« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

花の東京・六本木ヒルズ編



いやはや、まったくもう東京は素敵ですわ。
花の都ですわ

何が?ってまず、タクシーの運転手さんね。

例の京都の高橋(呼び捨て!)みたいなのはいません。
みんな、ジェントルマンやね。
ジェントルマンの基準って「声」なんや・・って思いましたね。

 

       声・・ちっちゃ!

 

「どちらからですか」って聞かれましたので
「兵庫からです」とお答えしました。間違ってませんわ。
新大阪から新幹線に乗ったけど「大阪からです」って言いたくない。

 

大阪と兵庫は違います!

 


Dsc03612新幹線なう。
一番に乗り込んでやったよ

 

Dsc03613

この後、ハノイからのツアーのお客様が乗ってこられました。
新大阪京都 新幹線体験 という企画なのでしょうね。

 

日本の誇る「夢の超特急」
この10月1日で運転開始からちょうど50年になるそうです。
あの、鼻先の丸い「ひかり」号。懐かしいですね。

 

やっぱりベトナムの人好きやわ
ちゃっかり、皆様のタブレット撮影に写り込んでおきました。
ありがとう(カムオン)&さようなら(タムビァット)

さてさて、東京到着です。
実はウチラ3名の中にヒルズ族の関係者がいますねん
いや。ほんまですって。
だから。とりあえずビール ROPPNGI だわね。
ということで、タクシーに乗り込みましたのよ

あ。その前にお荷物をコインロッカーに預けてっと・・
夕方ここに戻ってきて「はとバスミッドナイトツアー」に参加の予定ですのでね。
Dsc03620
Dsc03637


なんかね、コインロッカーもしゃれてるわ。
東京って感じ。

ウチの近所のコインロッカー。みんな「青い」し・・。

コネを活用して六本木ヒルズ潜入。
森タワーのスカイデッキ。展望台(シティビュー)。森美術館を「無料チケット」で見学致しました。
色々な楽しい展示をしてるのね。

でも、はっきし(り)言って現代アート

 

         わがんね 

 

生きることが・・立つこと座ること食べること話すこと全てが
アート だっておっしゃるのよね。 
だからってタコ(食べる方のタコよ)を捌くのをみせられても・

 

   わがんね~ぞ。さっぱり。

 

こういうのを、豚に真珠。猫に小判。馬の耳に念仏。といふ。

ドールカルチャーって展覧会もやってて、リカちゃんやジェニーちゃんがいっぱい。
こちらは、私にもよくわかりました。
可愛い写真(人形のよ)を沢山撮ったのでまた、お見せできるかしらね。

この後、予定では銀座をブラブラして築地で早目の夕食を済ませて「はとバス」に・・ということでしたが

ぬあんと、おたま様ご一行とともに台風も上京して来られた。
土砂降りの雨。外歩きなんかできますかいな

 

Dsc03636新丸の内ビルにて
「東京のある一夜」
   Una Sera di Tokio

 

ウナセラディ東京なう。

 

ビターチョコ
一人に一個ですねん。
お上品やね。

 

さすが東京

Dsc03639
雨が強く降り出して
ワン・レイニー・ナイト・イン・トキョー
やわ

出てくる歌が古うおすな。

結局、はとバスはキャンセルしました。
だって、屋根なしのバスに雨合羽着ての観光って・・お嬢様奥様のアコさんには絶対にムリ!


せめてもう一度 言わせて
アイ・ラブ・ユー

しんみりあなたと お話したいの・・・

呑気な歌やね。
ウナセラディ東京はオリンピックの1964年。
ワンレイニーナイトイントキョーはその前年に発売されたそうです。

東京中がトンテンカンと工事の音で溢れかえっていたころです。

本日二台目のタクシー利用。
このドライバーさんはガイドの資格を持っておられるそうで、東京駅から目白までとても楽しく乗車しました。
京都の高橋(呼び捨て)に教えてやりたいよ。
(高橋の詳細をお知りになリたい方はご一報を)

 

ということで、一日目終了です。
では、いざホテルへ。

Gonna stay at heartbreak hotel
(ハートブレイクホテルに滞在するんだ)
おたまちゃん↑懐メロポップス。絶賛練習中


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (9)

2014年9月29日 (月)

