« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

悲しき天使



今頃の季節だったと思う。
ツィードのブルーのオーバーコートを着ていた。

高校2年から3年になる頃だったのか、卒業を控えていた時期か定かではないが
クラスメイト3人で四国・高知へ行った。

A子の伯父さんがドライブインのような大きな喫茶店&レストランを経営しておられた。
店舗の裏手が住まいで、私たちには其処とは別の歩いてすぐにある離れが用意されていた。

伯母さんと,我々より二つほど年上のひーちゃんという従姉が店を切り盛りし、きれいな女の子のアルバイトも二人ほどいてなかなか繁盛していた。

ジュークボックスがあった。

オートバイで乗り付ける常連の若者たちとすぐに親しくなった。
大阪の女の子が珍しかったのだろう。
オートバイの後ろに乗っかり、そこらへんを一周してもらった。

普通、慣れない子はカーブで体を反らすけど、ライダーと一緒に体を合わせてくれるので乗せやすかったなどと言われ、我々ははしゃいでいた。

伯父さんはA子を可愛がっていた。
それは傍から見てもよく分かった。

友人である我々も、龍河洞や桂浜に連れて行ってもらったり、闘犬を見せてもらったり、三人おそろいの珊瑚の指輪を買ってもらったりした。

そのことがひーちゃんの癇に障っていたのか、常連のライダーたちと仲良くなったことに腹を立てていたのか、ひーちゃんとA子の間に険悪な空気が流れていたようだった。

A子に「ひーちゃんと自分(方言でyouの事)らの板挟みだ」と言われ、
ああそれは悪うございましたねと、単純な私と私に輪をかけて気の短いB子は「もう、帰ろ!」ということになった。
A子のわがままぶりも少し鼻についていた。
予定より一日早かった。

その夕方、伯父さん(おんちゃん)が離れにやってきた。
A子はいなかった。店の手伝いをしているらしかった。

おんちゃんは二人を高知市内の皿鉢料理の店へ連れて行ってくれた。初めて見る豪華な料理だった。
「大人のジョーク」を我々にぶつけ、我々も笑った。

「明日、帰るんやて?A子ともう少し一緒にいてやってくれんか。
あの子は、わしの妹の子やけど、お父さんがいないんや。だから仲良くしてやってほしい」

大の大人に頭を下げさせるようなことを私たちはしてしまっていた。

A子が小学生のころ父親は愛人のもとに去った。その人に子どもができたからということだった。母親は意地でも籍を抜かず彼女と弟を育て上げた

その事情はA子から既に聞いて知っていた。

ドライブインに戻ってきた。
カウンターの中のA子も、いつもツンケンしていたひーちゃんも私たちを見て笑った。

 

ジュークボックスにいつもかかっている曲
メリーホプキンの悲しき天使が流れていた。

 

412_088


それから、どれくらいの年月が流れたろう

21歳で結婚したA子は25歳で未亡人になり29歳で8歳年下の男性と再婚した。
子どもには恵まれなかった。

同性に恋をしていたB子は見合い結婚をし4人の子持ちになった。

私も二人の子の母になっていた。

・・・・・・・・・

1994年。ロスアンジェルス・ドジャースタジアム
ワールドカップのためのコンサートが開かれていた。
三大テノールの夢の饗宴。
それが、日本でもテレビで放映された。

私は台所に立っていた。
「マレーキアレ」おなじみの歌だ。

おおマリー わが想いに応えて・・

その曲に続き、流れたのがあの「悲しき天使」だった。
ウクライナのバラライカのメロディが流れてきた。

 

私は呆然と立ち尽くし、なぜか涙があふれた。

最近化粧品のコマーシャルでこの曲が使われたためか
若い世代の人にも知られるところとなった。
今、通っているボーカルレッスンでもこの曲を取り上げることになっている。

ポールマッカートニーがプロデュースしてメリーホプキンを世に送り出した曲だ。
原曲はロシア民謡とも、ジプシーの歌とも言われている

・・・・・・・

Remember how we laughed away the hours
(いつまでも笑い続けたのを忘れない)

Think of all the great things we would do
(私たちが夢見たすべてに思いを!)

