« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

デビュー目前



ということで、CDをリピートモードにして自主練習に励んでおったところへ、
メンバーのお一人Kさんから電話が入りました。

メンバーってあの
「7人のサムライ 森の木陰でどんじゃらほい」ですがな。

おっしゃるには、「どう考えても人前に立てるレベルではないと考えていた折しも、Nさんから電話があり、Nさん宅で自主合同練習をしませんかとお誘いがありました」とのことです。
異議なし!

Nさんは先週のレッスンから三日ほど夜も眠れなかったらしいです。お気の毒な・・・
笑っちゃ悪いけど笑うなり。HaHaHa(こらっ!)
この生真面目さが欠けているア・タ・ク・シ(反省)

7人しかいないのにさらに三つに分けられては

     「口パク」は通用しません(キリッ!)
ガンバロー

実は、今週ずっと用事があったのだけど
よほど信用されていないのか、「貴女も是非に!」と言われ、金曜日(本日)午前中ならという事で集まることになりました。
そのあと、昼ご飯も食べずに俳句会場へ直行だよ
厳しいスケジュールだ。

男性陣のポールはたぶん、現役勤務中だし、
「貴方の英語はお経ですかっ!」と妻に責められているジョンは、放置プレイということで女性のみ4名の練習であります。

私らだけやったら、けっこう、エエ感じなんです・・・
という事は、足を引っ張ているのは・・・・あの二人。

おたくら、当日、風邪を引いてくれませんかとも言えませんわね。
何と言っても、仲間だもの。エイエイオー

M


ということで、いよいよ明日は本番でございます。

じゃ。自主トレ・・歌い込んでからの俳句会  いってきま~す。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (8)

2015年2月21日 (土)

アフタービートで初舞台



ジャズボーカルのレッスンでした。
来週の土曜日、いよいよデビューですねん。
「デブ」と違いますよ。
デビューです。

一時は14人もいた生徒さんが、今は8人です。
みんな、根性なしや。逃げたんや。
ウチラ相変わらずアフタービート取れないけど頑張ってます。

オンビートだのダウンビートだの言われてもねえ。
サノヨイヨイやわ

8人のうち一人は用事があるそうで、結局7人で舞台に立ちます。
オッチャン2人。オバチャン5人。
ポール(と呼ばれているオッチャン)が曲をCDに焼いてくれてみんなに配った。
お家で練習しなさいってことや。

412_138

曲ですか?
あれですがな、「スタンド・バイ・ミー」
先生、凝りに凝ってスリーパートに分けはった。

うまいこと歌えたらメチャかっこいい編曲です。
うまいこと歌えたらね。

おたまはDU・・DU・・。って
下支えグループです。
いやいや、こっちのほうが難しいんでっせ。
それで、ずっとDU・・・・って歌っておきたいところやけど
まあ、実力派なので途中から、二番ですか、歌いますねん。

その イリが難しいんですわ。
なんせ、リズム感がサノヨイヨイですからね。

もう一曲は「オブラディオブラダ」
はい。ビートルズです。
これ、バッド・ミュージック№1にどこかで選ばれてましたね。
うちらに、お似合いや。きっと。

これも3パートに分けはりました。
おたまは二番をうたって、あとはラララララのハモリです
英語、覚えんで楽やろ?って・・あほな事言わんといて下さい。
ハモリって難しいんですよ。
ま、隣の人が「音の取れる人」なのでくっついておきます。

先生はクラシックの専門家です。
ジャズやポップスが好きで勉強されたそうです。
今もアメリカ人の先生に発音習ってはります。

小さな音楽会です。発表会やね。
プロを目指している人から私らまで・・・
はい。うちらが「底辺」です。結成5か月やもんね。

底辺なのに「ドレスコード」決めました
黒を基調に色をひとつだけ使う。
ポールは絶対「赤」やろね。
あっぶね。かぶるとこやったわ。

打ちひしがれていなかったら、また結果報告をいたしませう。

来週一週間はCD聞いて自主練習に明け暮れるのでブログの更新はお休みします。
サノヨイヨイ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (5)