花の東京・トイレ編



いやはや、まったくもう東京は凄いですわ。
花の都ですわ

ハシモッさんが夢洲にカジノ作っても勝てまへんって・・
カジノという発想の時点でお品が無いOSAKA

なんかね、もう「人」が違いますねん。
《女の人》なんか、みんな綺麗ですねんわ。
綺麗なだけじゃなく全員がチコさんやね。

チコさん。知ってはりますよね。
黒田知永子さん。
「eclat・エクラ」の表紙モデルしてはるでしょ?
おたまもその本。美容室か歯科医院でしか見たことないけど・・

「寝る前には化粧水たっぷりつけて寝ます・・」みたいな。
なのに「スペシャルな事何もしていませ~~ん」だって・・。
てなこと言いつつ、かかとにはひっそりと天然シアバターとオリーブオイルを配合したおフランス製のオーガニックコスメをご愛用・・みたいな。

なんかね。東京の女の人って
関西圏みたいに「ドテッと」してないわね。うん。
あか抜けてはる

チュニックで腹回り隠す。みたいな卑怯な事誰もやってません。

ちなみに、チュニックが似合うのは赤毛のアンとハイジだけです。
おばさんが着たら痛い。
気づけ!おばさん。
アレはデブって見えるし、年喰ってみえる。

ウェストをマークするんだ。
ゼ~ゼ~ゼ~。
アカン。話が逸れて来てる。

《男の人》なんか、もう・・・全員が賢そう。
だ~れも、電車の中でスマホなんかやってへんし・・

大阪のJR環状線。10人中9人はスマホいじってるね。
で、覗いてみたら (覗く方もどうだか!だけど)
たいていは、ゲームしてますねん。

      AFO と  ちゃう?

みんなもっと、この国の将来の事、考えようよ。
って言いたい。

え~っと、どこまで話したかな。

あ。電車の中ね。
うん。とにかく電車の中では「おしゃべりしたり」「笑ったり」してはらへんわね。誰も・・。

そんな、東京を
ず~~~~~~と、笑いながらしゃべり続けるトシコちゃんと
ウロウロしてきました。

彼女がおしゃべりだって知ってたけど、改めてアコさんが
「あなた。家でもそうなの?ご主人、疲れはるでしょ」って質問。

答え「ウチのおとーさん。私のハナシ全然聞いてないから大丈夫

「大丈夫」って答えの意味がよくわからないけど・・

そんなことで、旅の思い出を2週間ほどかけて(ウソ)ご報告したいと思います。
・・・なんてね。

とりあえず、本日は宿泊したホテルのトイレの写真をお見せいたしませう。
トイレからかいっ!

Dsc03677Dsc03672

Dsc03675

何遍も言いますが、「トイレ」です。
いや~。東京ってすごいわ・・


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (7)

2014年9月28日 (日)

誘惑のテーマ



もう、涙がちょちょぎれるほど懐かしい

 

クラスで物凄く流行った。
ギリシャ映画「誘惑」

流行ったのはこのテーマ曲

ギリシャ映画だからギリシャ語なのかしら。
意味も言葉も解らないのに、誰もが耳で覚えた。

クラスのほとんどの子が歌えたんじゃないかな。

「ギトミ」というあだ名の女の子が持ってきた一枚のサントラ盤がきっかけだった。
ポータブル電蓄を放送室から借りてきて、みんなで聞いたっけ。

 

9年前、初めてPCを手にしたとき、ネットで調べたけどどこにも引っかからなかった。
さっき、何気に検索してみたら
なんと、なんと・・・

一般的に思春期に於ける苦悩というのは
ずっと大人になってみると、そんなこと忘れちゃってるんだけど
誰もが通る道なわけで、
「音楽」というのは、それら「苦悩」や「不安」を浄化する作用があるそうです。
だから、大人になると「音楽」なんか「騒音」としか思えなくなったおじさんおばさんでも、きっと多分、「あの頃」が最も音楽が好きだったはずですよ。

⇑ ⇑ のユーチューブには歌詞がついてるんだけど
な~んとなく、歌える。
覚えてるものですね・・

 

ところで「映画」のほうは
これもちゃんと調べることが出来ました。

 

人妻の不倫 の映画だったのね。
「誘惑」って題名ですものね。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (7)

2014年9月23日 (火)

トイレのインテリア事情



古い知人。
名刺に以前はインテリアプランナーって書いてあったけど今はインテリアコーディネーターになってます。
どう違うの?
ってきいたら「流れ」と言ってました。
室内装飾デザイナーともいうらしい。ややこしや。

