« 嘘つき | トップページ | ブックオフ・初体験 »

2015年2月 6日 (金)

黒き龍。大人の階段を登る



最近、生活が乱れています。


って、書くと「乱れる・未亡人」の検索でおいでになる
どスケベが必ず、いらっしゃるです暇か?

乱れているのは「生活のリズム」でございます。

おやつの時間が最近4時半くらいですねん。

それだと
7時のNHKニュース見ながら夜ご飯というのが
もっさりしますねん。

夜ご飯の時間をずらすとお風呂も寝るのも一時間半ずれますねん。
これがいけません。

お肌は夜作られる。
って黒龍コールドクリームの宣伝文句じゃなかったですか?
「黒龍」(こくりゅう)ってご存じない?
こりゃまた失礼。

おたま、小さい頃、
「命の母」を飲んで「黒龍」を顔に塗って寝ることに憧れてましてん。
いつかきっと・・大人になれば・・・

大人になってずいぶん経つけど、まだやってません。

「それが、どした?」というコンセプトでブログ書いてます。

ので
オチは期待しないでね。

Dsc02523


パリのマドモアゼルって

こんな子やろか・・

Dsc02531


こ~んな
感じやろか・・

まさかね。

おフランス外遊中のエンジェルから絵葉書がとどきました。

素敵
多分、一人旅のはず・・
内緒でお忍び旅行かも・・追及せねば。

《パリの街は犬のクソだらけだ!》

他に書くことなかったのかねえ・・

で。

60代マダムが<超>素敵だ!とある。
ありゃあ・・絶対に勝てない!

ふ~ん。そ~なんだ。
そういえば、ジャポネーゼのその年代のマダ~ムたち・・・

  小汚い  かも

反省・反省・反省・反省・反省。また反省。

美術館巡り三昧の日々だとか。うらやますい。

セーヌの風に当たり、犬の雲古を踏み、ゲージュツに思いっきり触れて
お元気で帰ってきてくださいね。

では、本日はこれにて。

ね?オチなかったでしょ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 嘘つき | トップページ | ブックオフ・初体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マア懐かしいわ~確か内藤ルネさんですね。昔々姉が読んでたソレイユ、ジュニアソレイユや 私が購読してた女学生の友に載ってたあの縞のスカートを真似して姉に作って貰ったわ、柄だけしか似てなかったけど。ソレイユも本のサイズは当時としては斬新な四角だったような・・・あ~懐かしい。

投稿: パコちゃん | 2015年2月 6日 (金) 09時17分

黒龍って知りませんでした^^;
マダムじゅじゅなら名前だけ浮かんできます。

投稿: ばんび | 2015年2月 6日 (金) 09時29分

「それが、どした?」というコンセプト,
好きですわ。

黒龍・マダムじゅじゅ、ついでにくろこさんしろこさんのロゼッタは万能感が半端ないです。
祖母はお風呂で使っていた「美人ぬか」にも憧れていました。

しかし、おたまさんの乱れた生活の原因がおやつの時間だというのが・・・・^^;

投稿: maruko | 2015年2月 6日 (金) 10時35分

おたまさん
パリの街は犬のクソだらけ、ふ~~む、そういえばマリーアントワネットの時代、ベルサイユ宮殿の庭は人のクソだらけだった、ちゅう話、聞いたことおまっせ。
ということで、落ち、付けときました。

投稿: ユウコ | 2015年2月 6日 (金) 17時36分

黒龍に命の母ですか、他にも懐かしい文字が躍ってますね♪
それで連想ゲームが始まっちゃいました!
桃の花のクリームつけて、薬は宇津救命丸にチミコデシロップ、ノーシンにケロリン・・
検索したらどれも現役でビックリです!!

投稿: 熱烈 | 2015年2月 6日 (金) 21時29分

パコちゃん
あれね、中原淳一展の看板ですねんよ。
赤いドレスも淳一作で撮影許可のものです。

内藤ルネは淳一のお弟子さんになるそうでやはり同じ空気感ありますね。
ルネ展の時の写真やポストカードもいっぱいあるので又UPします。可愛いですよ

パコちゃんと同じような事言ってるお姉さま方がおられました
http://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-56c8.html
良かったら覗いてみてくださいね^^
今でも十分通用するデザイン。
ただし、可愛い乙女は少なくなりました。
みんな幼稚でね。

投稿: おたま | 2015年2月 7日 (土) 09時44分

ばんびさん
黒龍。ご存じないですか?
クリームの蓋がすごっく凝っていて、龍の彫り物(いれずみかい!)がしてあるんです。

ご近所で美人と評判のおばちゃんが愛用されていました。

「コクリュウ」という名前といい。蓋の模様といい、神秘的でした。

marukoさん
大人の雑誌の後ろの方には必ずロゼッタの広告の漫画がついていましたね。
白いマダムと黒いマダムが温泉に入ってるの。
「白子さん、あなた本当にお肌が白いわね~~」なんて
今でも販売されてるのかなあ・・

ユウコさん
ご協力ありがとうございました^^

そうか。それであんなふんわりしたスカートなんだあ~~~
きっとオパンチュなんか穿いてなかったのよね。子犬っぽい淑女の野グ○!
強烈な絵ですこと。お~ほほほ。

熱烈さん
桃の花!ありましたねえ。
チミコデシロップは初耳です。

明色アストリンゼンは桃谷順天館でしたっけ?クラブ化粧品がマダムジュジュかしら?
あと・・臺(ウテナ)クリーム。

ウチラの時代は資生堂のカーマイン(カラマイン?)ローションにホネケーキ!

ホネケーキって赤い透き通った石鹸です。
あれって、honey cake(ハニーケイク) のなまったものらしいですよ。


投稿: おたま | 2015年2月 7日 (土) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嘘つき | トップページ | ブックオフ・初体験 »