Those were the days my friend
(友よ、そんな時代があった・・)

We thought they'd never end
(それは決して終わらない。私たちはそう思っていた)

・・・・・・・・

1968年。メリーホプキン、18歳の曲である。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2015年1月30日 (金)

日没まで



乱暴者でおこりんぼのAちゃんにいっつもくっついてるボク。
Aちゃんの顔色ばっかりみて、ペコペコしてるって思われてるけど
ボクには浅い考えがあるんだもん。

でも、やっぱりお調子者だな。

なんで、あんなところに行っちゃたんだろ。
調子に乗ってたとしか言えないよね。

だから、あんなことになっちゃったんだ。

家訓に背いて・・まあ守る気なんてないんだけどね。
あんなこと、言ったり、やったり してたら
そりゃ、あっちの人はAちゃんと同類項だって思うよね
「敵だ!」って。

ボクちゃん回らない舌でAちゃんと同じこといってるね。
「テロに屈しない」って

テロってAちゃんとあっちの過激な人との問題じゃないの?

それって、ボクはテロの標的って認めてることね。Aちゃんと一心同体だから標的でも当然って・・素っ頓狂な覚悟だわね。

どゆこと?

「テロに屈しない」って身内の命を見殺しにするってこと?

ボクちゃん。あなたのお仕事はね、人(少なくとも身内の)の命を守ることだよ。

それに比べりゃヨルちゃんはヤル子だね。
ボクちゃんみたいに、Aちゃんにお伺いばかり立てているんだと思ってたけど、そうじゃなかったのね。

皆がワーワーいうからって言うのもあるんだけど、ちゃんと「自主外交」ができるんだね。

ボクちゃんちの人は馬鹿ばっかだからワーワーも言わないよ。
長い間、へ~こらへ~こらやってきてるから、考えを持っていないんだ。
だから、ボクちゃん、勘違いしてるんだけどね。

あ~あ。なんだか疲れちゃった。

ボクちゃんが家訓を変えたいんだってさ。

みんながわ~わ~言わないから好き放題できるって思ってる。
どうせ絵に描いた餅だからって思ってる。

情けないねえ。
今、命が晒されているのは、ウチの子なんだよ。
ヨルちゃんまかせ?

情報収集に努めている・・ボクちゃんのツレの言葉・・
泣けてくるよ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2015年1月29日 (木)

早くこいこいお正月



やったよ。やりましたよ。
宿題できました。
お昼までに郵便局に持って行く(いまどき古風でしょ?)
30日締め切り。どうだ!文句があるか!

達成感?

   無い

実は二日前に書き終え「余裕のよしこさん」をしていたのです。
な~んか気になり、よ~~く見たら

言われていたボリウムの四分の三でまとめていたよ
アホ・ばか・アホ・ばか!
おたまのばっきゃろ~~~~~

慌てましたがな。泣きながらあとの四分の一増築ですがな。
しかもいい加減な仕事。

これ、読む人が読んだらすぐにバレバレなんやろね。
ええねん。これがあたいどす。

済んだことは振り返らない!(都合の)いい性格や。

ということで、一割ほどスッキリしていないけど
まあ。よかよか。

秋鹿の一升瓶抱えて、粕汁食べながら、奈良漬をつまみに、酒蒸しまんじゅうを思いっきり食ってやる!

悪夢の一月が終わった。終わりましたよ。

今日は旧暦12月10日。もうすぐお正月ですね
うれしいな。
お正月は「新月」なんです。ZEROの日ね。
今年は新暦1月19日か?
あ~~。おたまの今年は「朔」からスタートだぜい。

意味不明なこと言うてますか?
いいんです。もうすぐお正月だから。

年を改めるんです。あらたま。あたらしいおたまです。

更に、わけのわからんこというてますか?
いいんです。

早く来い来い お正月

110_005

(次男坊殿下・明星氏。小学5年生のお書初め)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2015年1月28日 (水)

座禅草(ザゼンソウ)



イサオちゃん(73歳♂)の歯が抜けた。
しかも、二本同時に・・・。
もちろん、乳歯ではない。
ご本人大ショックらしいです。

「良かったやん歯医者に行くのが一度で済んで

こういうと、イサオ氏は感に堪えない面持ちで
「おたまちゃんって、ほんまにプラス思考やなあ・・。そんな風に考えてもいなかった。」

「前から一度聞こうと思ってたんだけど、なんか心理トレーニングとかやってる?それか、宗教とか・・・」

でへおたま教の教祖なのだよ

そう言えば昔むかし、ごく限られた場所のごく限られた人に「ひまわり」と呼ばれていた。

実は「ひまわり」なんて好きではない。
どちらかといえば、湿地にじめじめと咲く花が好きだ。

M


ひまわりかあ・・向日性の女・・

自分では気づかないけど、お日様のほうを向こうとするのは、習い性というか性分というか・・・、物事悪く考えられへん。
アホやがな

起きたことは全ていいこと。
と思おうとしているフシがあるかもしれない。

この歳だから、色々なことがあった(はず)
母は自分の人生小説になると言ってたけど、娘もしかり。ただ「誰が読むかい!」と思う。
人は他人の人生にさほど興味がないものだ。
人を恨まず、人のせいにせず。
そうありたいものです。

