« 四代目中村雁治郎襲名披露 | トップページ | アフタービートで初舞台 »

2015年2月19日 (木)

貴方に捧げるこの命


baseballbaseball


貴方の為なら惜しくはないわ

   命のひとつやふたつ・・みっつよつ 

昭和の歌謡曲ではございません。

昨日の続き、「曽根崎心中」のお話です。
近松の男女はすぐ死んじゃう。死が愛の証しなの。
   んな AFO な~~~

paper

その前に、遊女がマジな恋をしたらアカンと思います。
プロ意識の欠如やわ。

遊里に遊ぶ男女にはそれなりのルールがあるはずよ。
商売ッ気抜きの恋愛なんかするから
最終的に死なんならんでしょ?

お初19歳。徳兵衛25歳。(数え年)
仕方がないわね。ピュアなのよね。若い人って。
女は経済力を男は自分の面倒をという利害のすりあわせで婚活してる熟年とはチョットちがうかもね。

clover

襲名演目という事ではないそうですが
先代扇雀(現・藤十郎)が衝撃的デビューを果たしたのも、今回の主役である四代目雁治郎(当時・智太郎)が周囲をあっと言わせた祖父の代役も、この「曽根崎心中」であったことを考えれば当然、見せていただかなきゃね。

(曽根崎心中)

お初徳兵衛あるいは曽根崎心中を知らない方でも梅新(梅田新道)のお初天神はよくご存じでしょう。
大阪はキタのど真ん中。境内に飲み屋がある。阿み彦のシュウマイ屋がある(今でもあるのかな?)ナイスなところでございますよ。(今調べたらビルになっていました。びっくり!)

ま、そこで二人は・・・・ということになるのです。
浄瑠璃の中にも「埋め田(梅田)の森」という言葉がある通りこのあたりジメジメとした湿地帯だったのでしょう。

ちなみにお初が働いていた廓「天満屋」はおたまの研究によりますと、現在の曾根崎新地よりもっと南。堂島の辺りだと思われます。

芝居の初めに二人が落ち合う、いくたまはん(生玉神社)は現在の谷町9丁目。結構遠くまで出かけてたんやね。

地理関係をドタマに叩き込んでいただいたところであらすじです。

heart

徳兵衛は、伯父さん・久右エ門が社長をしているお醤油メーカーの従業員。伯父さんはこの徳兵衛と親戚筋の女の子を結婚させて、いずれは会社を譲りたいと思っています。
徳兵衛の継母は女の子の方から輿入れの支度金まで貰っています。

やめてよ。やめてよ。僕の了解もなしにannoy
こんなお金、今すぐ返してきます~~~

それもそのはず、徳兵衛にはお初というラブラブの恋人がいるのです。
お初の職場は遊郭。
昭和33年売春防止法が制定されるまで、我が国は世界にも珍しく国家がセックス産業を認めていたのでございます。

立ち上がれ!万国の女たちよ!(アカン。話が脱線しそうや)

heart

話。走るわよ。長くなりそうやから・・
で。この大金。運悪く出合した悪友。油屋のボン・九平次に泣き付かれて貸してしまいます。
はなから、九平次はだまし取るつもりです。

え?そんなん、僕借りてへんで?言いがかりや!
ゆすりや!たかりや!
・・・と公衆の面前で恥をかかされてしまうのです。

heart

話。飛ぶわよ。
ギョエ~~。徳兵衛さんはそんな人やあらしまへん
きっと、死んで身の潔白を晴らすはずです~~~

こういうお初の胸の内には
ええ。あたしも一緒に死んであげますとも。いいとも~up
ね?そうでしょ?徳さん・・・

と縁の下に隠した徳兵衛に合図をおくるのです。

キセルを使うふりをしつつ、徳兵衛に足を差し出すお初。
遊女というお仕事柄、お初っちゃんは、いつも素足です。すぐにお寝間に入れるように(うぷぷ)