2015年2月19日 (木)

貴方に捧げるこの命



貴方の為なら惜しくはないわ

   命のひとつやふたつ・・みっつよつ 

昭和の歌謡曲ではございません。

昨日の続き、「曽根崎心中」のお話です。
近松の男女はすぐ死んじゃう。死が愛の証しなの。
   んな AFO な~~~

その前に、遊女がマジな恋をしたらアカンと思います。
プロ意識の欠如やわ。

遊里に遊ぶ男女にはそれなりのルールがあるはずよ。
商売ッ気抜きの恋愛なんかするから
最終的に死なんならんでしょ?

お初19歳。徳兵衛25歳。(数え年)
仕方がないわね。ピュアなのよね。若い人って。
女は経済力を男は自分の面倒をという利害のすりあわせで婚活してる熟年とはチョットちがうかもね。

襲名演目という事ではないそうですが
先代扇雀(現・藤十郎)が衝撃的デビューを果たしたのも、今回の主役である四代目雁治郎(当時・智太郎)が周囲をあっと言わせた祖父の代役も、この「曽根崎心中」であったことを考えれば当然、見せていただかなきゃね。

(曽根崎心中)

お初徳兵衛あるいは曽根崎心中を知らない方でも梅新(梅田新道)のお初天神はよくご存じでしょう。
大阪はキタのど真ん中。境内に飲み屋がある。阿み彦のシュウマイ屋がある(今でもあるのかな?)ナイスなところでございますよ。(今調べたらビルになっていました。びっくり!)

ま、そこで二人は・・・・ということになるのです。
浄瑠璃の中にも「埋め田(梅田)の森」という言葉がある通りこのあたりジメジメとした湿地帯だったのでしょう。

ちなみにお初が働いていた廓「天満屋」はおたまの研究によりますと、現在の曾根崎新地よりもっと南。堂島の辺りだと思われます。

芝居の初めに二人が落ち合う、いくたまはん(生玉神社)は現在の谷町9丁目。結構遠くまで出かけてたんやね。

地理関係をドタマに叩き込んでいただいたところであらすじです。

徳兵衛は、伯父さん・久右エ門が社長をしているお醤油メーカーの従業員。伯父さんはこの徳兵衛と親戚筋の女の子を結婚させて、いずれは会社を譲りたいと思っています。
徳兵衛の継母は女の子の方から輿入れの支度金まで貰っています。

やめてよ。やめてよ。僕の了解もなしに
こんなお金、今すぐ返してきます~~~

それもそのはず、徳兵衛にはお初というラブラブの恋人がいるのです。
お初の職場は遊郭。
昭和33年売春防止法が制定されるまで、我が国は世界にも珍しく国家がセックス産業を認めていたのでございます。

立ち上がれ!万国の女たちよ!(アカン。話が脱線しそうや)

話。走るわよ。長くなりそうやから・・
で。この大金。運悪く出合した悪友。油屋のボン・九平次に泣き付かれて貸してしまいます。
はなから、九平次はだまし取るつもりです。

え?そんなん、僕借りてへんで?言いがかりや!
ゆすりや!たかりや!
・・・と公衆の面前で恥をかかされてしまうのです。

話。飛ぶわよ。
ギョエ~~。徳兵衛さんはそんな人やあらしまへん
きっと、死んで身の潔白を晴らすはずです~~~

こういうお初の胸の内には
ええ。あたしも一緒に死んであげますとも。いいとも~
ね?そうでしょ?徳さん・・・

と縁の下に隠した徳兵衛に合図をおくるのです。

キセルを使うふりをしつつ、徳兵衛に足を差し出すお初。
遊女というお仕事柄、お初っちゃんは、いつも素足です。すぐにお寝間に入れるように(うぷぷ)