で、その人のハナシだと、個人宅のインテリアプランを提案するときは何気にさりげなく、そのお家のお手洗いを使わせてもらうんだって。

クライアント(特に奥様)の趣味・傾向が99%わかるそうです。

おお怖い ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Dsc03608_2

お手洗いは清潔第一で、掃除がしやすいようにって
V


タオルだけしか掛けていなかった
おたま家の厠。

「らしいわ・・ははは」

って笑われちったよ。

ははは。だよ
ま。インテリアセンス以前の問題だそうです。

そこで、上の写真のやうに、ちょこっと色々、置いてみた。

Z_2

ハ~イ。家族写真です。
雑誌の切り抜き(材料費ただ)

あとは、ポトス&時計

時計は優れものでクルクルと回転して置くと温度計になったり、ストップウォッチになったり、タイマーになったりします。(IKEA/¥298)

トイレにタイマー・・・・なんか使えそうな予感

(トイレに限らず)今のインテリア若奥様の好みの本流は

      カフェ っぽい

というものらしい。
シンプルかつナチュラルで明るく清潔感があって
      北欧風

きゃは さすが、おたまちゃん。ちゃんと押さえてるよ

    ムーミン=北欧

でも、本当いうと・・北欧テイストって落ち着かないのです。
まったりできない。

トシかね?言いたくはないけど・・
古い英国家具のような重厚で落ち着いたのが好きです。
ぬくもりと安心感がある。
装飾過多に見えて実は洗練しつくされている。

うん。Café(カフェ)より喫茶店派だもん。

で、トイレに戻るけど・・
やっぱり、トイレは、掃除しやすいのが一番
其のうち、タオル一本に戻ると思うおたま’sトイレ。

明かりも少し落としておどろおどろしいのもいいなあ。

赤い紙がほしい・・白い紙がほしい・・

トイレの神様。うすさま明王のお札。
護符も貼ってある。
おしもの病から守って下さいって・・・

もう、4年くらいまえ、このうすさま明王の事をブログに書いたんだけど、
いまでも「トイレの神様。金運アップ」でやって来られます。

それは、いいんだけど「教えてgoo」のような質問サイトで、おたまのブログ記事がそっくり「回答」に使われていて、驚いたことがあります。

おたまの書くこと信用してもらってもいいけど、金運アップしなかったらゴメンね。
というか、文章の無断流用はだめだよ。回答者さん。

トイレだけに

    水に流してあげるけどね 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2014年9月22日 (月)

さっきの手紙のご用事なあに?



一枚(葉)の葉書が届いた。

わからん・・・。

ハガキ大に切った厚紙に
雑誌か何かから切り抜いた風景の写真が糊付けしてある。
その糊が悪いのか、塗り方悪いのか
ボコボコしている。

多分、ペロリと剥がれたのであろう上部はセロテープで止めてあり、その一部は裏側に回っている。

そのような作業ののちに、もう一度周りを鋏で切ったようだ。
たぶん葉書寸法に自信がなかったのだろう。
仕事が、雑だ・・

その切り抜きの風景だが・・・・ふーむ。
わからんのである。意味不明。

紅葉はしている。 が。 桜のようなものが咲いている
帰り花か?彼岸桜か?
同時に常緑樹も裸木もある。
なにを伝えようとしているのか・・。

きっと、メッセージが隠されているはずだ。

目をこらす。
むむっ!

右上に白いものが・・・恐竜ではないか?
セロテープに光って見えにくいが、
少し立体化している。浮き上がっている。

目を凝らす。(もう一度)
鋏で切った時の切りくずがテープにくっついて挟まっているだけだった。

あて名書きをみる。
ちゃんと、わたくし・おたま宛になっている。
差出人の名前はない。

下半分の文面を読む。

「こんにちは 朝夕はすっかり 秋ですね」

まともじゃん。つーか、とっくに秋やし・・

「テルテル坊主を作り・・・略・・・。少し足が痛いのでおたまちゃんに迷惑を・・・略・・・心配です
サロンパスを貼りたおして、粘り勝ちに持っていきます。」和子

    意味不明 わからんばい。

因みに・・・略・・・って本当にそう書いてあります。

べべちゃん。貴女の本名「和子」じゃないでしょ。
筆跡みたらわかるよ。


粘り勝ちに持って行くというのが理解に苦しむけど
足が痛いのね。
テルテル坊主はまだ早いとおもいます。
約束は一か月先だから。

 

彼女、このあいだは、
こんなものを送って来たんだっけ

彼女のシュールさにはなかなかついて行けない。
知り合って約半世紀になるけど・・・

何はともあれ、確かに落手つかまつりました。

Dsc03601

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2014年9月18日 (木)

