« きみの瞳に恋してる | トップページ | シンイチがやって来た »

2014年11月29日 (土)

俳句仲間と返り花



二つの句会に参加しているのですが一つはキャッキャッと楽しみながら仲間内で遊ぶところ。指導者は東京在住です。
そのためやりたい放題。自主勉強でがんばっています。

2010_0552010_057


2010_060

もう一つの句会のほう・・・
昨日は宝塚のホテルへ行きました。。
4名の新しい俳句仲間をお迎えしての歓迎昼食会です

先生のご都合でおたま達の句会がその方たちのいらした句会を吸収する形になったものですから、新入りさんといっても俳句は大ベテランの方々ばかりです。

其の中の90歳独居レディが集合時間に見えられません。
家は出ておられるようです。

このあと、いつもの会場で句会をするという予定もありやむを得ず会食が始まりました。

皆さん、気もそぞろ・・・
事故でもあったのかしら・・・
何しろご高齢ですので・・・

場所を移して句会場に行くと、入り口の椅子にちょこんと座っておられました。
句会(例会)は覚えていたけど・・・ということでした。
この時のメンバーの対応がとても優しくて心温まるものでした。

みんな行く道だものねえ。
というか、もうすでに、日にちや時間を間違えたり忘れたりはしょっちゅうの皆さんですから。

他人事とは思えない ( ´艸`)プププ

この方は教師をしておられた娘さんを亡くしておられます。
もう30年も前の事です。

縁とは不思議なもので娘さんの教職時代の同僚で親友とも呼べる人とこの句会で偶然に再会されました。
今では実の娘さんのように仲良くされています。
この日も「前日に電話を入れておけばよかった・・」と悔やまれていました。

「俳句は日記」
続けていれば身辺諷詠を意識せずとも自ずとその人の歴史を刻むことになります。

家族の冠婚葬祭。自身の病気。幸せばかりではない「家庭の事情」も句仲間の知るところとなります。

しかし。それはそれまでのこと。
立ち入らないし詮索しない。
事情を共有することで相互の思いやりも生まれます。

句会の人達ってハード面は何も知らないんだけどソフト面は深く知り合っている。
そんな気がします。

月に一度、そこに行けばその人たちに逢える。
この句会はそのような場になっています。

 「返り花会ひたいと言ひくるる人」 (A子さんの句)

この日の兼題は「返り花」
「帰り花」とも書きます。
春に咲くはずの桜やサツキの花なのに
思いがけない今の季節、出会うことがあるでしょう?

それらは春の誇らしげな咲きようではなく、小さく淡く咲いています。
これを「帰り花・返り花」といいます。
どんな花にも・・たとえば雪柳や野山のイヌフグリなどにも「返り花」を見つけることが出来ます。

とても趣のある季語だと思います。
若い日に培った友情とはまた違った句仲間とのお付き合いのように。

この日のおたまの「兼題も」だしておきませうかね。
蛇足?いいからいいから。

 「廃業の今朝の更地に帰り花」 おたま

地元のガソリンスタンドが遂に店じまいです。寂しいな。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« きみの瞳に恋してる | トップページ | シンイチがやって来た »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

おっ(*'▽')たまオバチャン↗(←語尾を上げて言ってますぅ~~(*´▽`*))こんばんわぁ~。。
「廃業の今朝の更地に帰り花」この句いいね♡♡♡

昔を想い出して、なんとなぁ~く・・ホッとしてるわ・・昔、貧乏OLだった頃ね、近所に住む独居老人が亡くなって、遠くで暮らしてる息子夫婦がその家を壊したんよね(←この情報はアパートの大家さんからやけど)、ある日、ハイビがアパートに帰ってきたら、ご老人が住んでた家屋やら大事に育ててた花々もろとも解体業者がぜぇ~んぶ根こそぎやで❢抜いてったんよね。ご老人の好きだった花は多分コスモスだったo○。。ハイビな、そこん家の前(更地・・)通るたびに、なんか寂しくなってね、その更地に(当時「さかたの種」1袋80円の)コスモスの種を10袋分・・夜中にまいてやった❢
そしたら、翌年の夏が終わる頃に満開❢❢コスモスが咲いてるやないのん~(*´▽`*)あっはは。
で、それから2年間はそのまんまやったけど、3年目頃かな?アパートが建ったんよね、でもな、そのアパートの玄関先には秋になると何故か・・・コスモスが満開になるん♡きっと、建設会社のお兄さんが(オヤジかもしれん・・(゚д゚)!)群生するコスモスを植え替えてくれたんやろか?って・・・ちゃんと秋に咲くコスモスやから、「返り花」ではないけどね、おったまオバチャンのブログ読ましてもろてたら、とおいと・お~~~い昔を思い出した・・❢俳句っていいね❢(*´▽`*)ありがと。

投稿: ハイビスカス | 2014年11月29日 (土) 19時25分

そう。言われてみれば何で今頃? と驚きでも有るんですけど、”迷子”のようで、「返り花」ってなんかしんみりしますね。

投稿: アンヘラ | 2014年11月30日 (日) 09時28分

ハイビちゃん
おたまの句からいろいろ思い出してもらって有難うございます。
そういう風に読んでもらえるのが一番うれしいです

この世はすべて「常ならむ・・」
無常の中でハイビちゃんが花を咲かせたのね。
良いお話やわ・・。
コスモス莊の住民は誰の仕業とも知らず毎年コスモスを楽しんでるのね。
グッジョブ

アンヘラさん
秋の陽気に勘違いするのですねきっと。
勘違いでもいいから返り咲きたいおたま・・
いや・・もうええか・・

投稿: おたま | 2014年11月30日 (日) 09時41分

返り咲き。。したいです!って私は一度も咲いた事がないから、単に”咲かせたい!”。以前言われましたの。”大丈夫だよ、アンヘラ、<ウバザクラ>の狂い咲きってのがあるから。”と言われました。失礼だわーと思いましたが。。狂い咲き。。してみたいですぅ。

投稿: アンヘラ | 2014年11月30日 (日) 21時02分

アンヘラさん
意欲買います。
( ^ω^)おっおっおっ

投稿: おたま | 2014年12月 1日 (月) 09時15分

ハイビ様 グッジョブグッジョブ グ~ッジョブ! & ポロ~リ

投稿: BB | 2014年12月 2日 (火) 10時49分

BBさん
BBさんって、あのバの字ブリジッドさんでしょうか?
なら・・お久しぶりです。
違うBBさんなら・・はじめまして。

ハイビちゃん(本名ハイビスカスさん)にお伝えすればよいのですね
(^^ゞラジャ
お任せ下さい。

投稿: おたま | 2014年12月 3日 (水) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きみの瞳に恋してる | トップページ | シンイチがやって来た »