その足に我が首筋をあて、返信ナウ。

そうとも~死んでやるお初お前も死んでくれるか

この所作がものごっつ斬新。大胆。エロティック。
互いの顔を見合わせず身体(しかも足)で気持ちを確かめ合うのでございます。
このお芝居最大の見せ場です。

なんて勝手ざんしょ。一人で死ねよ!
と思うあなた様はしょせん昭和&平成のお方。

心中立てこそ、恋の完結であり成就でありますの。
しかも今回はお初という女性のほうがどちらかと言えばイニシアチヴをとってますねん。
縁の下の場面でもそうだし。花道でもご自分の方が先に歩いて行きはりました。
行くで~ついておいでや~みたいな。

ふたりが心中現場・曽根崎の森にたどり着いたころ
悪友の悪が露見し。徳兵衛の潔白が証明されたのに
命を絶つ合図の七つの暁の鐘が鳴り響くのでありました。

                       おしまい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徳兵衛・雁治郎  お初・藤十郎  久右エ門・梅玉
九平次・扇雀    天満屋惣兵衛・彌十郎


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2015年2月18日 (水)

四代目中村雁治郎襲名披露



久々の「歌舞伎カテ」でございますので今日は憎まれ口を叩かないよう気を付けたいと思います

大阪松竹座二月歌舞伎「四代目中村雁治郎襲名披露」
夜の部を見てきました。

もともと歌舞伎の発祥は関西です。
歴史や土壌に育まれ花開いた「和事」と言われる上方歌舞伎は上方で起こり上方の役者により育てられました。

大阪の人に愛され上方の顔であった初代中村雁治郎(1860~1935)
大阪の誇りともいわれた彼の人気のすごさ。
関西人にとって「雁治郎という名跡は」は特別なものです。
こう詠まれています。

「初芝居大阪のもつ雁治郎」 青木月斗

なんか・・すごい。

彼はまた
「ほうかむりの中に日本一の顔」 ともいわれた超二枚目であったそうです。
(ほうかむりとは言わずと知れた心中天網島の紙屋治兵衛)

この度の東京生まれ東京育ちの「がんじろはん」の誕生に一ミクロンの不安というか「どやねん」という気持ちを抱くおたまは、やっぱり心が狭いのでしょう。

M


で、初代から一代飛ばしまして(もちろん名優さんですが今は「顔」の話です)
三代目(現坂田藤十郎)はご存知の通り若き日より二枚目の誉れも高きお方。
そして幸いなことにこの四代目も父親譲りのはんなりしたお顔立ち。
ぽっちゃりした身体つき。まこと和事にはうってつけのビジュアルの持ち主だとおもいます。

前置きが長い!ひとつ褒めるのにここまでかかった。

今回の出し物「曽根崎心中」

冗談抜きにといえば角が立つ、意外にも・・これもあかんね。
よかったです。^^

「えろうやつれて・・・」のところでは「ぷっ!」と吹いてしまいましたが
細かいことを言えばきりがありません。
(今日はホメるというスタンスです)

彼は、声がいい。色っぽいです。

芝居の最初のうちはそのコロコロしたボディが気になったのですが、だんだん、それでええやんと思えてきました。

実はおたま、現坂田藤十郎が扇雀から雁治郎(三代目)に襲名するときの興行も見ています。
1991年初春の中座です。
この時は周囲に「扇雀」を惜しむ心があったように思います。
それは、扇雀として成駒屋の芸風をある程度確立していたという実績によるものでありファンも多分ご本人も「扇雀」に愛着を持っておられたのではないかと思うのです。

それを考えるとき、この4代目の胸の内は・・どなんだろ
なんてね。大きなお世話ですね。

(今日はホメる)といえば・・
この日の大向う。良かったです。たぶんお三方。
しぶく、よく間があっていました。

時々。体育会系に出会うもので、ほっとしました。

曽根崎心中の内容
あたし、絶対にいややわ。殿方に付き合って死ぬのなんか
というお話と

連獅子
壱太郎の踊りはええわあ。成駒屋安泰やね
という感想と

義経千本桜
先代猿之助は狐にしか見えまへんでしたで!
という話は

また、後日記録しておきたいと思っています。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2015年2月17日 (火)