チング



ここ一年ほど前から歌舞伎にはまっているエミリーに
南座を誘われていたけれど

どうしても。海老蔵に大枚をはたく気になれず断った。
彼女、たぶん今日行ったんじゃないかな。

今回の出し物、「三枡景清」(ミマスカゲキヨ)
三枡というのは成田屋の家紋です。
お家芸の荒事を大スペクタクル風に「これでもか」って見せてくれるらしい。
いらね

新しい歌舞伎ファンの取り込みに力をいれている興行主の思惑に、エビが企画をかぶせたのかどうか、しらないけど。
こつこつやろうよ・・。
歌舞伎の力を信じようよ。とおたまは言いたい。

エミリーは「景清」には、ある「思い」がある。
知ってるんだ。
彼女自身が「景清」と呼ばれていたこと。

負のエネルギーを持続するってしんどくない?
と訊いたことがある。
「しんどいよ」って彼女は答えたっけ。

もう20年以上も前。

時の流れは状況に変化をもたらす。
というか、みんなトシをとる。
そんな風に思っていたことが、そうでもなくなる。

ええこっちゃ。
エミリーに平安あれ!

K
(京都府美山/京都大学演習林にて)

「あなたは、部屋で一人で寝ています。
そっとドアが開き誰かが入ってきました。
手には包丁を持っています。強盗です。
強盗は近寄りあなたのシーツを剥がそうとしました。
その時です。ベッドサイドの電話が鳴りました。
その電話は誰からでしたか?」

という、ちょっとした心理テストのようなものがあった。

「電話の主は自分にとって最も信頼している人」
なのだそうだ。

あたしの、答えは「エミリー」だったんです。

へえ~。そうなん?
このとき、夫ひっちゃんは「元気に生きて」おりました。

もちろん。ひっちゃんが一番だよ~~
ホントだYOOOOOOOO

韓国語の「チング」は日本語で言う「友人・ともだち」とは
微妙な違いがあると教えてもらった。

「長い間、親しくしてきたともだち」

 

「この人がそばにいてくれたらホッとする
そう言う人になりたい。」
と、言っていたエミリー。

今日は彼女の誕生日。

お昼ご飯ご馳走するって約束。忘れてへんって・・
まかせといて

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2014年9月16日 (火)

ああ。出来ない!チュライ。



チュライ。ちゅらい・・・と言いながら
続けている「俳句」

やっぱり好きなんだろうと思う。

「俳句」は座の文芸といわれる。
結社に属さず仲間をつくらず、こつこつとひたすらに歩いている方もおられるが
俳句の面白みは句座にあり、そこでの発見は成長につながる。

特に意味はないけど・・
今日の爪
Dsc03594ビビッドでせう?

 

 

 


指みんな・・

 

模様を変えてますねん。

どないしたん!

ですよね。

 

ぐふ。

今更だけど、ここんとこちょっと低調なんだ・・
俳句のことでございます。
なんとか課題をこなしているだけで、無難な句ばかり。

 

・・・・・・・チュライ

 

考えてみたら「爪」を詠んだ俳句ってあまり作っていないわ。

  「爪立ちて花見写真に加はりぬ」 (春)
  「爪先の濡れてゐるなり若菜摘み」 (新年)

 

「爪」そのものではない句も入れて10句くらい。

 

「爪を塗る」「爪を切る」という行為は
何か内省的なものを感じさせます。

 

爪を切っている、あるいは塗っているのだけど心はほかの事を考えている・・。
あるいは、なにも考えていない。

秋の夜長にふさわしい行為のように思う・・
あ。夜に爪を切ってはいけないのですよね。

孫俳句は作らんぞ。と言いながら数合わせで作ってしまう。
これも生活の覚書だから・・なんて言い訳をして

 

   「南瓜を抱へ褒められ二歳半」

 

自分では気に入ってるのだけど

 

  「秋立つや雀の作る砂の窪」 

 

貴女にしては、おとなしいと言われちった。
いいのいいの。

 

  「ゑのころやをとこ三人立ち話」

 

えのころとは、「猫じゃらし」のことです。
見たままを素直に詠んだらいいだけなんだけどね。

さあ。爪でも研いで・・頑張ってみませうか・・
桜貝の色に塗り替えてみませうか・・

 

      罪深き女は心にもなく
     メノウで飾った鋭い爪を
     黒い手袋の中に隠す
     剃刀のように一撃で刺し通す爪だ

 

 (ヴェルレーヌ詩集より)

 

今月の兼題は「虫一切」
そう言えば、今夜は虫の音が聞こえないわね。

 