なんて、ちょっとエエ《》書いてますが・・

かなり早い段階で「余生」を迎えてしまった。
夫の親、自分の親を見送り、夫まで見送っちゃった。
子ども達は自立した。

子や友は私の今を「大変な事済ませてきたご褒美」
と、言ってくれる。

そういう事にしておいてもらおう。

N

 

人の魅力はその多面性にある。
善をおこなう裏で悪事を働く。
両方持ち合わせているのが人間

 

って池波正太郎さんが言ってなかったっけ?

 

「ひまわり」って呼ばれるのも嬉しいけどジメッとした花のほうが好きだな。
隠微だしね。
あ。淫靡じゃないですよ。ぷぷ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2015年1月26日 (月)

やっと初おでかけ・初買い物



久しぶりに大阪に出ました。
今年初めての「都会」です。
しかも、難波

キタの女王・おたまにとってミナミ・難波はワクワク感満載です。
でも、病み上がりだから、二時間の用事だけ済ませて
梅田(キタ)へ戻りお買い物をして帰ってきました。

ぐっ坊のお洋服を買いました。
もちのロン。バーゲン価格のさらに30%offってやつです。

お店は決まっているので、迷うことなく直行
これは、彼への誕生日プレゼントでございます。
もうすぐ3歳です。
おもちゃより実用的でいいでしょ。親御さんが喜ぶ。

それにしても、デパートのお菓子やお惣菜のフロアーって大混雑ですね。
すごい行列が何ケ所か。
並んで買うほどのもの?!(商品名は言えないよ

夕食用に穴子の握りを一折と
お楽しみ用に金鍔(きんつば)六個を購入。

アチクシ、お子ちゃまだから、一人で外食って出来ないんです
家で食べるのが一番おいしいし・・
よく知っているお店か、余程でないと一人で食事を済ませることはありません。

Dsc04238

電車の前に座っていらっしゃるお嬢様は、黒髪に真っ赤な口紅が美しい。
白いハーフコートに千鳥格子のタイトスカートに黒タイツにパンプス。
年が明けると、何気に春っぽいんですよね。
特にお嬢様方。

この日のおたまの出で立ち。
明星氏が贈ってきた帽子に手袋。ブーツにボンレスハムみたいなダウンコート。

風邪が治ったばかりの山奥から出てきたおばちゃんやね。
しかも・・ブーツイン

今どきブーツインなんて、魚屋のオッチャンでもしないってお洒落なトシちゃんが言ってたっけ・・
そう言えば、最近みかけないです。
どっひゃ!時流に乗れないおたまさん。

トシちゃんに言わせると「お洒落はやせ我慢」だそうです。

おたまも、やせ我慢してコートの前を全部開けて春色ストールを見せてるねんけど・・!
でも、前の席のお嬢様のような薄着はムリムリ。

ま。いいか・・お嬢様じゃないし。

自分はイヤだけど人の薄着はいいもんです。
気分が明るくなります。

久しぶりの外出。
綺麗な人いっぱい見たし
やっぱりいいわ元気がでました。

(今日のお花)
Dsc04236
チューリップ/恋の宣言

スカピオサ/魅力

かすみ草/清い心

レザーファン


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2015年1月24日 (土)

こっきり



家じゅうの窓をあけて思いっきり掃除をしました。
お正月からもわ~~~っとした家の中だったのです。

「ああ。こっきり掃除したからスッとしたわ」

おばあちゃん(母の母。生きていたら112歳)がよく言っていました。

この「こっきり」が解らないって言いますねん。ガチャピンが。
「こっきり」っていいませんか?

WEBで調べたら(デジタル大辞泉)

[副]かたい物が突き当たったり折れたりするときの音を表す語。また、そのさま。ぽっきり。
[接尾]数詞に付いて、物事がそれだけで終わって、あとが続かない意を表す。(一回こっきり)

と、あります。

ふ~む。解せん

家の辞書で調べてみました。

Dsc04241

旧仮名・文語が充実しているので愛用している「旺文社」
見坊さんの「三省堂」
頼みの綱のあの「新明解」も・・

腑に落ちるものではありません。

どうも、語源は「かっきり」らしい。それもあいまい。
「接尾語」「副詞」「助詞」・・分類もファジー
新明解では「口頭」と分類されています。
いやあ・・さすがユニークです。
「雅」「古」「口頭」「俗」「卑」とおおまかに五種類の位相に区分してあるのです。

其の中の「口頭」・・・・って????