すずめが雀を・・



    「寒肥に雀群がる日射しかな」 おたま

1・2月の寒い時期に寒肥(かんごえ)を施しておくと、元気よく木々が芽吹いてくれます。

日曜日、平凡夫妻がやってくれました。
おたまが「ヤレ」と言ったわけではありません。
自主活動です。

首手拭いに軍手にマスクのペアルックでスコップ片手に作業開始。
ここで言う「スコップ」とは機関士さんが石炭をくべていた「アレ」です。
(うちらが「スコップ」と言ってるものを、関東では「シャベル」というそうです)
(そして「くべる」という言葉も今、数十年ぶりに使いました)

おたまは弱弱しいふりをして、掃き出し窓のところに体育館座りしながら、指図します。
硝子のこっち側やから何を言うてるのかわからんと思うけど、「わかってる。わかってる」というジェスチャーでございます。

   な~~~も わかっとらん かったのです。

あれ程、20センチは掘ってや~~と言ったのに
窓ガラスに鼻を押し付けて言ったのに・・

雑な仕事ぶりですわ。
仕舞には、面倒くさくなったのでしょう。バババ~って
撒いてますねん。

土に埋めないと土の中が熱を持たないやん。

あ。今の寒肥って顆粒です。昔みたいに油粕の匂いもしない。

翌日からですわ

雀が来る来る。
今までどこに居たの?っていうくらい。

チュンタロはん。チュンベエはん。チュンキっつぁん。

小米さん(桂枝雀)の「鷺取り」の枕を思い出しますなあ・・
いやいや。ホッコリしてる場合と違います。

¥1000×4袋が  パ~~~です。

おたま、最近、お金の事ばっかり言うてますね。
いややわ。貴族やのに・・・

雀・・可愛いんやけど・・・
鵯(ひよ)も来ますねん・・可愛くない。

今、この瞬間もも庭でチュンチュンチュン うるさいと言ったらありません。
木に肥料をやったのか雀に餌を撒いたのか
なんかもう・・・わけがわかりません。

11914_012
(すずめのお宿<ウソ> )

自句を「雀」で検索してみたら20句以上も作ってました。

「日脚伸ぶ沓脱石に雀来て」

「雀はや来てゐる朝(あした)入学日」

「仏飯を少し分けやり初雀」

「冬日和すずめが雀追ひかけて」

「雀」は年中居ますので「季語」ではないのですが、早春や暖かなころに作った句が多いようです。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2015年2月16日 (月)

旅の最終地は・・



あれから(って説明しないとわからないと思うけど)

そう「犬のクソ」の絵葉書をもらってから
エンジェルから3通の絵葉書が届いています。

で「病気」で「弱ってる」と・・・

ここはどこ?San Sebastian
サンセバスチャン(ってスペイン?)からの絵葉書です。

可哀想なエンジェル。異国にただ一人・・
カッコよすぎるやないの。ドラマチックやないの

 

       客死 やなんて・・

 

いや、生きてるっちゅうねん。
というか、もうJAPONに帰ってるかもね・・

旅先、それも海外での体調不良って心細いと思うわ。
しかも一人旅やし・・・

私も、中国人になりすましてトイレを探し回った昨春の南ドイツを思い出しています。
教会でも・シャトーでも・美術館でも・・・つ・つらかった。

でも、仲間がいたからね、口に正露丸を放り込んでくれたりしましたわ。

無事の帰国をお祈りしています。

120201_012_2


旅ですけど・・今年はたぶん11月に行くとおもいます。
思っています。たぶん。キサス・キサス・キサス

それで、兼高かおるおたま世界の旅を終わりにします。たぶん

夫が亡くなって10年は、遊ぶ予定の最終年です。
今年で夫ひっちゃんが御身罷りあそばして丸11年ですの。
よう、遊ばせてもらいまひた

だから海外旅行はこれで終わりかな。たぶん。キサスキサス
(げ!言うてまっせ!)

