« 旅の余韻 | トップページ | 松花堂の春 »

2015年3月20日 (金)

お次の曲は・・



今日はボーカルの練習日です。夕方から行ってきます。
もはや「ジャズボーカル」と、思わないことにしました。
完全に「ポップス」ですねん。

いいんです。もういいんです。
話が違う!なんて思わないことにしました。

みんなノリノリです。調子こいています
こないだの音楽会の成功で気を良くしています。
アレを観て聴いて一人無謀にも入ってきはりました。
しごいてあげよう。

特に調子こいてるのがポールです。
誰のお蔭で成功したと思ってるんやろ・・

で、ポールが又CDを焼いてきて「次はこれでいきまひょ」といいました。
ジョージとポールは仲良しなので組み易しと思ってるんと違いますか?
ジョージ、ニコニコとうなずいています。

Kさん(あのお洒落ウィッグの)希望の「カーペンターズ」は却下
Nさんの「sway」(キエン・セラ)もです

あ。先生は楽譜さえあれば何でも教えてくれはります。
しかも、難しくアレンジして・・

で、ポールが揃えてきた楽譜は(訳詩までしてはる)

The End Of The World (この世の果てまで)

The Loco-Motion (ロコモーション)

Please Mr.Postman (プリーズミスターポストマン)

この世の果てまでカーペンターズも歌っています。
おたまが知ってるのはブレンダ・リーですが元はスキータ・デイビスという女性歌手が歌って世界中に流行ったそうです。
今回、歌詞と唄をじっくり聞きましたが物凄くいい曲です。
「親しい人と死別した時の気持ちをしみじみと美しいメロディに乗せて~~

ブレンダ・リーは大昔フェスティバルホールでのリサイタルにいきましたよ。
リサイタルっていわないのね。実演?コンサート?ライブ?

ロコモーションリトル・エバでリアルタイムで聞いています。
小学校の何年生だったかなあ・・これを聞くとなぜか福岡スポーツセンターのスケートリンクと市電の線路が浮かんでくるの・・なんでやろ。

そして。ミスターポストマン
先生はこれとロコモーションが「かっこよく盛り上がる」と言われます。
お若い先生なのでみんなが持ってくる曲をご存じないこともあるのですが、そこはプロです。
上手に教えてくれはります。
この曲は1961・マーベレッツというグループの曲なのですが我々にはビートルズのカヴァーでおなじみです。同じくカーペンターズもカヴァーしているということで・・ポール結構気を遣ってますやん

Dsc04382_2
(歌姫  モデル・otama ) でへっ。

ビートルズ・・やっぱり皆好きですね。
ひっちゃん(おたまの夫・・修学旅行にも六人目の参加者としてついてきたって、誰かがいうの)はビートルズのことをこう言ってました。

サウンドはあるが
        メロディラインが無い(無限)

って。抽斗いっぱい持っているから凄いって。

「そういう意味ではビートルズと同じかもな。クワタ・天才かもな」ってテレビでサザン見ながら言ってましたっけ。
⇑ るべるさんへ私信

ということで、おたま頑張るだよ。

                 Oh yeah~~~


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 旅の余韻 | トップページ | 松花堂の春 »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに目を通したらブログが派手で賑やかになってる
若者を意識してるのか
でも少しでも気持ちを若く明るく生きる事は良いことだね

投稿: | 2015年3月21日 (土) 08時34分

懐かしい名前が~~
The end of the world 大好きです
古いところでコニー・フランシスとペギー・マーチ、PPMとかのフォーク、
ベンチャーズにストーンズ、サイモン&ガーファンクル・・・・
今週のベストテンとか深夜放送、楽しかったわぁ~~
YouTubeに行ってきます

投稿: 熱烈 | 2015年3月21日 (土) 09時12分

これっ!名前を書きなさい名前を
素直にコメントすぐにくれてありがと
若者を意識してるわけじゃないの。
物の弾みでこうなったの。
はずみって怖いでしゅ。
oh yeah ♪

熱烈さん
おたまは世代的に言えばどっぷり「フォーク世代」ですが、好きなのはその前のアメリカンポップスの前のその前のスタンダードなジャズなんです。
なんでこうなるかなあと思いながらレッスン受けています。
次回7月。今度はピアノ・ドラム・ベースを従えてコンサートに出ることになりました。
どっひゃ~~~。
ほんと、熱烈さんにお聞かせしたいわ。
ひっくり返って笑う事うけあいます。

投稿: おたま | 2015年3月21日 (土) 15時29分

>前のその前の
前の辺りをYouTubeで~~
フランク・シナトラ Strangers in the Night、
ペリー・コモ And I love you so、
アンディ・ウィリアムズ I can't stop loving you,  etc.,etc.
ビッグ・バンドが懐かしくてウロウロ楽しんできました

今度は7月、東京公演もありそうね
>ひっくり返って笑う
「便座ない」じゃなくて、今度はなあに?

投稿: 熱烈 | 2015年3月21日 (土) 19時51分

熱烈さん
本当にね。もう・・どういたしましょう。
お次は200人収容のビッグステージでございますのよ。
こないだはレッスン教室の「お店」で40人くらいでした。

で、今から息子夫婦や友人に「来てや~~」と言っていますが良い返事はもらえていません。
何しろ、持ち歌が2曲しかないので、猛練習です。みんな勢いづいていますので今度は「フリ」も入れると言っています。
やだ~~~~~。

投稿: おたま | 2015年3月23日 (月) 09時40分

》ブレンダ・リーは大昔フェスティバルホールでのリサイタルにいきましたよ。
》リサイタルっていわないのね。実演?コンサート?ライブ?

普通の国語辞典に「リサイタル=独奏会。独唱会。」とあるので、「ブレンダ・リーのリサイタル」でOKです。

Brenda Lee - The end of the world(1963)
https://www.youtube.com/watch?v=KLkLs6SvyDM

投稿: ganjee | 2015年3月24日 (火) 12時24分

ganjeeさん
あはっ。ありがとうございます。
いいですよねえ。リサイタル・・間違っていませんよね。
でも「古っ!」っていわれるのですよ。

母が大劇で李香蘭の「実演」を観たと言ったとき「古っ!」と思ったようなものですかね。

投稿: おたま | 2015年3月25日 (水) 07時56分

一度ステージに立つとあの緊張感とスポットライトが癖になり再びステージに舞い戻ると聞いております。
7月のジャズコンサートの時と場所を連絡ください。夫と関西旅行の予定があります、その時期に合わせたいと思います。
おたまさん目標が出来てレッッスンに力が入りますね。

投稿: スマイル | 2015年3月26日 (木) 08時40分

スマイルさん
関西旅行なさるのですね。
ぜひぜひ、見に来てください
笑えますよ~~
次もたぶん「du~~du~~」係かしら
ええねん。参加することに意義がある。

投稿: おたま | 2015年3月26日 (木) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅の余韻 | トップページ | 松花堂の春 »