« 孝行息子の開発商品 | トップページ | 今年の桜めぐり・姫路城 »

2015年4月 3日 (金)

雛(ひな)納め


baseballbaseball


Dsc04461

誤)実は~ワタクシ、お雛様になりますが~
正)ワタクシのお雛様ですが、実は・・・

還暦越えらしいんです。
いつまでも若いっていうのも辛いはなしやね。

中国では「若い」=未熟 「老」=尊敬 という考えがありますので、大阪市営地下鉄の終点が「安孫子」(あびこ)であるのが気に入らない中国人の友人がいます。

余談でした。

clover

Dsc04459

おひな祭りは、陰暦三月の始めの巳の日という事ですので今年は4月23日がその日にあたります。
しかし日本では江戸時代から三月三日をひなまつりとして盛んにおこなったので、(なぜ三月三日かは長~い話になるので割愛)
旧暦に生きているおたまとしては旧暦やよいの三日にあたる4月21日に盛大に「おひなまつり」をやるつもりでした。

ところが、いかんせん
すっとこどっこいの周囲が「おたまちゃん。いつまでおひなさま出してるの?お嫁にいけなくなるよ」などと申します。
こいつらに屈するわけでも、嫁に行きたいわけでもありませんが
全然関係ないけど、今日4月3日やし・・・

雛納めをしようと思います。

clover

世間の波にあらがい、歯を食いしばって(こういうのを後家の頑張りっておばあちゃんが言ってたわ)
旧暦に生きておりますが、限界かもしれません。

つーか。
俗世の汚濁水にまみれきったのはおたま自身であるかもしれないのです。

 「足裏の冷えてきたりし雛の間」 おたま
  (アシウラノヒエテキタリシヒイナノマ)

などと、早春の気分を詠んでおります。

 「川幾つ越えてひいなを見に行けり」 おたま

色彩の無い枯れ川(鈴鹿川・木曽川)を超えて行った徳川美術館
これも早春のコントラスト(自画自賛)

clover

どないやねん。おたまのボディには、すっかり
お雛まつり=早春がしみこんでしまってるやおへんか・・・

downdown

ささ。泣きながらお雛様、かたずけよ~うっと。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 孝行息子の開発商品 | トップページ | 今年の桜めぐり・姫路城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旧暦推奨委員のはしくれとしましては、もう少しいいんじゃないかと…。
昔は4月3日に月遅れのお祝いしてました。
妹なので自分用の雛飾りがなくてうらめしかったです。
もう、何もなくなってしまったので、3cm位の焼き物のひな人形を京都で買って飾っています。
徳川美術館のひな祭り、お道具が本物と同じ蒔絵でできてて素晴らしいですね。
またぜひ愛知へもお運びくださいませ。

投稿: ばんび | 2015年4月 3日 (金) 11時50分

お雛様片づけましたか。。。

>嫁に行きたいわけでもありませんが
sign02sign02

↓>にふに、、、
イヤラシか~think
ウラヤマシか~lovely

私も片づけよぉ~~っと!happy01

投稿: 熱烈 | 2015年4月 3日 (金) 20時20分

baseballばんびさん
面目次第もござりませぬ。
頑張る!会員がばんびさんと二人だけになっても頑張る!

baseball熱烈さん
マミエル情報、しばしお待ちを。
桜・桜で忙しく遊び回っています。

投稿: おたま | 2015年4月 4日 (土) 20時35分

"世間の波にあらがい、歯を食いしばって”生きるのが後家の突っ張り(頑張り)って。。笑ってしまいました。
行かず後家は”波に呑まれながら。。”ですわねえ。

投稿: アンヘラ | 2015年4月 5日 (日) 08時38分

太鼓も呪文も 
出しそびれた 和室を占拠する(爺の見栄と意地の)
アホほどでかい雛人形には、勝てぬのでしょうか?
雛あられと菱餅の用意はしたんやけど・・・

投稿: youko | 2015年4月 5日 (日) 22時55分

baseballアンヘラさん
コメントの返事が遅くなりもうしわけありません。
アンヘラさん。もう行かないおつもりなのですか?波をちゃぷちゃぷかき分けてパラダイス島へご一緒にまいりませうupwardrightupwardright

baseballyoukoさん
コメ返遅れてすみません。
遊びほうけていました。

今からでも間に合います。
ひな祭りは4月23日どす。
今から出したら3回ほど嫁にいけるやも知れませぬ。

投稿: おたま | 2015年4月10日 (金) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孝行息子の開発商品 | トップページ | 今年の桜めぐり・姫路城 »