あとは、猫か犬を飼って、お家で静かに暮らします。
お家はできたら博多で暮らしたい。
去年の暮、友人夫妻が博多へ引っ越したので探してもらおうかな。
しかんしまか、のこんしま辺り。

毎日、おいしいお魚食べて暮らしますねん。

博多には親戚もいないし、幼馴染なんてどこにいるんだかも知らないんだけど。

おしっこ。おひっこしに使う
気力体力もここいら辺りが「ギリ」かなと思うので、
この計画。

結構「真剣」と書いてマジと読んでくれい!

120201_020_2

子ども達はお母ちゃんの「生きるスピードが速すぎる」っていうんだけど。
そんなこと、無いねんよ。
あっという間の人生やからね。

ただひとつのひっかっかりは
「望郷」と「現実」のギャップですわ。

かの詩人も言うてはります。

 

   ふるさとは遠きにありて思ふもの
   そして悲しくうたふもの
   よしや
   うらぶれて異土の乞食(かたゐ)となるとても
    
 帰るところにあるまじや
               ・・・・・・・・・

うぇ~ん。どないしょう・・・
玉屋も岩田屋も無くなった博多に戻れるのか!

 

   「ふるさとは遠きがよろし芋食べて」 おたま

 

これ、本歌取り(のつもり)
 焼き芋食べながら考えてみますわ。

現世の着地点をば・・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (7)

2015年2月13日 (金)

ツイスター・ダイエット



一月は風邪に倒れておりましたの。
そんなことで久々に平凡御一家お揃いで来られました。

お寝間の中で熱に浮かされながらず~~と練っていた作戦を
遂に決行する時がきました。

すなはち

ワタクシ・おたまは、
すっかり老いぼれてしまったポンコツであることの
アピール作戦
です。

(で、あるからして)
今後、あなたたちの都合では動けない
ご飯も作れないし
車の送り迎えを含むさまざまのサービスもできない

のでありますよ・・・・ってことですわ。

弱弱しいフリして、庭を眺めながらため息なんかついてみました。

もう・・・駄目・・あきまへん・・・
            ビーム全開ですわ。

すると・・・・
なんということでしょう・・・・
あの人たち、同情するどころか、母のことを

   ナマッテル っていいますねん

信じられません。

それで、こんなものを買って来はりました。
Dsc04272

プレゼントです。¥780 やけどね。
Dsc04273
これに乗って
グリグリせえ~って、言いますねん。

身体がナマッテルから「動かせ!」って言いますねん。

その名もわかりやすい

KUBIRE
く・び・れ

しっつれいやわ!母に、「くびれ」の3文字は存在しない
??????

ちゃうちゃう。
くびれてる!ちゅうねん。

腸ねん転で親を殺す気かあああ。

で、毎日、乗ってキュッキュッしてますねん。
効果あるんかなあ・・・
既に、くびれてるからやらなくてもいいんですけどね(ウソ)

ま、あのSISI/オーストリア王妃エリザベートも筋トレに励んではったということやしね、
いえいえ、彼女の向こうを張るつもりはありません。

174㎝ 50キロ(そのうち髪の毛が5キロ) ウェスト50㎝

     くびれすぎや・・・

去年、あちらで彼女のトレーニングルームを見てきましたけど
過ぎたるは・・・・ちょっと 痛い!》

そんな女になりたくないと思いました。
(なれるわけない?ほっといて!)
おたまは「くびれ」にさほど、価値をみいだせません。
負け惜しみと違いますよ。

    ¥780 で勝てるわけないし・・・

お母ちゃん、弱ってしまって運動なんかできないわ
と何度も言ったのに

ちょっと、やってみ!とやらされて
コロッケを作らされて
家まで送らされました。

おたま。負けない。作戦続行・・・つづく。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2015年2月11日 (水)