アカン。全然俳句スィッチが入りません。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (10)

2014年9月12日 (金)

東京・心ズキズキワクワク



まあ奥様。聞いて下さいな。
ご心配をおかけしましたけど・・

東京に行くことになりましてん。

永久にと違いますよ。 
嫁に行くわけではありません。

一泊二日だす。

過激団(呑み会)の秋の旅行です。

テキトー幹事のせいで計画がフラフラしてたのです。

そして・・10日は呑み会の例会でしてん。
これはもう、決まりきったことなんです。けど・・

   トシコちゃん。来ませんねん。


いつものところ、いつもの時間に・・・
「ひゃあ・・どないしたんやろ・・具合でも悪いんやろか」

あこさんってホンマに人を疑うことを知らない、ええ人や。

    バックレてるねん。トンコする気や

と1960年代後半のヤンキー言葉などご存じあろうはずもございません。
あ。トンコのトンは遁走の遁ですわよ。

でも、あこさん。やることがおたまよりえげつない。
「首根っこ押さえて引きずりだしてやりましょうね。
ほほ。」

ということで、翌日(昨日)トシコを呼び出す。
体育館の裏

このチェーンが目に入らんか?
びゅんびゅん(鎖のうなる音)

トシちゃんね。やってきましたよ。
紙袋に「るるぶ東京」とJTBとキンツリ(近畿日本ツーリスト)のパンフレットどっさり入れ~の

       厚化粧で》

トシちゃんどないしたん。化粧、濃いで

  いや~わかる?「エクステ」してん・・

といって、老眼用ファッショングラスをがばっと外して、
まぶたをショボショボ パチパチさせました。

「エクステ」とは「まつ毛エクステンション」のことで、自分のまつ毛の上に人工のまつ毛を貼りつけるんだそうです。

  何考えてるんやろ トシちゃん

40本×左右=80本 初回一割引きで¥4080 とのこと。

 何かんがえてるんやろ トシちゃん

おたまより3歳年上です。夫も孫もいます。

ま、トシちゃんの顔はどうでもいい。
「東京」です。

ウチラの目の前で、ホテルに予約の電話を入れ(させ)る。
ついでに、はとバス「ナイトコース」も予約
(残席16あり。不景気か!)

あとは、往復の新幹線。
彼女、ジパングに入れ入れっていうんだけど、
いいわ面倒臭いということで、トシちゃんが大阪に出るついでに金券ショップで購入するということになりました。

  ほら・・決まったやん。

観光コースもちゃんと、考えてくれてるやん。
さすがトシちゃんや。

彼女は学生時代を含む7年間を東京で過ごしました。
「トシちゃんの神田川時代の思い出の地にも付き合ってあげるよ」

「いやいや。それはいいわ・・」

照れてます。厚化粧で・・・

120407_049


あこさんが
「ねえ。私が呼び出さなかったら計画は流れてたの?」
と厳しく追及すると・・・

でへへへ・・

ほんまに。も~~~

と、いうことで「梅田のビヤホール」は中止になりました。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (11)

2014年9月10日 (水)

ジャズシンガーへの道険し 



今日のお花
Dsc03546

デンファレ/美人 ハイブリッドスターチス/いたずらな心
レザーファン

今月から始まった「ジャズボーカルレッスン」
その第一回に行ってきました。

じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ

少人数のグループレッスンと聞いていましたのに
口コミっておそろしうございますね。

合計8名の「歌いたがり」が集合。
全員女性です。

男性で受講を希望する方もおられたのですが、女性パワーに圧倒され、辞退なさったそうです。

世代で申しますと
   全員、名前の下に「子」がつくのよね。って感じ。
   昭和の香りプンプンです。

レベルで申しますと
   「声は出る」というおたまちゃんから
           「音楽を基礎から学ばれた」お方まで・・

そんな奴は来るな!と申し上げたい。
レッスン受ける必要ないやん。

動機は
    なんとなく、皆さま・・誘い誘われて・・
    おばちゃんって、なんで一人で行動しないんかなあ・・
    しかも、みんな ア・ソ・ビ気分。

プロを目指しているのはおたまだけです。

ジャズボーカルのレッスンって聞いてました。
シャバダバダバ~~~から始めるんだって・・思ってました。

ところが。なんと。ハウエバー。

おたま以外の7名(皆さん、友人or顔見知り)の希望で
「ポップスを歌う」に微妙変化してますねん。
60・70年の洋楽やオールディーズを中心にってことね。

じぇじぇじぇっじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ

ニューヨークの溜息とまではいかなくとも
「兵庫県南東部の溜息」を目指していたおたまはがっかり。

ま。そのうち、軌道修正してやるさ。

 Love Me Tender

 Rhythm of The Rain(悲しき雨音)

