
隼人、何者かと思ってましたが、そうですか。学芸会みたいでしたね( ´艸`)プププ

投稿: kimi | 2015年7月29日 (水) 09時36分

隼人君、固さだけ❔花形の時にうちのお嬢でさえ❔❔❔❔固さがとれたらぐだぐだになられないことをうちの神さんに祈っといたげよ。

投稿: Youko | 2015年7月29日 (水) 11時50分

baseballkimiさん
隼人さん。堪忍したって下さい。彼と国生ちゃん。本人たちも辛いんと違いますかsweat02
で、確認事項ですが
料亭の場。確か自分から刀を手にしてましたよね。「下島が手にした大事な自分の刀を取り戻そうとして思わず鞘に手を掛けた」という演出ではなかったですよね。
それだったら「借金の負い目」みたいな心持もでてムカッとするのはよくわかるのに・・
何だか、自分の記憶違いなのか、勝手に妄想演出しているのかわからなくなってきました。あほやがなcoldsweats02

baseballyoukoさん
おおきにです。祈ってあげてください。
きっとエエ子なんでしょう。「お父ちゃん。ボク向いて無いわ」って言えないのね。
しかし、いいお役は廻ってくるし・・
ちゅらい・・

投稿: おたま | 2015年7月30日 (木) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間国宝・夏芝居 | トップページ | 七月歌舞伎・鈴ヶ森 »