話飛ぶ飛ぶほろ酔いの春



313_043昨日は月に一度の呑み会の例会でした。
用事やら、風邪ひきやらで中止となり
11月の紅葉狩り以来という事になりました。

 

(画像は記事とは関係ありませんのよ)

 

 

 

サヨリが入ってますよと板さんの声でお刺身にしてもらいました。
え~~。もう春やねえ・・・
まだ20センチくらいだけど美味しかったです。

サヨリ・・漢字で「細魚」と書くそうです。
人間でいうたら、羽田美智子さんやね。美人
温燗が美味しうございます。

そういえば、今日のトシチャンやけにきれい。
「何かしたでしょ!何か入れたでしょ!コラーゲン?シリコン?」
アコさんが激しく突っ込む。

確かにしわが伸びてる

「太ったのよ」
と言っているが、顔だけふとるか???あやしい。

口を割らないので、次の話題へ
「最近観た映画」
年間100本観るトシちゃんは、なんかいっぱい並べたけど忘れた。

そういえば、昔はニュース映画というのがありましたね。
映画と映画の間に流れるの。

あたし、「竹脇昌作」の声を覚えているんだけど、それがニュース映画だったのか、家のラジオだったのかはっきりしません。

姉様、お二人もマダムキラーボイスは覚えているそうです。

話題は「ラジオ」に移ります。

私より3歳半年長のトシちゃんは「尋ね人の時間」を覚えているそうです。
子ども心に胸をいっぱいにさせていたんですって。
お家がお商売をされていたので、お店にずーとラジオが流れていたそうです。

私は、なぜか「ダホ」という言葉が耳に残っています。
同時に「李承晩ライン」も・・・
「李ライン付近で漁船が拿捕された」というニュースが頻繁に流れていたのでしょう。

のんきなアコさんがおぼえているのは花菱アチャコと浪花千恵子の「お父さんはお人よし」
それと、学校から近い家の子はお昼ご飯を食べに帰ってもいいという事になっていたそうで、その時に流れていた「NHK昼の憩い」のテーマ曲だそうです。

え~~~。アコさんの時は学校給食がなかったの?
いったい何歳よ~~~

などと、騒ぎながら、話は飛ぶ飛ぶ・・別の話題へと・・

他愛のないひと時やね。ウチラの呑み会。

でも、最近すぐに「昔話」になるので気を付けようとおもっています。

・・・・・・

今朝の朝刊「武士のサムライ」の一面トップには
「ODA転換」

これで戦争に加担する体制が出来る。
安倍氏の積極的平和外交とはこういうことだ。

・・・・・

呑み会で政治の話もするけど、
「なんで、そんな考え方やのん!」と掴みあいしながら、
これはいつも平行線。
「ば~~か!」「ば~~か!」とののしり合いながらも楽しい

これは、酒の力ですかね。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (7)

2015年2月 9日 (月)

金返せ



賢く健気で心優しい娘さんが
間違いなく 不幸の一歩を踏み出そうとしている。

  

なのに、おたま
何も出来ないでいる声すら掛けないでいる

それでも人間か!大の大人か!