その足に我が首筋をあて、返信ナウ。

そうとも~up死んでやるupお初お前も死んでくれるかup

この所作がものごっつ斬新。大胆。エロティック。
互いの顔を見合わせず身体(しかも足)で気持ちを確かめ合うのでございます。
このお芝居最大の見せ場です。

heart

なんて勝手ざんしょ。一人で死ねよ!
と思うあなた様はしょせん昭和&平成のお方。

心中立てこそ、恋の完結であり成就でありますの。
しかも今回はお初という女性のほうがどちらかと言えばイニシアチヴをとってますねん。
縁の下の場面でもそうだし。花道でもご自分の方が先に歩いて行きはりました。
行くで~ついておいでや~みたいな。

heart

ふたりが心中現場・曽根崎の森にたどり着いたころ
悪友の悪が露見し。徳兵衛の潔白が証明されたのに
命を絶つ合図の七つの暁の鐘が鳴り響くのでありました。

                       おしまい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徳兵衛・雁治郎  お初・藤十郎  久右エ門・梅玉
九平次・扇雀    天満屋惣兵衛・彌十郎


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 四代目中村雁治郎襲名披露 | トップページ | アフタービートで初舞台 »

歌舞伎・映画」カテゴリの記事

コメント

パチパチパチ!
おたまさんの解説グッド!です。good
お芝居の方もこの位のペースで走ってくれたら良いかも?bleah

ところで大阪松竹座にもイヤホンガイドがありますか? それって大阪弁ですか?

投稿: 熱烈 | 2015年2月19日 (木) 21時53分

baseball熱烈さん
イヤホンガイド、ありますよ。
補償金別の使用料が500円か600円程度。もしかしたら値上がりしてるかも・・
番付も1700円になって中身ペラッペラになってましたから・・

大阪弁のガイドhappy01
そんなマニアックなものは無い無い。
上方の芝居は大阪弁でガイドしたら面白いかもしれませんね。
松竹に言っておきませう。

でも、できるだけガイドを使わないようにって個人的には思います。
細かい話は分からなくても「空気を楽しむ」のが歌舞伎。特に「和事」なんかその典型です。
そして、肝心の「語り」や「音曲」に差し障るというか集中できないことがあるとおもうのです。
細部はあとからだんだん解ってきますので。
まずは自分なりの解釈や感想を持つためにもガイドはいらないかなあ・・

「舞踊」についてはガイドがあった方が楽しめることがあるかもしれませんね。

投稿: おたま | 2015年2月20日 (金) 10時41分

博多座の6月歌舞伎が
四代目中村雁治郎襲名披露なのです。

まだ演目の発表はないけど
「曽根崎心中」だったら頭の中でおたまさんの「言いがかりや!ゆすりや!たかりや!」が聞こえてきそう。^^;


翫雀さん、好きなの♪(壱太郎ちゃんも)
翫雀の「傾城反魂香」を見た後に同じ演目を松本幸四郎が演じたのをテレビで見たけど、
翫雀の方が笑いが起きていたような気がしました。
そのぽっちゃりビジュアルから出るユーモラスな仕草のおかげですわ。

おたまさんの解説で6月が益々楽しみになってきました。

投稿: maruko | 2015年2月20日 (金) 11時47分

アハハhappy01 無いですか。
おたまさんの解説があったらいっぱい楽しめそう~~notes

私は踊りはイヤホンなしです。
ちなみに踊りは三津五郎さんheart02です!!

投稿: 熱烈 | 2015年2月20日 (金) 17時22分

足の件で、何かぞっとして、色気を感じる余裕が有りませんでした。。。次回、解説を参考に致します。雁治朗さんって、ぼっちゃりして平成中村座ではユーモアが有って面白かった。

投稿: アンヘラ | 2015年2月21日 (土) 00時02分

baseballmarukoさん
今回昼の部で「傾城反魂香」が掛っていますので博多でもあるかもしれませんね。
初代の当り芸だそうです。
情愛ものははまっておられますね。
柔らかく温かでユーモアのある任は魅力ですがキャラが建ちすぎると芸の幅が固定されてしまう・・。大きな名前を貰われたのだからこれからどのようながんじろはんになられるのか楽しみです。

baseball熱烈さん
三津五郎さんの踊り安心してお金払えるわhappy01
昔、舞踊の孫弟子にあたる知人にくっついて楽屋へ伺ったことがありますよscissorsいえ。自慢ですけどねhappy02

baseballアンヘラさん
ぞっとしたということは、そこにエロチシズムを感じたということですよ。きっと。
それにしても大胆な演出ですね。

投稿: おたま | 2015年2月21日 (土) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四代目中村雁治郎襲名披露 | トップページ | アフタービートで初舞台 »