 Yesterday

この三曲からスタートですって・・・ビミョ----

でも・・なんか・・楽しいよ。
ラブミーテンダーなんて耳になじんでるし楽勝って思ったら大間違い。

よーはーめーまー らーこんぷり~~~ って歌うんだよ。
you have  made  my    life  compret

ああ。楽しい

次回は上記三曲の仕上げと
これまた皆様の希望により

One Way Ticket(恋の片道切符)

California Dreamin' (夢のカリフォルニア)

皆さんご自分が「歌える」のをリクエストするのね。
これじゃ。歌声喫茶の洋楽版じゃん。

どんどん。目指す路線からはずれていくわ。

さばだばだ。シャバダバダ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2014年9月 9日 (火)

ああ。東京ワルツ



ビルの谷間の ちいさな陽だまり
頬寄せてきみと見た 青い空・・・・

「東京ワルツ」・・・・もう・・どうなってるのよ!トシちゃん。

    東京に行くんと違うの?

今年の呑み会の旅行は「東京」で
幹事はトシちゃんで
行く日は9月日って

    決まってたのと違うの?

もう・・わからんわ・・あの人。

燃える夜空のネオンは移り気 
棄てられた花束が泣きぬれて・・

先月の初め。おたまがすっごく忙しかったから

あこさんと二人で打ち合わせして、大方を決めて
ホテルと新幹線。予約しておくって言ったよね。

早期割引使おうって言ったのは貴女です。

はとバス夜ツアーとか、テキトーに決めてって・・
おたま、お願いしたよね。
どこでもエエよ。何でもエエよ。
「金は出すが、口は出さん」
って男らしくきっぱり言ったはずや・・

   トシコの   バ~ロ~

タブレットが壊れてて予約してないねん・・

って今頃言う?しかもこちらから聞いて初めて・・

ホンマにええ加減な姉さんやで。

「おたまちゃん。やってってどゆこと?今更。

絶対に、やらへんからね
幹事はトシちゃんでしょ。

おたま、ベトナムの幹事やりましたやん。

フラフラフラフラ。
フラダンス踊ってるヒマがあったら
ちゃんとやってよ。

「絶対に行こうなって言うんやったら
お宿、押さえといてくださいね。

トシちゃんみたいな性格。得やな。
誰かがやってくれるって信じ切ってるもん。

ためいきの青い靄(もや)
ああ 東京ワルツよ・・

120304_012

なんか・・もう・・
最終的に

梅田のニュートーキョー(ビヤレストラン)になってしまいそうな気がするわ。

それやったら、それでもいい 
楽しいんちゃう?

広場に散る散る 夢の
夢の つゆ草

 

とうきょうへいきたしとおもへど とうきょうはあまりにもとほし・・


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


桑田佳祐の「東京」を聞くまでは
「東京ワルツ」が東京の歌のマイfavorite。でした。
(作詞・西沢爽/作曲・レイモンド服部)

初代コロンビア・ローズが歌っているとばかり思っていたけど違ったようです。

| | コメント (4)

2014年9月 7日 (日)

我が家のソファー

子ども達が家を離れ、おばあちゃんが天国へ行き、

ひっちゃんと二人暮らしになったとき購入したソファー。

Dsc03552


赤いでしょう・・見ればわかるけど・・

とある街を散歩してて、
ウィンドウに飾ってあるのを衝動買いしました。

Dsc03548デザイナーの名前。

足元に銘版が貼ってあります。

イタリアの人。

一人一脚


これからは、ここにオッチンして暮しませうと。

お雛様みたいに、ちんまりと鎮座いたしませうと・・。

Dsc03556

ダンゴ虫みたいに丸まったら、寝られますよ

とてもデカいんです。試しに2リットルのペットボトルを置いてみました。
(写真を取るために二つをくっつけています)

Dsc03553

実は後姿が気に入って買ったのです。



それまで使っていたカリモクのソファーは半分を処分し
あとの半分は二階の空き部屋へ持って行きました。

結局、ひっちゃんが座ったのは丸2年でした。

時々、なんで、ひっちゃんは「こんなもの」を買おう!なんて思ったのだろう。って考えます。
Dsc03554
柔らかい手ざわり
掌(たなごころ)のようなデザイン。

この赤いソファーには元気とか慰めとかを貰ったような気がします。

あ。名前は・・・「臺」(うてな)ちゃんです。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2014年9月 5日 (金)

