« 再婚話 | トップページ | クリスマスがガヤガヤと来る。 »

2014年12月21日 (日)

高倉健・旅の途中で・その2


baseballbaseball


ニッポン放送秘蔵音源「旅の途中で」は1996~2000の5年に渡り、年に一回放送されました。
「プライベートなことをラジオで初めて話した」という
題名通り旅先での台本のない一人語りです。

なぜその番組を引き受けたかという健さんらしいエピソードも第1回の番組冒頭に語っておられます。

clover

夫ひっちゃんが高倉健さんの熱狂的なファンであったことは少し前に書きましたが、彼はもちろん「東映・任侠映画」における「高倉健」の魅力に痺れていたわけです。

おたまは、また年齢を疑われそうですがませた子どもだったので
もっと以前の「美空ひばりの現代劇の相手役」としての高倉健さんの記憶があります。
ひばりさんはご自分の気に入った俳優さんを相手役に指名できる立場にあったのでしょう。
高倉健さんはよく出ておられたように思います。
それが、3人娘と言われた江利チエミさんの思い人になるのだから不思議です。

はなしがそれますが
ひばりさんの最初の恋人と言われた小野満さんはもともとチエミさんのボーイフレンドであったそうです。
何かのパーティーでチエミさんが連れてきた小野さんをひばりさんが気に入られたとか。

(昔、評伝をよく読んでいた時期がありました。芸能関係ばかりじゃないですよhappy02。上の話は「清川虹子さん」の評伝に書かれていたものです)

ついでに、
高倉健さんがチエミさんにアプローチをしていたころチエミさんには好きな人がいました。
誰だとおもいます?って知らないわよね。
内藤法美。ピアニスト兼作・編曲家でありのちに越路吹雪さんと結婚されました。
清川虹子さんは「こーちゃんに勝てっこないわよあきらめなさい」と高倉健さんとの結婚をすすめたと本にありました。「望まれて結婚するのが一番のしあわせよ」って。

clover

話が滅茶苦茶それてしまいました。

ラジオの中で「うまくいかなかったことが多かった」「男と女」の話をされています。

ご自分を「惚れっぽい」といい共演した女優さんはみんな好きになって
ゲストの薬師丸ひろ子さんには、当時中学生の彼女がいつもくっついてくるので中野良子さんと「不思議な関係」になれなかったとか
違う回ではゲストの小林稔侍さんの質問に答えて、女優・永島暎子さんの部屋に入れてもらえずドアチェーンの隙間から寿司折を渡した話だとかを楽しく語っておられました。

これらはもちろん冗談の範疇ですが
高倉健さんの「人(たぶん女性)を思うという」話には胸を打たれました。
ここまで胸の内を語られるのかと意外にも思いました。

うさぎのおまもり。それはある人からのお土産なのですが
健さんはそれをとても大事にします。信じられない方法で・・
「人を思うということはその人の人生を愛しく思い大切にしていくこと。めめしいようだが・・宝石のようにキラキラした・・人間の胸の奥に秘めた・・(それが)人が人を思う強さ美しさ」だといわれます。

そして「大切な人こそ深く傷つけてきたような気がする。そのことで自分も傷ついてしまう。
のめりこんでいきそうな人には遠ざかって思いだけを・・キラキラした(思いだけを)ずっと持っていたい。卑怯なんですがね・・・」

と語っておられます。

clover

青字部分できるだけそのままの言葉で載せましたが伝わりきらないですね。
ま、おたまは、この(うさぎのお守り)話。ジンときました。
葉隠れ」かいっ!と突っ込みながら・・

大事な人ほど傷つき傷つけあうというのは良くわかります。
でも、遠くから見てないで

     Stand By Me ! 

だわよね(個人的な希望)。

clover

おたま、本当に年齢誤魔化してません。
記憶力がいいだけです。

1958年(昭和33年)の紅白歌合戦を覚えています。
皇太子ご成婚パレードを見るためにおたまんちにテレビが来たのが翌年の事なのでこの紅白歌合戦は「林のお婆さん」の家で見ていると思います。
林のおばあさんの甥の子にあたる、おたまのケンカ相手のYゆき、Yあき兄弟や近所の人も一緒だったでしょう。

舞台には幕が下ろされ下手のマイクの前にチエミさんと男性アナウンサー(高橋圭三さんだったのかしら)。そして舞台上手から高倉健さんが現れました。
紅組の応援に駆けつけたのです。
この時の会話の内容は覚えていませんが、舞台の下手に去っていく健さんをチエミさんが「ダ~リン」と呼んで追いかけた光景だけはよく覚えています。
この時のチエミさんの歌は「さのさ節」

あの人は~初めて わたしが~ 惚れたひと

お二人は翌年2月に結婚しておられます。

江利チエミさん。

底抜けの明るさの奥に悲しみを持った人。
青空のような・・・
という印象があります。

clover

寡黙だった人の事をペラペラ(?)書くのもどうかなあ・・
と思ったのですが
ひっちゃんにお話してあげるつもりで書きました。

ロマンティストでっしゃろ???


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 再婚話 | トップページ | クリスマスがガヤガヤと来る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再婚話 | トップページ | クリスマスがガヤガヤと来る。 »