« 呼び捨て | トップページ | 白いブラウス »

2015年6月29日 (月)

ボーイフレンド



今月の吟行地は my boyfriend に骨を折って貰った。

S郎ちゃん。
貴方の事を、いえ貴方の所属するところのことを

ぼったくりバー!

なんて言ってゴメンね。
心の中でつぶやいただけやねん。(ウソ!ブログにかいてるやん)
おたま。絶対に口がいがむ(歪む)と思うわ。
何なら、この口、ひねって卓袱台。

本当にこの度はお世話になりました。
色々、資料を準備してくれたんやね。
早目に行ってお茶沸かしてくれたんやね。
傘さして門までお迎えに来てくれたね。

お蔭で皆さん。喜んではりました。
感激してはりました。「心が洗われる」って・・・
機嫌よく800円出しはりました

おたま。幹事の面目躍如です。
おおきにね。

M


小雨交じりもそれはそれで風情があり、深い森にすっぽりと囲まれたお屋敷がさらに重厚さを増していました。

それにしても、昔のお金持ちって「本当にお金持ち」やってんね。
もともとは、この広大な敷地の倍以上もの広さがあったんですって!
貿易の街神戸を基盤に阪神間には戦前のモダンさ豊かさの面影を残すお屋敷が沢山残っています。

 「雷鳴や木立の中のイエス像」 おたま

/

N

皆さん。短時間でさくさくと実作。すごいなあ・・

 「教会の書架に歎異抄あり涼し」 おたま


S郎ちゃん。ウチの先生に「この人(おたま)面白い人でねえ・・」って言うてたやろ。聞こえてたで
先生も私らの「掛け合い」に「仲良しなんですねえ」って言うてはった。

付き合い長いもんねえ。

友達って楽しく愉快な思い出をたくさん共有している人を、そう呼ぶのかもしれないね。
時々救急車で運ばれるけど長生きしてや。S郎ちゃん。

今、ローマ法王庁からお人が来てはるそうやね。
高山(大阪府)に調査にはいられたそうです。(高山右近の出身地)

右近さんじゃなく、S郎ちゃんを聖人に推薦したいわ。
心の綺麗な人!いや。ほんま。

 「殉教史の金の背表紙梅雨夕焼」 おたま

B


「梅雨夕焼」だと
「金色」に響きすぎるか・・・・・・・・

「梅雨の底」にしようかな・・・・・
迷い中。

迷える子羊
       おたま


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 呼び捨て | トップページ | 白いブラウス »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

〈友達って楽しく愉快な思い出をたくさん共有している人を、そう呼ぶのかもしれないね。〉
いいフレーズやね、おたまさん。
どっかで、使わせてもらおっと。

投稿: 徒然キング | 2015年6月29日 (月) 19時41分

徒然キングさん
ロイヤリティー高いでっせ

投稿: おたま | 2015年6月30日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 呼び捨て | トップページ | 白いブラウス »