で、もいっぺんパソコンを開いて調べたら、

 

ありましたがな
「副」ひっそり。すっかり。   
             「あとは-静かになりぬ/自然と人生 蘆花

 

三省堂・大辞林第三版

おばあちゃんやその時代の人は「すっかり」という意味で「こっきり」って使ってたんやわやっぱり・・・・

この二・三日
こきりこ節でもなければ、どっきりでもはっきりでもない
まして、これっきりでもなく
「こっきり」のことを考えていました。

暇か?
うんにゃ。暇ではありません。

他に考えることがありませんねん。
ウソ。考えなあかんことを考えたくありません。

今はとりあえず、頭の中はゆるゆるです。
病み上がりだからね。
「こっきり」の事くらいしか考えてません。
M_2

ちなみに

あたしの脳内は
こうだ!そうです。

 

いやん。こんなの・・・

 

ああ。宿題ですか?今のとこ、まだ余裕
(ぶっこいてていいんですか!)
頑張りまする。辻褄は合わせるつもりだす。

こっきりもすっきりしたことだし。

 

Dsc04242 Dsc04243

裏表紙に「五年二組 おたま」って名前が書いてあります。
たぶん初めて買ってもらった辞書でしょうね。
編者(金田一京助)のことば として

「今日の民主的な社会では、ことばによる通じ合いということが、きわめてだいじなことになってきました。・・中略・・ことばの混乱がはげしくなってきたといわれています・・」

とあります。

言葉は生き物。
「こっきり」は使っておこうと思います。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2015年1月21日 (水)

出直し今年。リセットしました。



さあ。風邪も治ったし・・
笑うてる場合と違います。

昨日はやんごとなき用事で出かけたけど・・
今日からは
Tバック(してへんけど)締めなおして頑張ります。

頑張るって・・・宿題でんがな・・うぇ~~~~ん

1週間延ばしていたワイン会を、結局中止にしました。

断りの電話を入れると、ホッとするのね。
相手は中止でいいよ。いいよって言ってくれるけど、なんだか悪い気がして・・。

トシチャン
   (風邪ひきは)おたまちゃんが、悪い
    自業自得・身から出たさび・因果応報
   当然の報いで自爆した
               
・・・っていうのよ

生死の境を潜り抜けた病み上がりの人間に向かって・・・
し・・しどい・・・と思いませんか?

Dsc04235
3日前、平凡氏が来てくれ
目が覚めるとベッドわきに供えてあった。
線香は(まだ)立っていなかった。ふ。


だいたいやりすぎやねん。
お正月ずーっと来てはったんやろ。
そら、疲れるわ。
息子さんにちゃんと言わなあかんわ「あんたらのせいで風邪ひいた」って。
お嫁さんもお嫁さんやわ。甘えすぎやわ。
おたまちゃん、もう若くないってちゃんと言わなあかんわ。

と、まくしたてる。
ちょっと、最後の一言がひっかっかるけどね

トシちゃんちのお正月は。
キャリアウーマンの長女は帰省せず。
在阪の長男夫婦×孫2は半日の挨拶のみで引き上げたそうです。

ウチの子ら、自立してるねん。
おたまちゃんも、そうせなあかんよ。
身体が持たないわ・・・。
若くないんやから・・
(それを言うな~~!)

そうやなあ・・・トシちゃんの意見。参考にさせてもらうわ。

トシちゃんって強烈な姑です。
「貴女とは二度とお目にかかることはないでしょう」とヨメに啖呵を切ったことがある。

あまりにもひどすぎてここには書けない( ´艸`)プププ
あんなこと・・・やこんなこと・・・をヨメに言ってる。
しかも面と向かって。(満点大笑)

それを聞いたときは皆でトシちゃんを罵倒し倒した。
「トシコ!サイテー!」って。

それでもお嫁さん。トシチャンに適度に合わせて付き合ってるから、偉い。

そんなトンデモナイ喧嘩を売りながら、トシちゃんなりに気を遣ってる(どこが?)のも知ってる。
基本。いい人なんだだから、友達なんだけど。

ちょっと、「無理」してたかなあ・・

色々、なんやかんや・・

大きな、お世話やったかなあ・・
で、「無理」というブーメランがグワ~~ンと戻ってきたのかなあ

あかん。おたま弱ってるわ。心身共に。

いや。いや。ただの風邪やったんやって!


