« お買い物・成功編(コインケース) | トップページ | ぐりとぐらと北島三郎 »

2015年5月19日 (火)

素敵なお台所



(大奥様のメモ)

Dsc04877大奥様も若奥様もお体がお弱いのです。
お塩の扱いには気をつけなくてはなりません。

(メモの下の部分)

Dsc04901_2




お買い物はほぼ隔日に参ります。下は一週間のお献立

Dsc04879お献立は大奥様が考えて下さることが多うございます。

Dsc04878




お野菜や果物を沢山・・・承知しておりますわ

この様なメモは調理台の前に貼っています
Dsc04899_2

Dsc04876杉の焼き板でこんなプレートを作っていただきましたの。
燗的(七輪)と違い、ガスは目に見えないんですもの,気を付けなければいけません。

Dsc04900調理台の右側に小さな戸があります。
扉の向こうはカウンターバーのあるお部屋ですので、この小窓からオードブルをお出ししたり致しますのよ。

Dsc04887
調理台の反対側はこのようになっています。

Dsc04888

右奥に小さな小窓がございますでしょ?
ここからお料理をお出しします。
はい。食堂につながっています^^

Dsc04907_2食堂側からお台所の小窓を見たところです。

この食器棚。よくご覧になってね。
ステンドグラスですのよ。
このお家唯一のステンドグラスです。
重いけどとても風格があります。

この何とも言えない可愛い色のキッチンが、レイ子のお城でございましたの。

(代筆・おたま)

お家の内外、別のお部屋など・・よろしければまたの機会にご案内いたしますわね。 ごきげんよう。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« お買い物・成功編(コインケース) | トップページ | ぐりとぐらと北島三郎 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

Love
キッチン好きです
現在も使用中でしょうか?
他も是非、是非ご案内下さいませ。

投稿: 熱烈 | 2015年5月19日 (火) 21時44分

熱烈さん
戦前に建てられたこのお家は平成に入っても使用されていましたが(それでキッチンにはシンクなんか入ってます)
今は「有形文化財」に登録されていますので
もう使えないんです。
でも台所床のリノリウムといい、またご紹介しますが書架の本といい、つい最近までの暮しの息吹が感じられます。
迎賓館みたいな文化財とはまた違った魅力がこのお家にはあります。

投稿: おたま | 2015年5月20日 (水) 08時01分

最近、台所のリフォームを考えていますが、
これってどこのキッチンですか。けっこう私の希望に近いのですが。
全貌をちゃんと見たいものです。

投稿: campus cat 55 | 2015年5月25日 (月) 18時09分

campus cat 55さん
ここは神戸、阪神間にある洋風住宅の中で100選に選ばれています。映画火垂るの墓の撮影にも使われたそうです。普段は一般公開されていません。
ネットで調べましたが詳細な設計図などは見当たらなかったです。
昭和12年の建築でこのころの洋館はすべてお部屋が小さいです。このお台所もせいぜい8畳ほど。{宝塚市旧松本邸」で一度検索してみてください。
食器棚、調理台、配膳台など昔の大工さんの手仕事でしょうね。温みがあって素敵です。
ペンキの色がすごく可愛かったですよ。

リフォームいいですね^^
絶対に頑張ってご自分のお気に入りのキッチンにしてくださいね。こちらまでワクワクします。

投稿: おたま | 2015年5月26日 (火) 08時09分

ありがとうございます。
神戸辺りは旧洋館が多くて雰囲気いいでしょうね。
 検索して見ます。
でも、手仕事のつくりつけのというのは夢の又夢かもしれません。

投稿: campus cat 55 | 2015年5月26日 (火) 23時27分

campus cat 55
昔は「指物大工」さんっておられましたね。
普通の家を作る大工さんでもついで仕事のように子どものベッドとか作っておられたのを覚えています。
今は家具職人とかマイスターとか気取っちゃって気軽に頼めるような職人さんはおられないかもしれませんね。
折角のリフォームですので夢をたくさん詰められたらいいですね。

投稿: おたま | 2015年5月27日 (水) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お買い物・成功編(コインケース) | トップページ | ぐりとぐらと北島三郎 »