旅の思い出・バリ島その9



個人あてのメールを転載していますので、過激発言等は一部修正しています。よろしかったら読んでくださいませ。

2009年2月・バリ島。 同行者/エミリー

 ーーー ーーー ーーー ーーー 

 

バリ島お土産

Dearエンジェル


 
写真は朝食にやってきた鳥さんです。

P



 
インドネシアは八割がイスラム教でその内バリ島は八割がヒンドゥー教だそうです
イスラム国家のイスラム教と違い牛、豚は食べないが鳥は食べる。
ヒンドゥーは豚、鳥を食べる。

   ・・・・と言っていたと思う多分。
ケンタッキーの店もあったし。

もちろん仏教徒もいる。宗教は自由だそうよ。

島が寄り集まっている国なので文化も宗教も「島」独自のものがあるのね。
インドネシア語とバリ語は全く違うそうです。

丁度、大統領選挙を控えて町のあちこちに政党や選挙のポスター、旗をたくさんみました。

 

バリ報告もいよいよおしまいは「お土産」です。


最初に行った更紗工房では何も買わず。

チュルクという村の銀細工工房で長男にペンダント、次男にリングを買いました。

240USドルで、今回の旅の小遣いを大半使った。
親ばかでしょ。

95.5%銀含有というから黒くならないと思うけどなあ。
海老で鯛のつもりだけどこの投資は成功するか!
お楽しみだわ。

知人友人には更紗の袋入りバリコーヒー(3万ルピア)と入れ物の可愛いジャワティ(2万5千ルピア)をセットで。

 Tシャツやサンダルは自分用と友人用を。
サンダルはスパンコールきらきらのカリプソタイプが二足千円の定価が●●●だった。

 
10足買った人は@300円にしてもらったといってました。
なかなか可愛い。


 
あと、自分のために「サロン」・・・なんでやねん。
ウチの近所にヒンズー寺院ないっちゅうねん。
1800円。

それからねえ、ホテル内のお店でシルクのバリパンツを仕立ててもらったの。
風呂敷を縫い合わせたような代物。
なかなか、スタイリッシュですよ。

ホントは黒地に赤の象模様が気に入ってすごく似合っていた(ほんま)けど勇気が無くて地味な紺地の更紗模様にしました。


帰宅してはいて見せたら、「素敵やけど、それはいて家から一歩も出たらあかん」

 
と言われた。●●●じゃ!●●息子。(値段は4800円くらい)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


M

とぎれとぎれの旅日記を読んでいただきありがとうございました。

5年前かあ・・エミリー太ってる・・
二人とも楽しそうだにゃあ・・       おしまい

| | コメント (4)

2014年9月 4日 (木)

思い出の旅・バリ島その8



個人あてのメールを転載していますので、過激発言等は一部修正しています。よろしかったら読んでくださいませ。

2009年2月・バリ島。 同行者/エミリー

 ーーー ーーー ーーー ーーー 

 Dear エンジェル

后というのはガイドさんの話ではその昔ひとつひとつの島にそれぞれ王様がいたのですって。
 
バリにはバリの王族が在ったのね。


その後オランダが占領してそこからスカルノが独立を果たし
 
大統領制になって王制も廃止されたのです。 ●●●

バリ島 スパ

 Dear エンジェル

エステのお話をします。
最終日にエステに行きましょうという事になりガイドさんにお勧めのエステを教えてもらうことにしました。

契約とか繋がりとかがあるところなのでしょう。
クタにあるエステにその場(タクシーのなか)で予約を入れてくれました。

 


何しろ地理関係が良くわかっていないのでそのときは片道40分

もかかるとは思いも寄らず、ホテルのチェックアウトの時間を逆算してエステに費やす時間を決めました。

 

後から想えばタナロットの夕日をキャンセルしたのだからそんなに慌てなくてもよかったのだけどね。

B

 アーユルベーダの三時間コースで、●●円かな。

高いのか安いのかわからないけど少なくともホテルのエステより安いとは思います。

 最初にコースを決め簡単な性格診断のようなアンケートを出しました。
これで使うオイルや香料を決めるようです。
●●●●は頑固な呑気者という回答をしておきました。

黒い紙パンツ一枚の上にタオルのガウンを羽織りいざお部屋へ。
担当はしっかりした体格のお姉さん。
安心感十分。

実はこのとき捻挫した足が結構痛かったので、エステ?どうでもいいやという気分でした。
顔・首・手足。のマッサージのあとシロダーラのオイルをおでこの真ん中にとろとろ落としていきます。