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (13)

2015年1月17日 (土)

1月17日の記憶



人間の可聴域外のところで何かが起きている様な不気味さ。

あの朝。
地震直後の異常な静けさを忘れることが出来ません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   (以下、2011.1.17のブログ記事より転記)

1月17日。
あの朝の静けさを、覚えています。

大地も人も静まり返った地震(なゐ)の後。

全てが沈黙してしまう。
そのような天変地異でした。

 信号も街灯も消えた真っ暗な道路。
「闇」というものを初めて知りました。

 悲しんだり、嘆いたりは、ずっとずっと後になってからです。

皆、闇の中をただただ歩くだけでした。

  

 「飯握る熱き手のひら阪神忌」 おたま

闇の中に光があるとすれば、それは「人」です。
人は人の為に「動く」ということを知りました。

今日は、6434の御霊と、それに連なるたくさんの方々の安らぎと幸せを祈りたいとおもいます。

Dsc02431動画にあるように、「水は命」であることも知りました。

誤解を恐れずに言いますと 
阪神大震災にただ一つの救いがあるとすれば、それは「天災」だったということです。

Dsc02434

今、先の見えないフクシマの事を考えるとき、この20年。神戸・阪神の人達の復興へ向けた頑張りを讃えると同時に「頑張ることすら出来ない」現実に暗澹たる思いです。

Dsc02435


・・・・・・・・・・・・・・

阪神淡路大震災から三日目くらいに出社しました。
我が家はまだ、ガスが止まっていました。
電車で40分も行けば神戸とは全く違う「日常」があるのが不思議でした。
阪急梅田の神戸線や宝塚線ホームはスーツ姿にリュックという震災スタイルのサラリーマンで溢れていました。

会社のビルはエレベーターが一基を残し全て停止していました。

オフィスは確か18階か19階だったと思うのですが、後ろからやって来た同じ編集部のM美ちゃんに「階段でいきましょう!」とせっつかれ・・
死ぬかと思いました。
職場は書籍が多く、本棚がことごとく倒れ砂塵が舞っていました。

組織の力は凄いと思うのですが皆でてきぱきと社員・社員家族の罹災者リストを作り
寮やホテルの手配をしていました。
ところがウチのメンバーKちゃん(♂)の連絡がとれません。
彼は西宮でご両親と同居。被災の被害の大きかった所です。

数日後、ドロドロの真っ黒クロスケのやつれ顔で現れたときは皆喜んだものです。
家屋の下から何体ものご遺体を運び出したとあとで聞きました。

思い出すと、いろいろ辛いのでこの辺にしておきます。
気が向いたら、ボランティアのことや、その朝、咄嗟に取った行動なども書いておこうと思います。

おたま、たぶんこの時の職場のホコリがきっかけだと思うのですが
この年から7年間ほど「花粉症」になりました。

あと、神戸ルミナリエ・イルミネーションですが
なぜ1月17日この日に合わせて行われないのかなあと前から疑問に思っています。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2015年1月16日 (金)

風邪あと少しってところ。



風邪ひきを自覚してから12日目に突入。
思えば、今年のブログ、風邪の事しか書いてへん

今朝は36.9度。
熱の花が出現。

相撲取りのしこ名でも無ければ、「情熱の花」でもない
正確には「口唇ヘルペス」というそうです。

上唇に集中。
ヒアルロン酸注入しなくても「熱の花」で十分だな。
なにが?って・・
ブリジッドバルドーばりのめくれ上がったセクシーな口元のことさっ。

あと、咳が少し残ってます。

いっこちゃんの強力カンフル注射のおかげで
急激に熱が下がりました。ありがたう

結局、病院へは行かないままです。

基本、病院が嫌いですねん。びびりやから・・
インフルだったのなら発症(発熱)48時間以内に処方してもらう必要があるそうです。
そんな時、病院に行く元気な人をみてみたいもんだ。

