« 心配なこと | トップページ | 瀟洒な街でお食事。むふっ。 »

2014年10月11日 (土)

水の秋



NIPPONの秋。
空も水も澄む、美しい季節

Dsc03754

遠くへ行かなくてもすぐ近くにこんな素敵な場所

Dsc03745

難病の孫娘のために屋根裏にあった釈迦尊像を探し当てたという、おばあさんの逸話が残る、不思議なお寺。

Dsc03747池の水を
秋の陽が照らす。

天井に反射した光は
きらきらきらと

美しい影をつくる。

これを最初に
「水かげろう」と呼んだ人は

すごい。

Dsc03750


きらきらきらきら・・・・・・・・・・・・

     「水の秋多宝塔へと正座して」 おたま

季語は「水の秋」
秋の「水」ではなく、秋そのものを感じる好きな季語だ。

Dsc03755

観光客のざわめきもなく

山間にたたずむお寺。

ここの
涅槃像にさわらせてもらうことができる。

文化財指定にとの話が以前からあるが、
そうなれば、お参りに来た人が「触れなくなる」と断り続けておられるそうだ。

その涅槃釈迦像こそ、信心深いおばあさんが夢枕のお告げで探し当てたもの・・・・

心落ち着く、秋の一日。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 心配なこと | トップページ | 瀟洒な街でお食事。むふっ。 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心配なこと | トップページ | 瀟洒な街でお食事。むふっ。 »