« 台風の夜 | トップページ | 飛び出し坊や »

2014年10月15日 (水)

魚屋のおじさん



どないしよう・・・
秋刀魚・・買うてしもた・・

今日は飲み会ですねん。
だから、夜ご飯いらない・・

なのに今朝、マーケットに行ったとき
サンマの嘴(くちばし)があまりにも黄色かったから・・

買うてしもた。

サンマの、あれ・・くちばしって言わないのかな。

子どものころ魚屋さんの前に立つのが好きでした。

ゴムの長靴にゴムの前掛け。
ねじり鉢巻きに腕まくりをしたおじさんは、
なぜか、みんなガラガラ声。

「こんこは、どこんこね。こげなあいらしかじょうちゃんは、みたことんなか!」(この子はどこの子でしょう。こんな可愛いお嬢ちゃんは見たことがありません)

なんて、思われていたのでしょう。きっとね。(妄想)

手品のように魚をさばくのを真剣に見ていました。

大きな、まな板に水をかけて亀の子たわしでごしごしこする。
布巾できれいに拭かれたまな板の上でお刺身が出来上がる
長い長い刺身包丁を使って・・
おじさんの手元をウットリながめていたっけ。

秋刀魚はくちばしの黄色いのが新鮮
左にエラのあるのがヒラメ。そっちはカレイだよ。

七輪の上で焼かれる「あぶってかも」の焼き具合を気にしながら
みんなその時に教えてもらったような気がします。

「あぶってかも」「あぶってかも」
ちょっと胸がキュンとするくらい懐かしい。
博多にしかないなんて関西に来て初めて知りました。

お魚は今ではちゃんと切り身にしてパックで売られている。
お魚屋さんとおしゃべりしたり
「二枚におろして二つと三つに切っておいてください。」なんて買いにくる子ども、いないか・・。
その前に「お使い」してる子どももみたことがないなあ。

お昼にさんまを焼こ~っと。
決めました。
今日中に食べなきゃね。新鮮なうちに。

Dsc03780

有刺鉄線ってなぜかしら懐かしい。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 台風の夜 | トップページ | 飛び出し坊や »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

さんまの嘴が黄色いのって、つい先日知りました。出身が海無し県なので、鮮度なんてよく分かりませんでした。そのせいでしょうか、サンマを壺に味噌漬けにしたのが私の大好物ですの。

投稿: アンヘラ | 2014年10月16日 (木) 23時42分

秋刀魚は目黒に限る。

つうのは落語の話で。

秋刀魚は明石屋に限る。

つうのは与太話ですぅ。

投稿: NANTEI | 2014年10月17日 (金) 18時58分

そう言えばさんま喰ってへんなぁ~

投稿: | 2014年10月18日 (土) 06時45分

アンヘラさん
壺に味噌漬け・・
新鮮な魚が手に入る海のそばに住む人は人生の幸福度が二割増しくらいあるんじゃないかと思っています。
でも、山の人は山の人で美味しく食べる工夫をされているのですね。
「秋刀魚の刺身」おいしいですよ。
一度食べさせてあげたいですわ。

NANTEIさん
兄ちゃんが焼くと125円の秋刀魚が1250円で店に出せるという噂です。
なんで、そんなに旨そうに料理するかなあ・・ほんで、「酒飲みたい」気にさせるかなあ・・。

お名前の無い方
うぇ~ん。どなたでせう。
秋刀魚を焼いて差し上げたいのに・・
もしかして、もしかして・・
たぶん・・たぶん・・やで
メタボの???


投稿: おたま | 2014年10月18日 (土) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風の夜 | トップページ | 飛び出し坊や »