つ・・つらい。つらいよ・・・アイゴ~~

53話中15話辺りって ほんまに辛いわ。
韓ドラ

幼い5人の子どもを遺して両親が亡くなります。
2・3話をみていないけど(たぶん)不慮の事故のようです。

長女11歳が母親代わりとして弟・妹を育て上げるの・・・
自分は学校にも行けず、弟や妹を学校にやる。
う~~~~~っ!泣ける。

心の汚れた皆さまは、役場に行け!とか福祉事務所に行けとかおっしゃるのね。

其処が、ドラマですがな。
お国も違うし、時代も違う・・・

でも4・50年くらい前の日本でも珍しくなかった話と違いますか?
兄弟が多くてすべての子に教育を受けさせられなかった。
兄弟が下の子の学費の面倒を見た・・・。

おたまの同級生にも末っ子に生まれたおかげで上の学校に行かせてもらえたって人多かったですよ。

我慢をした「上の子」に限って優秀なんですよね。

は~~~い。ここまでは「ものがたり」

M

我が家の平凡氏。
優秀でもなければ勉強が好きなわけでもなかったのに
大学に二回入学しましてん。入りなおしました。

そんなことで、本人も親の負担を心配したのかどぶに捨てたお金は働いて返す」といいました。
あるいは、「弟・明星の学費は自分が払う(その時は社会人になってるはずだから)」とのたまひました。

で、いよいよ弟の大学合格がきまったとき・・

しら~~ん顔ですわ
家を出ていたのをいいことに

いいんですけどね。社会人の一人暮らしは何かと物入りだろうし
こちらも、因果と思ってあきらめていましたから。

でも

こんなドラマみてたら、な~~んか腹が立つんですよね。

あれは口から出まかせだったのか!

済んだことだからもういいんですけどね。

    お金返して欲しい・・・

「お金」のことを言うのは下品ていいますねん。息子。
借りたモノを返さない方が下品じゃないんですか!

そういえば、ドラマの中でも、両班(りょうはん・ヤンバン)という身分階級の人は「お金」の方を向くの恥・駄目みたいな話がでてきます。

でも。うちの息子貴族じゃないし

下品でもなんでもいいから、返してくれい!(きっぱり)

 「寝てばかりゐし子に今朝の大試験」 おたま

この句は明星氏のことを詠んだもの。

兄が兄なら、弟も弟でしたっけ・・・・

もう・・遠い昔やわ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2015年2月 7日 (土)

ブックオフ・初体験



半年に一度の歯科検診の日。

予約時間までに30分ほどあったので「BOOK-OFF」へ入ってみました。
生まれて初めての「BOOK-OFF」です。

 BOOK-OFF VIRGIN ・・・・ ポッ

 

すごく広い。
こりゃあ。街のフツーの本屋さんの経営も厳しいわね。

この間出た「ひゃくたはん」の「たかじん未亡人」の本がもう並んでいましたよ。

本は買わない!と決めてからずいぶんになります。

でも、買ってしまいました。
@108円なんだもん・・・。図書館に行く手間より
「買う」選択ありかも・・だす。

 

Dsc04245_2

小説はあまり読まないです。
好きな小説家は
池波正太郎。

 

エッセーとか評伝ものばかり読んでるかも・・
後は、俳句関係。

 

手のひらに乗るサイズっていいなあ。
いつもバッグにいれておこう

 

あ。シルバー眼鏡も入れておかなきゃ!だ。

 

メンドクセ・・

 

 

レジのお兄さんがマニュアル口調で「読み終わられたものでお売りになりたいご本が御座いましたら、ぜひ当店へお願いいたします」とおっしゃいました。

 

マニュアル返答例に無い質問をしてみます。あと15分もあるし。

 

「作家のサイン入りの査定はどのようにされていますか」

 

「うぐっ!」

 

幾ら著名な作家でも本には書き込みの無い方が値打ちだと聞いたことがある。
サインが本物かどうかはどこかで調べてもらうのかなあ。

 

なんて、たたみかけてみる。

 

お兄ちゃんをおちょくっている間に歯医者の予約時間になりました。

 

 

Dsc04246ある方から戴いた本。

 

形見になりました。

 

今、読み返してみると「時代小説」みたいです。

 

セピア色の古い映画のような。

 

当時は時代を反映した斬新な内容だったのでしょうね。

 

Dsc04248Dsc04250

原田康子さんも昨年か一昨年お亡くなりになりました。

Dsc04247

売らないよ

綺麗な歯科衛生士さんに、頭をなでなでしてもらいました。

「いつも頑張ってますね」(素直に嬉しい単純な女)

ごほうびに歯ブラシ一本。いただきました。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2015年2月 6日 (金)

黒き龍。大人の階段を登る



最近、生活が乱れています。


って、書くと「乱れる・未亡人」の検索でおいでになる
どスケベが必ず、いらっしゃるです暇か?

