« 風邪あと少しってところ。 | トップページ | おじ様の愛 »

2015年1月17日 (土)

1月17日の記憶


baseballbaseball


人間の可聴域外のところで何かが起きている様な不気味さ。

あの朝。
地震直後の異常な静けさを忘れることが出来ません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   (以下、2011.1.17のブログ記事より転記)

1月17日。
あの朝の静けさを、覚えています。

大地も人も静まり返った地震(なゐ)の後。

全てが沈黙してしまう。
そのような天変地異でした。

 信号も街灯も消えた真っ暗な道路。
「闇」というものを初めて知りました。

 悲しんだり、嘆いたりは、ずっとずっと後になってからです。

皆、闇の中をただただ歩くだけでした。

  

 「飯握る熱き手のひら阪神忌」 おたま

闇の中に光があるとすれば、それは「人」です。
人は人の為に「動く」ということを知りました。

今日は、6434の御霊と、それに連なるたくさんの方々の安らぎと幸せを祈りたいとおもいます。

clover

Dsc02431動画にあるように、「水は命」であることも知りました。

clover

誤解を恐れずに言いますと 
阪神大震災にただ一つの救いがあるとすれば、それは「天災」だったということです。

clover

clover

Dsc02434

今、先の見えないフクシマの事を考えるとき、この20年。神戸・阪神の人達の復興へ向けた頑張りを讃えると同時に「頑張ることすら出来ない」現実に暗澹たる思いです。

Dsc02435


・・・・・・・・・・・・・・

阪神淡路大震災から三日目くらいに出社しました。
我が家はまだ、ガスが止まっていました。
電車で40分も行けば神戸とは全く違う「日常」があるのが不思議でした。
阪急梅田の神戸線や宝塚線ホームはスーツ姿にリュックという震災スタイルのサラリーマンで溢れていました。

会社のビルはエレベーターが一基を残し全て停止していました。

オフィスは確か18階か19階だったと思うのですが、後ろからやって来た同じ編集部のM美ちゃんに「階段でいきましょう!」とせっつかれ・・
死ぬかと思いました。
職場は書籍が多く、本棚がことごとく倒れ砂塵が舞っていました。

組織の力は凄いと思うのですが皆でてきぱきと社員・社員家族の罹災者リストを作り
寮やホテルの手配をしていました。
ところがウチのメンバーKちゃん(♂)の連絡がとれません。
彼は西宮でご両親と同居。被災の被害の大きかった所です。

数日後、ドロドロの真っ黒クロスケのやつれ顔で現れたときは皆喜んだものです。
家屋の下から何体ものご遺体を運び出したとあとで聞きました。

思い出すと、いろいろ辛いのでこの辺にしておきます。
気が向いたら、ボランティアのことや、その朝、咄嗟に取った行動なども書いておこうと思います。

おたま、たぶんこの時の職場のホコリがきっかけだと思うのですが
この年から7年間ほど「花粉症」になりました。

あと、神戸ルミナリエ・イルミネーションですが
なぜ1月17日この日に合わせて行われないのかなあと前から疑問に思っています。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 風邪あと少しってところ。 | トップページ | おじ様の愛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

忘れてはいけない日です。1日中胃と少し上の方の痛みが取れぬまま日が代りました。祈ることしかできない1日でした。

投稿: おけい | 2015年1月18日 (日) 01時36分

忘れもしません、日の丸の前でアナウンサーが何やら興奮して話してます、画像は一切ありません、しかも私はその国の言葉は全く解りません。何がおきてるのか解らずに気になりながらも寝ました。翌朝友人が今すぐテレビを見て日本に爆弾が落ちたみたい、と言って来ました。何が何だか解らず地震とわかったのは間もなくです、信じられない光景でした。ただただ涙があふれ心臓がドキドキ、足がガタガタ震えました。あれから20年、忘れることの出来ない年月ですね。そうですか裏側と言ってはいけないんですね、反対側ですね。一つ賢くなりました、ありがとうおたまちゃん!

投稿: パコちゃん | 2015年1月18日 (日) 09時47分

baseballおけいさん
20年経ってもニュース映像などを見ると涙がでます。
あの時の空気感は忘れられません。
とにかく、静かだった、物音が何一つしなかったというのは、みんなが口をそろえて言います。
20秒のあの瞬間で何かが大きく変わった気がします。個人も社会も。
自分自身の命運も20年ったった今思えば
「あの時」から変わった気がしています。

baseballパコちゃん
遠く離れている人が救援に駆けつけたり援助の手をさしのべてくれる。
それって・・何だろうって思います。
悲しみの想像力が優しさを産むのね。

神戸の事(阪神大震災)は皮膚感覚で解るけど、東北の事は頭でしかわからない。国内に住んでも、想像力を働かせないから優しくなれないんだと思います。
人間力が低下してます。日本人。
深く反省。

投稿: おたま | 2015年1月19日 (月) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風邪あと少しってところ。 | トップページ | おじ様の愛 »