厚労省もいうてます。
  インフルエンザはそのうち・・・・・治る

でも、おたまの場合、はインフルではなかったと思う。
ちょっと。無茶してこじらせた

無茶な顔の証明写真になって、無茶して動いた。

傘地蔵さんが雑誌とお蜜柑を置いていきました。

Dsc04233

写真を見てるだけで楽しいです。
Dsc04234_2
「女正月」かあ

ワイン会はやっぱり中止だにゃあ。

よかよか。
旧暦で生きる女にとって
「女正月」はまだまだ先だ。

心当たりのお地蔵さんへ電話を入れたら
「私じゃない!へ?おたまちゃん風邪ひいてるの?」

ということだった。

お蜜柑だから・・てっきり・・・

ん~~もう・・また風邪の宣伝をしちゃったではございませんか。

いったい、どこのどなたでせう・・
傘地蔵。名乗りいでよ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2015年1月10日 (土)

世は情け巨大な苺



風邪を引いた。風邪を引いたって宣伝して回ってるわけではないのですが
スター(わいのことや!)のプライベートって漏れちゃうのね

って、ほんまは約束をキャンセルしたから知られただけですけどね。
で、

新聞を取りに行ったら玄関に
もち、ねぎ、くだもの・・・・

傘地蔵さま に違いねえべ・・・

持つべきものは葛根湯を飲み尽くすヨメより、老体相哀れむ友人です。

餅。しかも海老もちまで入ってる。風邪の見舞いに「餅」渋いぜ!
Dsc04231


丁寧に味付け海苔まで入ってました。
しかも、期間限定10%増量バージョンです。

 

おおきに。
おおきに。

 

わたし、餅は安倍川やねん。だから海苔も入れておいたで・・・って
「安倍川」はきな粉でしょうが。
それも言うなら「磯辺焼き」ではないですか?
きっと、わたくしの病に動転したんだあ~と涙ながらにメールを読む。

ありがとうごぜいます。お地蔵様。

Dsc04230

りんごと、ポンカンと苺も入ってた。
ポンカンって美味しいのね。
Dsc04232


いちごは
「紅ほっぺ」

 

わたくし、38年生きてきた中で出会った最大のものでございます。
わかりやすいようにサロンパスを置いてみた。
余計わからん?

早速計測した。
7.2×5.8×5.2

姫のおちょぼ口にどうしたら入るのでございませうか。
傘地蔵様ったら・・。

皆さまの暖かいご声援を背に受けて
不肖・おたまこの難局を乗り切って行く所存でござります。

あと、「ねぎ」(写真なし)を首に巻けっていうんだけど
その場合蝶々結びにするのかしら・・

とりあえず、苺ひとくちで食べて今日はもう寝ます。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (10)

2015年1月 6日 (火)

年頭所感・ゆずのことなど



まったく頭にきたので
植えてやろう
と思っています。

ゆずですがな。
草食系の男子デュオのこととちゃいます。
「柚子」です。

年末。スーパーで¥298もしましてん。
腹が立つから計測してやりました。
直径7.1mmでした。7.1φですよ。
 

馬鹿にするな~~!責任者出てこい~~!
柚子農家。どんだけ儲けたら気が済むねん。

だから、今年は絶対に植えます。
そして、売り歩く。

But バット 黄金バット

柚子って成長が遅いそうですね。
「柚子の大馬鹿18年」というそうです。

18年も生きてるやろか・・・
美しい花のままで・・・

↑自分のことです。

N_2

一月はいぬる
二月逃げる
三月去る

と申しますが
一月早々からなにやかやスケジュールがつまり、気持ちが落ち着きません。

また。月末締切で宿題をもらいました。
もう・・・いやや・・・

今度は原稿用紙40枚です。
林芙美子や無い!
っちゅうねん。

あと
運転免許証の更新に行かんとあきません。
証明写真撮ってきました。

あれ。間違ってますね。
あれって、カメラのことです。

ブサイクに写りますねん

「そんなはずはないやろ・・」と思って、撮り直しました。
二回まで取り直しができます。

おんなじ顔でした。

信じられんです。

あなた様にはお分かりになりますか?
現実を突きつけられた時の絶望感が・・・。

あと、18年もこの顔で生きるのかと思うと泣けてきます。
いや。そうは言っても「柚子」には負けたくない。

おたまね、若い頃、あご先がキュッと尖って
ほんま、キョンキョンみたいでしてん。
キョンシーと違いますよ。小泉今日子ちゃんです。

人に言われたことはありません。自分でそう思ってるだけです。

それが、今や輪郭がズブズブで

柚子 みたい・・・

こんな年になって。まさか柚子と勝負することになろうとは夢にも思っていませんでした。
今年も頑張ります。よろぴくお願いします。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (13)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »