« 花の東京・ホテル編 | トップページ | 花の東京・めぐりん号で観光編 »

2014年10月 2日 (木)

花の東京・下町そぞろ歩き編



いやはや、まったくもう東京はプレミアムですわ。
さすが花の都

何がって、都会の風に吹かれた翌日には、
下町ロマンに浸ったり・・・色々楽しめます。
楽しさの上乗せミルフィールや~~

雨も上がり、東京2日目。遊ぶぞ~~

その前に朝食ですわね

朝食は和・洋どちらかをチェックインの時に告げておきます。

Dsc03658今朝のスペシャルジュースは苺。
めたんこ美味しい。

Dsc036592種類のプレートから選ぶか、アラカルトで¥3100以内で選んでっていわれました。

何がおフランス風だかアメリカ風だかわかんないから、いろいろ載っていそうなほうをチョイス。

クレープ包みの中身はフォアグラお魚(スズキ)でした。

Dsc03660美味しそうなパンとコーヒーが運ばれてきました。

嬉しいなあ

それにしても朝ごはんに¥3100って
王将なら死ぬほど餃子が食えるぞ。

おほほ。
関西のおばちゃん。すぐに値段言いますねん。これもう習性やから修正できひん。お下品でかんにんどっせ。
モチロン。朝食代は格安プライスに含まれていますのよ。
おおきに!トシコちゃん。

Dsc03663

Dsc03664レストランから部屋に戻るまで、
ソファーがあれば必ず座ってみる

ふわっふわやで~

そんなことばっかりしてるから
なかなか部屋にもどれないよ。


二日目は「下町」。

行きたいところがあり過ぎて困ります。
ピンポイントに絞りました。
森鴎外や夏目漱石が住んだ、きっと散歩したであろう
「谷中・千駄木」一帯です。

ホテルからで池袋まで出てJR山手線で日暮里駅へ。
コインロッカーに荷物を預けてここがスタートです。

交番のおまわりさん。大阪と全然ちゃうわ
カッコイイし、優しくて親切。そして若い標準語やし・・
Dsc03687

夕焼けだんだんと名付けられた谷中の坂

   惜しい!このマンションがなあ・・・

これで雰囲気は全く変わったのでしょうね。
坂の上(西日暮里から来た道)から見たところ。
Dsc03685階段下には
谷中銀座商店街が広がる。

Dsc03697


     「百米の谷中銀座や新生姜」 おたま
  (ヒャクメートルノヤナカギンザヤシンショウガ)季語/新生姜・秋

谷中への「挨拶句」ね。うふ。

台風が通り過ぎた後の曇り空。
昨夜はあんなに降っていたのに。この日、傘は使わずに済みました。

長くなったので続きは(たぶん)明日。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 花の東京・ホテル編 | トップページ | 花の東京・めぐりん号で観光編 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

なんですか。

兄ちゃんに黙ってお江戸に(-"-)

下町やったら深川を忘れたらあかん。
芭蕉の史跡「採荼庵」の前でやね、
もっと俳句下手にならんかいな。。。

いうてお参りするべきやろ( 一一)

しかし健脚恐るべし!

投稿: NANTEI | 2014年10月 2日 (木) 11時46分

私ったら、思わず椿山荘の宿泊料金を調べてしまいましたわ。
お下品ですみません。

やっぱり、笑いあり笑いありの花の東京旅行ですね~。

それにしても、俳句お上手です。

投稿: maruko | 2014年10月 2日 (木) 14時31分

谷根千ですねー

とか言って、
私、未踏の地です

おたまさんに先こされたー

投稿: るべる | 2014年10月 2日 (木) 19時49分

NANTEIさん
俳聖にごあいさつもせず失礼ぶっこいてしまいました。
深川いってみたかった・・・小名木川に飛び込んでみたかった・・
時間が足らないです
来年、また行きます。
今度はパラグアイのちょっとコロコロしたマダムと。
兄ちゃんにすごく会いたがっています。お台場に連れて行ってやってください。
妹も、もちろんついていくわよ~。

marukoさん
いけませんわ。marukoさま。
お下品ですわよ。おほほほ。
わたくしでさえ「流石のお値段」と聞いているだけですのよ。
あ。朝食3100円はなんたら会員価格ですので、本当は3500円らしいです。
ま。また、お金のこと言ってしまいましたわ。ごめんあそばせ。

るべるさん
谷根千っていうそうですね。
鴎外や夢二のの記念館や霊園で墓さがしとかしたかったのに、一日では無理ですね。
東京に住んでる方は行かれないのですか?
大阪の人が通天閣に上らないようなものなのね

投稿: おたま | 2014年10月 3日 (金) 09時08分

東京の話を伺って”新鮮”です。谷中の階段脇に猫は居ませんでしたか?部屋に野良が舞い込んだ時に本気で捨て場所を探しました。<谷中は猫の天国である>と本に書かれてました。(勿論、情が移って面倒見てます。)

あの田村女史の絵!私部屋に二枚飾ってますのよ。(カレンダーですけど。)
宝厳院の襖絵も見に行きました。あれ見る為にホテルへ入れるかしらね。。

投稿: アンヘラ | 2014年10月 4日 (土) 20時06分

アンヘラさん
絵画にお詳しいんですね。
彼女の絵はロビーや廊下に数点。優美な作品でした。各階のエレベーター脇にも飾ってあるそうですが見て回る勇気はありませんでした。
ティールームだけでも大いに利用して、鑑賞されたらいいと思います。ホテルの内部と調和して素敵でしたよ。

投稿: おたま | 2014年10月 5日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花の東京・ホテル編 | トップページ | 花の東京・めぐりん号で観光編 »