« 工場に萌える | トップページ | 意地悪じゃないもん »

2014年11月 5日 (水)

悲しい癖


baseballbaseball


K
奈良公園の秋

 「夕鹿のこゑして帰路を急ぎけり」 おたま

鹿の鳴き声を聞いたことがおありでしょうか?

社家通りの軒先にまで来ていた鹿のそれは物悲しく、
誰かを探しているような・・・そんな夕暮れでした。

俳句で「鹿」は秋の季語になっています。
(年中居るのに!です)
鹿については「鹿の声」や「妻恋うる鹿」が季語の本意とされていますので、やはり「秋」ということになるようです。

clover

独身時代の先輩二人に逢いました。
二人は25年ぶりの再会で、
双方に、たまに出会っているおたまも呼びましょう。ということだったと思います。

仮にAさん。Bさんとしましょう。

・・・・・・・・・・

どちらも素敵な方です。
でも、この日のBさんに大きな違和感を持ちました。

とても、饒舌なのです。
息つぐ間もなく話をされます。小鳥のように歌うように。
Aさんが出した話題を横取りし自分の側に引き寄せて話します。
相手に話す隙を与えないかのようです。
会話がちぐはぐなのです。

Bさんは非常に優秀な女性でした。
聡明で頭の回転がよくて、どちらかというと人の話をよく聞くタイプの人でした。

どうしちゃったんだろ・・Bさん。

clover

帰りの電車でBさんと二人になり、
その話に胸を突かれました。

Bさんは数年前に娘さんを亡くされています。
23歳でした。
生後一か月で病気にかかり、重度の障がいが残りました。
23歳まで生命をもらったのは奇跡であったそうです。

生後2か月で病院から自宅へ戻った時、Bさんはこう思ったそうです。

誰からも・・周りの人、知人・友人・同居していた夫の両親・そして夫からさえも
この子を「可哀想な子」と言われたくないと。

その一心で、色々な人との会話の中で「○ちゃんは小さいのに・・こんなになって・・」という雰囲気になると、必死になって話題を替えたそうです。
全然関係のない別のハナシに・・

clover

25年ぶりに逢うAさんに対して構えてしまったのでしょうか。

帰りの電車ではいつものBさんでした。おたまの話もよく聞いてくれ、心地よい沈黙の時間もありました。

「今日。悪い癖が出たわ。しゃべってばかりでごめんね」

clover

○ちゃんは賢いなあ。エエ子やなあ。
と誰もがそう言って接してくれたそうです。

いつか天国で会ったとき、〇ちゃんに恥ずかしくないように生きると。
○ちゃんは亡くなったけど親の会をはじめとする色々な活動に携わっておられます。

今、夫婦二人になった旧家である広い家を地域に解放できないかと考えているそうです。

・・・・・・

自分の心を守るために身についてしまった「癖」

なんだか切なくて身に沁みる一日になりました。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 工場に萌える | トップページ | 意地悪じゃないもん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日のブログ胸にきゅんと来ました。
私たちのNPOにも障害のあるお子さんをお持ちの方が2人いらっしゃいます。
高齢者宅に伺った時も痛みが分かり上手に話を聴かれ適切なアドバイスもされて利用者の方も毎週来てくれるのを楽しみにされています。
仲間も特別扱いするわけでもなく彼女たちとお喋りを愉しんでいます。
我々もずーと元気でいられるとは限りません、そんな時初めて自分の弱さや辛さが分かるのでしょうね。

投稿: スマイル | 2014年11月 5日 (水) 18時57分

baseballスマイルさん
何かがあって、何かが解るんですよね人間って。
だからすべての事が無駄ではないのだけど
できたら「辛い」なにかは経験したくない・・。
でも、起きることは受け入れるしかないですからその時に自分がどう向き合うかだとおもいます。

投稿: おたま | 2014年11月 6日 (木) 09時25分

目頭が熱くなりました。○ちゃんは幸せだったと思います。一生分の愛情を23歳の間に受けて天国に・・・そして、Bさんも素晴らしい強いお母さんだったと思います。
世の中には一番信頼のできるはずの親から、虐待を受けて自殺に追い込まれたり、、、している子供たちもいます。
どうして親から逃げられなかったのかと思います。どんなに地獄だったのかと想像するだけで涙がでます。

でも、Bさんはすごい!

投稿: ペコちゃん | 2014年11月 6日 (木) 10時36分

baseballペコちゃん
Bさんにとって娘さんが全てだったので、喪失感は大きいと思います。
赤ん坊のころからのドクターをはじめとする医療関係者。教育関係者。支援者のボランティアさん・・・娘さんが結んでくれた宝だと言っておられました。
彼女のことだから、前向きにこれからも歩かれると思います。

投稿: おたま | 2014年11月 6日 (木) 11時30分

ホロリと、きてしもた。
年のせいじゃない。
感性ちゅーやっちゃ。
ありがと おたまさん。

投稿: 徒然キング | 2014年11月 7日 (金) 22時07分

baseball徒然キングさん
おおきにです。
いや~もう、お大事にしてくださいよ。
年取ったら涙もろくなるみたいですよ。

投稿: おたま | 2014年11月 8日 (土) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 工場に萌える | トップページ | 意地悪じゃないもん »