« その名は阪急電車 | トップページ | 大坂歩き・天王寺七坂その2 »

2014年10月23日 (木)

大坂歩き・天王寺七坂その1



遂にその日がやってきました。

べべちゃんとの「天王寺七坂」歩きです。
待ち合わせの大阪地下鉄谷町九丁目3号出口エレベーター前にて彼女は目薬を差していました
「足。大丈夫?」 (葉書に足が痛いと書いてあったので・・)

   「だから目薬差してるねん」

本人の中では一連の話として完結しているのですが
素人(彼女との付き合いに置いて)はついていけませんでせう。
こういう場合は「そのうち判る・・」と深く追求しません。

年に一度は旅行をしていたのですが彼女が心臓の手術をしたりして最近は日帰りのお出かけばかりです。
前回は「京都三条通歩き」でした。

   「心臓が弱いねん」と言います。

「それは正確な表現じゃないな。心臓は《強いけど悪い》。と言って欲しいわ」
主治医にいつも注意されるのは

    早口。早食い。怒らない

ムリや・・・ベべちゃんからこの三つを取り上げることは不可能です。

「大阪」はむかし「大」と書きました。

観光客が訪れることはあまりないと思いますが
非常に大阪らしい場所。
え?大阪の真ん中にこんなところ?

・・それは「太閤さん」が作った町の面影の残る「寺町」です。

上町台地の上と下を結ぶ七つの坂道を歩いてきました。
現在、多くの人でにぎわう難波や千日前はその昔、海だったそうです。
この坂の上から眺める夕日の素晴らしさ故に、このあたりを
夕陽丘と呼ばれるようになりました。

Sany0005
七坂のひとつ。清水坂

この日は弘法大師のご縁日。
最後に立ち寄った四天王寺では骨董市が開かれていました。

前から欲しいと思っていた大ぶりのネックレス
どんぐり飴かと見まがうような・・・が素敵だったので買いました。
800円のところを、ベべちゃんが700円に値切ってくれました。

どこが「心臓が弱い」ざんしょ。

持つべきものは関西マダムの友人ね。
(あんたも。そうや!はいはいごめんなさい)

乾燥イチジクとクルミの入ったライ麦パンをかじりながら、
亀の池の亀を眺めます。

「テンノージのカメノイケ」・・と言うと

   「かめまんねん」


と返してくれるべべちゃん。固いパンをかじりながら。

しかも平和ラッパのものまねで・・・・

いい友達です。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« その名は阪急電車 | トップページ | 大坂歩き・天王寺七坂その2 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

べべちゃん、会ってみたい。
いいお友達ですね。

平和ラッパのモノマネ・・・思い出せへん。。。

投稿: kimi | 2014年10月23日 (木) 09時22分

べべちゃんに素人はついていけませんでした。

平和ラッパのギャグも調べて解りました。

師匠 勉強になります!!

投稿: maruko | 2014年10月23日 (木) 14時25分

大阪に数か月滞在していたのですが、そんな丘のことも坂の事も知りませんでした。大阪は平らだと思ってました。。早口、早食いが心臓に良くないって。。どうしましょう。。

投稿: アンヘラ | 2014年10月23日 (木) 23時12分

kimiさん
前のブログの確か九州旅行のあたりでべべちゃんの顔出しをしたように思い探して見ましたら、「首」を出していました。
鎖骨の写真を撮れとうるさかったので・・
今度は勝手に顔出ししてやりませう。はは。

世代の境界線は「市川雷蔵」を知っているかどうかというのがおたまの中にあったのですが平和ラッパも入れておかなきゃですね。
1975年に亡くなられたそうです。

marukoさん
頑張ってついてきてください^^
平和ラッパは天才的な「アホ」でした。
顔・髪型・声・・・どれをとっても作為がないのです。
もうあんな凄い人は出ないと思います。

かめまんねんは正確には
「天王寺の亀、豆、噛めまんねん」です
噛めまんねんと亀万年がかかっております。

ついてきてますか?
はは~っ!しゃいならっ!

アンヘラさん
早口。早食いなんですか?(^^)
大丈夫ですよ怒りんぼうでなければ。
彼女いつも誰かとケンカしています
心臓バクバクさせながら

投稿: おたま | 2014年10月24日 (金) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その名は阪急電車 | トップページ | 大坂歩き・天王寺七坂その2 »