乱れているのは「生活のリズム」でございます。

おやつの時間が最近4時半くらいですねん。

それだと
7時のNHKニュース見ながら夜ご飯というのが
もっさりしますねん。

夜ご飯の時間をずらすとお風呂も寝るのも一時間半ずれますねん。
これがいけません。

お肌は夜作られる。
って黒龍コールドクリームの宣伝文句じゃなかったですか?
「黒龍」(こくりゅう)ってご存じない?
こりゃまた失礼。

おたま、小さい頃、
「命の母」を飲んで「黒龍」を顔に塗って寝ることに憧れてましてん。
いつかきっと・・大人になれば・・・

大人になってずいぶん経つけど、まだやってません。

「それが、どした?」というコンセプトでブログ書いてます。

ので
オチは期待しないでね。

Dsc02523


パリのマドモアゼルって

こんな子やろか・・

Dsc02531


こ~んな
感じやろか・・

まさかね。

おフランス外遊中のエンジェルから絵葉書がとどきました。

素敵
多分、一人旅のはず・・
内緒でお忍び旅行かも・・追及せねば。

《パリの街は犬のクソだらけだ!》

他に書くことなかったのかねえ・・

で。

60代マダムが<超>素敵だ!とある。
ありゃあ・・絶対に勝てない!

ふ~ん。そ~なんだ。
そういえば、ジャポネーゼのその年代のマダ~ムたち・・・

  小汚い  かも

反省・反省・反省・反省・反省。また反省。

美術館巡り三昧の日々だとか。うらやますい。

セーヌの風に当たり、犬の雲古を踏み、ゲージュツに思いっきり触れて
お元気で帰ってきてくださいね。

では、本日はこれにて。

ね?オチなかったでしょ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (7)

2015年2月 5日 (木)

嘘つき



Dsc03797

「偽称の罪」について考えています。

あたくし、正義感が強い人間では決してないけど
嘘をつく人はきらいです。
ウソをつく人ってどうしようもないと思います。

しかし、自分は時々嘘をつきます。

嘘もポコペン(方便?)です。かめへん。かめへん。

今日も隣の町の無料公民館講座
トシちゃんの名前借りて申し込んじゃいました。
だって、町外の人間には受講資格がないからです。
成り済ましってことだ。

「トシチャン。名前貸してな~~」
「ええよ。ええよ。光栄やわ」
「ほんまかいな~~」

「ほんまやで~~~」

偽称罪をブログで告白するなんて大胆不敵な女です。

わが家は隣町との境にあります。
三段跳びで隣町です。

言い訳にならないけど、隣町のごみを拾ってあげたり、この前は倒れていた「飛び出し君」を起こしてあげました。

隣町に貢献しているアタクシ・おたまと生ごみにコッソリと「イケナイモノ」を混入しているトシちゃんとではどちらが、その町の事を考えているでしょう。

子規や俳句に全く興味がないトシちゃんの代わりに2時間の話を聞く私はやっぱり罪人でしょうか。。

夫ひっちゃんが子どもらに(特に明星氏に)よく言ってました。
「何をやってもかめへん。ただワッパ掛けられるようなことはするな」

すみません。
夫はやくざ映画のファンだったもので、時々「特殊な用語」を使用するのです。

妻がワッパ掛けられたら・・・(妄想中・・妄想中)

ああ。申し訳ない

 

栃木(女子刑務所)の風は冷たいらしいです。

公民館に申し込みの電話をしました。
メモを見ながら、トシちゃんちの住所と電話番号・・・

年齢は10歳若く言っておきました。
誰に迷惑がかかるというのでしょう。

だったら、嘘をついてもいいのか???

寝る前に天の神様に聞いてみます。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »