« 今年の桜めぐり・姫路城 | トップページ | 花と散る見合い話 »

2015年4月12日 (日)

今年の桜めぐり・京都山科



不順な天候続きだった桜のシーズンもそろそろ終盤。
昨日の京都山科
疎水べりはさすがに散り果てに近く、それでも毘沙門堂の枝垂れはまだまだ美しかったです。

Dsc04611

10代の終わり頃、この山科の桜が一番好きでした。
疎水にかぶさるように咲く桜はそれは見事でした。

それが今では護岸で川岸がすっかりコンクリートで固められ、防護柵が設置され、不自然な菜の花が植えられ、昨日は疎水巡りの船まで出ていました。

 

Dsc04604


桜のころになると「山科」の文句ばっかり言ってるようです。
仕方ありません。
毎年この時期には訪れることになっているのだから・・

先輩Aちゃんの墓参り
昨日は3人が集まりました。

般若心経をあげるのが恒例になっているのだけど、それぞれリズムというかテンポが違ってなかなか揃いません。
一番年下のおたまはもちろん協調性いのち。
「合わせる気」なんだけどね。

「Aちゃん。般若心経もどきでした。」と言って終了。

地域の共同墓地にも新旧の入れ替わりがあるのか、今年は特に新しい墓石が目立ちます。
Aちゃん家のお墓は90年以上も前に建てられたものです。

ゆるい勾配をくだり駅へ向かいます。
静かなお屋敷街。古い家屋には風格がただよっています。
(勝手に)好きだったお家が取り壊されていました。
生活の気配のないお家も散見。ここの景色も変わるんだろうな。

静かなお店で昼食をとることに。

Nちゃんからお土産をいただく。
ミント・オレガノ・ラズベリ・マトリカリア・ちどり草・・の苗
毎年、重複することなく色々な苗を貰うけど・・・・
成功した試しがない。(内緒
Kちゃんからは「弘前ラグノオの林檎パイ」と大阪「喜多林堂の菊の露」(飴ちゃん)

一年に一度、こうやって過ごす時間。
楽しかった時代を共有した人達。
ここでは「かいらしい・やんちゃな」○ーちゃんでいられる。
(ほんまにかいらしかったんです。ほんまです!)

そして、必ず誰かに言われる
「○ーちゃんが結婚して子どもがいるなんて信じられへんわ・・」
(いやいや。子の子までおるし・・・)

いったい、あたくし、どんな娘っ子だったんだ????
深くは考えないことにしておきましょう。

 

Dsc04608408_011
毘沙門堂・今年          四年前

墓地も家も街も人も疎水の風景も・・・・・

 

  年年歳歳花相似たり 
       歳歳年々人同じからず

 

ほんまやねえ。

(明日はついに最後の花見。まだ行くんかいっ!の声援に押されながら、「桜しべ」「散り果て」なんぞが詠めたらいいなあ)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

 

 

 

|

« 今年の桜めぐり・姫路城 | トップページ | 花と散る見合い話 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

おたまさん 山科へ来られましたか、
10日遅かったようですね、今年は毘沙門も疎水端も・・だいぶん早くに咲きました。
この辺りは事務所(仕事場ですからご安心を)近くでお昼の散歩コース、妹、姪っこを呼んで久しぶりに桜を楽しみました。「かいらしかった」Oさん。ほんまに、ほんまに、が うふ、面白い!(疑ってません)年々、毘沙門へ向かう道も「風情」を失ってゆきます・・仕方ないか?

投稿: | 2015年4月13日 (月) 16時07分

風さん
いやあ・・そうなんですかあ・・・
少し早く知っていたら事務所を襲撃いや殴り込みいやご訪問していましたのに・・
毎年必ず行きますので来年はよろぴくお願いします。

例年、ここの次はあそこの桜。その次は・・
と開花の順に楽しんでいたのに今年は一斉に咲きましたね。しかも雨の日多し。
あと何回みられるかも判れへんのに口惜しおす。ええい。長生きしてやるぞ!

山科、風情が無くなっていきますね。
馴染みのお蕎麦屋さんも無くなっていました。

投稿: おたま | 2015年4月13日 (月) 18時04分

大津から蹴上までの琵琶湖疏水を行くお舟
1000人の定員に2万人の応募が有ったそうです。
ちょっと乗りたかったけど
乗った方がほとんどトンネルだったと云うたはりました。
ざまあみろ!!そんな事は、知ってましたから。

投稿: youko | 2015年4月14日 (火) 02時38分

youkoさん
お客さん6人とその他(えらいさんか?)入れて10人も乗れない位の船でしたよ。
あれで1000人ですか!
どんだけ行ったり来たりせんならん?
雨の日も多かったし・・
それでライフジャケット着てはりますねん。
笑うわ(アカンですか?)
うちら、先日淀川の三十石。死ぬ気で下りました。「素」です。
で、ライフジャケットが工夫のないオレンジ色です。景観のじゃまになる色ですわ。
そらあ、乗せたげる言われたら乗ってあげますけどね。いえ。乗りたい!
でも、トンネルばっかりなんですね・・

あたし、小姑みたいですか?すみません。

投稿: おたま | 2015年4月14日 (火) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の桜めぐり・姫路城 | トップページ | 花と散る見合い話 »