« 松花堂の春 | トップページ | 直売所での出来事 »

2015年3月27日 (金)

弁当箱~種の話



それでですね、高麗橋・吉兆の大将が考案した松花堂弁当
のヒントになったという、その箱は、
実は農家で使う種入れの箱であったそうです。
それを松花堂昭乗さんが小物入れとして使っておられたとか。
(一昨日聞いたばかり)

四角い箱が仕切りで四つに分かれています。
これを料理の器にしようという発想!

人間、ぼんやりと生きてたらアカンね。
頭は何のためにあるのか?
帽子をかぶるためだけじゃないやろってことやね。

工夫が好きな人って頭が柔らかいのねきっと・・・

種入れの箱からのつづきですが・・

俳句では「種蒔く」という季語があります。
主に農作業に関することだと思いますが現在では奥様方の庭手入れ(ガーデニングってんですか)のことを詠むことも多いと思います。
傍題として「種袋」「種物屋」なども季語になっています。

今は花苗として「出来上がった」ものが簡単に手に入るし
それを土に突っ込むだけなのにガーデニングなんちゃって横文字で奥様がたが大きな顔をあそばすのです。テヤンデエ

って別に怒ることはないけど・・・
そう言うおたまも最近は種を蒔かなくなりました

Dsc04318


それで、この前の修学旅行のとき丹波篠山の「種子屋」さんは楽しかった。

   「振りたれば南米の音種袋」 

「種袋」で句を作るとだれもかれもが「振る」ようですね^^
元気に育つんだよ~~~

   「十能をちりとり代わり種物屋」 

判りにくいですか?炭などをすくった十能と箒でお掃除しておられました。
自分の句を説明するのはサイテーなんだyo

Dsc04317


今、ちょっと調べてきたら「種蒔く」で7句作ってましたわ。
パソコンって便利ですね。

   「種蒔くやオキノトリシマ風力3」

これ、句会では点が入らなかったけどN先生に褒めてもらったんだ。

   「種蒔くやみんなみんな燃えるごみ」

これは、自分でも好きな句です。
インターネット句会で過分な鑑賞をしてもらった思い出多い句です。

でへ。若干自慢気?ごめんなしゃい。
ネット俳句も昔はよくやってたけど、肝心の自分の句会に出すのが足らなくなってきてやめました。


さあてと、我が家もガーデニングじゃなかった「庭仕事」頑張らなきゃ。
今日明日と春の陽気らしいです。

 「垣根越し話のつづく菊根分け」 おたま


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 松花堂の春 | トップページ | 直売所での出来事 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

俳句が読めるって凄いといつも思います。語彙、感性、表現力。
”十能”の句、母の姿を思い出しましたよ。

投稿: アンヘラ | 2015年3月28日 (土) 10時05分

種尽くし、
話しの種も涸れかけたダンボには
酷なお話でござりました。

投稿: osダンボ | 2015年3月28日 (土) 19時17分

どうでもよいことですが
うちのお嬢と彼氏の喧嘩 30と33ですから可愛くもない 
切れたお嬢 「あんたが炊いた豆やろ!!」って、彼氏???
本人「あんたが撒いた種やろ!!」云うつもりやったのに 興奮しすぎて、???
そんなことより豆、も種も撒く畑こさえてほしいです。早急に。
どんどん親も年を取りますゆえ

投稿: youko | 2015年3月29日 (日) 00時01分

「十能(じゅうのう)」と来たら「五徳(ごとく)」を、「垣根越し」と来たら「隣組(となりぐみ)」を、懐かしく思い出します。

「隣組」
https://www.youtube.com/watch?v=rBh4wUrjltM

♪ とんとん とんからりと 隣組
♪ あれこれ面倒 味噌醤油
♪ 御飯の炊き方 垣根越し
♪ 教えられたり 教えたり

投稿: ganjee | 2015年3月29日 (日) 19時07分

市松模様のガラス戸が美しいです。

投稿: 熱烈 | 2015年3月29日 (日) 19時56分

アンヘラさん
五七五のリズムは日本語で育った人なら知らぬ間に身に付いているようです。
オッ気軽に始められませんか?
意外と敷居は低いです。

ダンボさん
最近93歳翁のブログにはまっています。
巨漢らしいです。
だからどうした!負けたらあきませんよ。

youkoさん
さぞかし美味しく炊けたのでしょうね。
味見してみたい。ごっつおさんです。
お嬢様とは同居中ですか?
「でていけ~~でていけ~~」って呪文のように朝昼晩、唱えたら出て行きました。
ウチの場合。

ganjieeさん
古すぎてよくわかりません
でも、古いという事は判っているのです。トホホ。

熱烈さん
意匠の美しさって「実用」の中あるんですよね。これは丹波篠山です。

投稿: おたま | 2015年3月30日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松花堂の春 | トップページ | 直売所での出来事 »