« 歌手デビューの記 | トップページ | 修学旅行の思い出 »

2015年3月 5日 (木)

テレビドラマ


baseballbaseball


バカバカバカ
またまた、「やっちまったよ」
だって・・我慢できなかったのだ。

お昼の「韓ドラ」

   それで、どないやねん annoy

という気持ちになって、あらすじを検索してしまったのです。

推理小説も最後のページから読むような人間だもの(みつを)
お許しください。ユン・ジョンヒ様virgo

clover

結局、ヒロインは弟や妹のために恋をあきらめ働いて働いて年をとりますねん。

んな。あほなことあります?
そら、弟や妹が立派な人になってくれたら、堪忍してあげます。
ところが、揃いもそろって「問題児」ですねん。
お姉ちゃんの苦労は果てしなく続く・・・

  こんな話、ぜ~んぜん。面白くないわ。

ということで、今まで無駄にしていた50分を「俳句を作る」ことに費やします。
それのほうが「無駄」なことかもしれません。

いいんです。
止めないで下さい。

clover

連続ドラマを視聴するのはムリ!という事が判りました。

理由その(1)・・・あたしゃ気が短い。
理由その(2)・・・毎日同じ時間にテレビの前に座れない
理由その(3)・・・ウチのテレビには録画機能がない。
理由その(4)・・・PCにネタバレ情報が氾濫している。

元々、テレビはあまりみないからいいんです。

けど「韓ドラ」って
ギョエ~~この後どうなるの~~~ってところで終わるのね。

基本、ぐっちゃらぐっちゃらした話がすきなのね。アチクシ。
「渡鬼」を生涯見なかったけど、後悔したほうがいいのか?

つまらん。実につまらん。
とか言いながら視聴すれば良かったのか。

本心ではありません。
そして、ど~でもいい話です。

clover

最近。床下がにぎやかです。
誰かがツルハシで穴を掘っている。
掘削機で迫ってくる。

いよいよか・・・・

妄想好きが高じて遂に脳天に異常をきたしたのか・・

わからない・・
けど、うきうきわくわく。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 歌手デビューの記 | トップページ | 修学旅行の思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

韓ドラは嫌いです、昔の日本のメロドラマの様な気がします。

関東地方もこの頃やたらと地震が多く地球の反対側から掘り進んでくる何かを感じています。

投稿: スマイル | 2015年3月 5日 (木) 09時52分

TVドラマは時代劇がいいのだけど、
大河ドラマってひどいですねえ。
ちら見しただけで物投げつけたくなります。
文句言っても始まらないので金輪際みません。
渡鬼や朝ドラ、旅行先でも真っ先に見てしまう親戚たち。何のために日常離れて旅行に来たんだって言いたかったです。
くだらん、じつにくだらん!

投稿: ばんび | 2015年3月 5日 (木) 14時09分

「韓ドラ」と「渡鬼」
ワシも観ない。キライだから。
理由は……キライだから。

投稿: 徒然キング | 2015年3月 5日 (木) 21時20分

最近ケーブルTVで韓ドラをちらりと見ました。でも、現代劇でちっともオモシロクナイ。あーあヨン様。。”渡鬼”って面白くなさそうでみません。くだらない番組をやって居るなと思いつつ、放送大学の<源氏物語と色の話>はおもろかった。(センセは色気も何もなかったけれど。)

投稿: アンヘラ | 2015年3月 6日 (金) 00時24分

baseballスマイルさん
題名は忘れたけどサスペンスもので夢中になって見ていたものがありますよhappy01
韓国映画は社会派ものなどレベルが高いものがあると思います。でもそういうの日本ではヒットしないんですよね。

baseballばんびさん
大河はちょっと厳しそうですね。
だって誰も知らない人だもの・・歴史のキーパーソンだった・・みたいな事実もなく、おにぎり握ってるだけでは・・
あの女優さん好きなのでお気の毒です。
親戚旅行楽しそうですね。

baseball徒然キングさん
突っ込みながら観るのも結構楽しめるとおもいますが・・・
あ。血圧があがるか・・

baseballアンヘラさん
子どものころってテレビに夢中でしたよね。
あれは内容が面白かったのか、子どもだったからなのか・・・

投稿: おたま | 2015年3月 6日 (金) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌手デビューの記 | トップページ | 修学旅行の思い出 »