« やっぱり腹が立っている | トップページ | 奇跡のオーロラショー »

2014年12月 5日 (金)

毛糸編む



「冬構え」という季語があります。
冬の寒さに備えて家の周りを囲ったり、目張りをしたり・・

温暖なこの地域では、これと言ってそれらしい風景をみることは少ないです。
松の木などの雪吊りや立派な木に菰(こも)を巻くのも「冬構え」の一つです。
それでも・・

少し散歩をするとこんな風景にも出会います。

 「冬構へ軒に割木の口揃へ」 おたま

外の様子である冬構えが冬の季語であるのに対して
家の内でする「冬支度」「冬用意」は晩秋の季語になっています。

Dsc03958

我が家でもホカホカのカーペットを出してきました
Dsc03959
クッションカバーも毛糸に変えて・・

Dsc03960_2


Dsc03961

ひざ掛けも出しました。

母は毛糸を編むのが好きでした。
小学生のころ知らない先生に「貴女はいつも可愛いセーターを着ているね。お母さんに編んでもらうの?」と声を掛けられました。

子ども心に誇らしかったのでしょう。
そのことをいつまでも覚えています。

晩年は写真のような単純な物ばかりを編んでいました。
今使っているベッドカバーも母の作品です。

   「毛糸編むばかりの母となりにけり」
   「くさめしていよよ小さく母おはす」
 おたま

母のもろもろを出してきて、我が家の冬用意は終わり。
「毛糸編む」も冬の季語です。

Dsc03962


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« やっぱり腹が立っている | トップページ | 奇跡のオーロラショー »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

お母様に編んでもらったセーターって本当に可愛らしいい物だったのでしょうねえ。 ”目”が几帳面な感じが致します。私の母は自営業で働いていて、せいぜいミシンで縫うくらいでした。

投稿: アンヘラ | 2014年12月 5日 (金) 23時53分

アンヘラさん
既成服という言葉がわざわざあったくらいだから、昔の人はなんでも自分で作っていたのでしょうか。
母はアメリカ編みなので見様見真似で私も右手に糸を掛けます。
フランス編みのほうが合理的だとおもうけどもう変えられません。

投稿: おたま | 2014年12月 6日 (土) 10時00分

私の母親も、冬になるとやかんの蒸気で毛糸を伸ばし(父が蓋のところにつける伸ばし器をはんだづけしてブリキで作りました)、それをぐるぐるまいて、なんどでも体が成長する子供たちにセーターを編み直してくれました。もっと以前は戦後すぐのころ、アンゴラ兎を飼って、それを毛糸にして私の姉の小さい頃着せたそうです。
昔の人はすごいですね。
真似できません。
おたまさん、編めるだけでもすごい!

投稿: campus cat 55 | 2014年12月 6日 (土) 11時35分

母も古いお鍋で毛糸を蒸したり、染め直したりして編み直していました。
毛糸玉にしたり、ほぐすのに両手を貸しましたっけ。。。。懐かしいです。

「くさめしていよよ小さく母おはす」
おたまさんはお母さんがいらっしゃるのですね。
亡き母に会いたくなりました。

投稿: 熱烈 | 2014年12月 6日 (土) 20時10分

私の母もよく毛糸でセーターやパンツを編んでくれました。
私は心待ちにして出来上がったセーターを来て町に飛び出していく元気な子でした。
その時の印象が強かったので子供が小さい時は私も編み物をよくしました。
どんなデザインでどんな色で等と考えてひと針ずつ炬燵の中で編んでいく事が好きでした。
今は少々老眼になってきたのか細かい物を見るのが億劫になってきました。

投稿: スマイル | 2014年12月 7日 (日) 09時59分

campus cat 55さん
お母さんもすごいけどお父さんも・・
昔の子は何でもやってしまう両親を見て育ったのですね。親はすごいなあって思いながら。
兎を飼うところからだなんてターシャテューダの世界のようですね。

熱烈さん
母が亡くなってもうすぐ3年になります。
句は昔のものです。
母がこの世に居たことも遠く遙かな事のようです。
いつ亡くなったんだっけ?って昔のブログを見に行くような親不孝者です

スマイルさん
本当にそうですね。子どもが小さくて、すごく忙しかったのに、こまめに手仕事をしていました。
着せてやりたい対象がいて、なによりも「目が良かった!」
根気が無くなったのかしら・・
チクチク。小さなことするのってたのしいですよね。
この冬。がんばろうかな・・

投稿: おたま | 2014年12月 7日 (日) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱり腹が立っている | トップページ | 奇跡のオーロラショー »