« 趣味に生きる | トップページ | 3.11 »

2015年3月10日 (火)

年金・・・欲しかった


baseballbaseball


前回はblogにあんな事書いたせいか、夫・ひっちゃんの事を考えて笑い泣きました。(ウソ)

ひっちゃん、生きてても・・・・・・
とことん、妻(おたま)に働かされてたんや・・
可哀想すぎるsweat02

M


clover

舅(夫の父)は64歳で亡くなりましてん。
真面目一筋!の仕事人間。

姑(夫の母)は「おたまちゃんはそう(真面目一筋)思ってるかも知れないけど、私は尻尾を掴んでる!」とおっしゃっていましたが。

おばあちゃん以外の全世界の人がおじいちゃんの事を
働いて働いて(道楽なしで)・・・死んじゃったと思っています。
可哀想すぎるsweat02

趣味の時間もなかったでしょう。
日曜日に一人息子夫婦の所に行って「棚」を作ったり、孫と遊んで、お風呂に入ってビール飲んで昼寝して帰るのが楽しみ・・。
ああ。おじいちゃ~~ん。

clover

60歳で定年を迎える少し前に
「会社にもう少し来てくれって言われてるねん」
と嬉しそうに言っていたおじいちゃん。

仕事が大好きやったんやなあ。

「60歳から年金貰えるんやけど、65歳までお楽しみで置いておく」
と言って64歳で死んじゃったおじいちゃん。

おばあちゃんから、本当の貯金残高を
      知らされていなかったおじいちゃん。

せめて、趣味の一つでも楽しんでもらいたかった。

clover

コツコツと年金を掛けて来て一円も貰わなかった
おじいちゃんと、ひっちゃん・・・

その代り一部を寡婦二名が頂戴したけど  

   100%貰いたかったよ。

おたまは先で自分の年金に切り替える予定なので、「ひっちゃんが働いた証の」寡婦年金を放棄することになるの。

貰えないことより、ひっちゃんの頑張りが無視されるみたいで悲しい。
貰えないのはもっと悲しいけど・・

あの父子の事を考えれば考えるほど悲しくなって
おたまの心は
一日降り続く、今日の雨のように、ずぶぬれです。
というか、今「雪」が降っています。

      げっ!

snow????。
もうすぐ旅行なのに・・止むのかなあ・・・


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 趣味に生きる | トップページ | 3.11 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年金の話、身につまされます。<納付していた人>が居たわけじゃあなく、納めた期間が足りません。グスッ。。

投稿: アンヘラ | 2015年3月10日 (火) 12時58分

おたまさん
年金の件ね、ご主人の方を放棄する必要はないんですよ。
ご自身の方を半分(半分放棄)にしてご主人の方をもらう、という手があって、私の姑(元教師で舅が生きているときは自分の年金満額もらっていました)が舅の死後、友人のアドバイスから、その手続きをしたところ、遺族年金(名称はこれでいいのかわからないけど)?の場合は税金が免除になるし、得で、手続して正解だったと言ってます。
最初は舅の年金の方が姑の年金よりすこし少なかったので、アドバイスしてくれた人の話をそのまま聞いていいのかどうか分からなくて、せいぜいが税金免除のお得か、と思っていたら、遺族年金の方が半分でなくて6割もらえたかなんかで、かなりありがたい話だったようです。
おたまさんの場合も、よくよくその道の詳しい人に相談してみてください。
ではでは。

投稿: ユウコ | 2015年3月15日 (日) 16時11分

baseballふぁらんくすさん
サイドバーのプロフィールからメールコンタクトが取れます。
よろしければ、そちらへお願いできますか?
コメ返の手段がありませんので。

baseballアンヘラさん
う~む。制度がよく解っていないのですが、全く貰えないんですか?う~む。

baseballユウコさん
ユウコさんとお友達で良かったわhappy01
全く知りませんでした。自分の厚生年金に切り替えると数字的には確かに増えるのですが、税金関係で今とどれ程の差があるのか?とは考えていました・・。一度相談員さんに試算してもらったことがあるのですが「じゃあ、貴女のばあい65歳になったらご自分の年金に切り替えられた方が得ですよ」なんて言われてその方法しかないと思っていました。
色々、相談してみます。
情報ありがとう。
でも、夫婦長生きが一番なのですよね。
ご主人様大切になさって下さいね。

投稿: おたま | 2015年3月15日 (日) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 趣味に生きる | トップページ | 3.11 »