ここで思ったのはフェイスマッサージのテクニック(手順)は万国共通なの?という事とこれでチャクラが開くのかしらという事。

 

 

気持ちは良かったです。
これで二時間。

 

次に場所を移りヘヤーシャンプーと頭皮マッサージ。
中庭に面した明るい部屋でレトロチックな鏡やシャンプー台。
友人が子どものころの夏休みを思い出すと言っていましたが、確かにノスタルジー感がありました。
その場の空気そのものがね。

C


日本人の若い男女がバリ衣装を着てバリメイクをしてもらっていました。
いい思い出になるわね。

ハネムーンかもしれませんね。可愛かったよ。

多分この格好で外へは出ないでしょ。
五条坂の偽舞妓にはならないで欲しい。

Vホテルのビーチにある結婚式会場。

波音だけが聞こえて
怪しげで怖いぞ。

式を挙げるのは日本人だそうです。

何処の神様に愛を誓おうと自由です。

頭皮マッサージはかなり丁寧。
例の上から目線の美容室
151000円は、まやかしだと思いました。

そんなことでエステ終了。
やっぱり薔薇風呂に入らないと女王様気分にはならないです
韓国のあかすりエステと比べたら満足度はあかすりが上かな。

          ピカピカ・●●●●

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2014年9月 3日 (水)

思い出の旅・バリ島その7



旧PCから転載しています。個人あてのメールですので、過激発言等は一部修正しています。よろしかったら読んでくださいませ。

2009年2月・バリ島。 同行者/エミリー

 ーーー ーーー ーーー ーーー 

 

バリ島ガイド

 

Dear エンジェル


 
冠婚葬祭は、●●●●●の先生で当時73歳よ!
写真の彼女は●●●●。

赤い鞄の可愛いほうがキャサリンです。念のため。

N


サヌールはデンパサールから車で20分くらい東にある海沿いの街です。

 エンジェルがバリへ行った頃とは様変わりしていると思うけどね。

現地ガイドは島内200人位いるそうで
 
日本語学校に2年通い、(●●●の場合だと)HISの試験もきっちり受けたそうです。
日本語達者です。

一日目のムジタさんも二日目のスラタさんも30歳くらい。

共通して訊ねられたのは
 
「雪、降りますか?」でした。
南国の人には未知なる憧れなんでしょうね。

ギャルでなくておあいにくだったけど親切にガイドしてくれましたよ。

クタへはエステに行っただけでビーチには行かなかった。
マリンスポーツとは無縁なので。

行く前に「日本語ぺらぺらの人懐こい若者にマッシュルーム食わされるな」と注意受けていたけど
 
おばさんは「懸念なし!」だったわ。

さみしー。

20092_020

ムジタさんによるとヒンズーの戒律をきっちり守るのは上流階層の人達で自分はハンバーガー(牛)を食べたことがある。
と恥ずかしげに言ってました。

バリでは家を継ぐのは末っ子の役割で、彼も今は両親と離れているけど「跡継ぎ」とのこと。


 

バリのおばあさんの仕事は一日三度の御供え物作りだとか。
M_2

 

   バリのおばあさんになりたい ●●●

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2014年9月 2日 (火)

思い出の旅・バリ島その6



旧PCに残っていたメールから転載しています
個人あてのメールですので、過激発言等は一部修正しています。よろしかったら読んでくださいませ。

2009年2月・バリ島。 同行者/エミリー

 ーーー ーーー ーーー ーーー 

 

バリ島ホテル

 

Dear エンジェル
 
テンパサールの空港を降りたらモアーッとあたたかくて、
うわっ南の島に来たぞと実感。

さーっと降る雨も気持ちよく、どこからかお花のいいにおい・・・

 

ホテルはサヌールのバリハイアットでした。

旅行パックでは●●●●のランクの●●●●ホテルでしたがバリデビューだし、ここは張り込んで安心をチョイス。


 
割と大衆向きでガイドブックには長期滞在の西欧人が多いとありました。
T
←おくつろぎのエミリー

ホテルのプールは白人ばかり。

ジャパニーズは時を惜しんでスケジュールをこなす。貧乏性というかバカンス慣れしていないので、遊ぶのも忙しげ。

●●●●たちも、がっついて遊んだ。


 最終日スパの後、
タナロットへのOPを入れていたのをキャンセル。

友人が一番行きたがっていたのに夕日は雨季で無理かなと思ったらしい。

私も足が痛かったので結果オーライに。

O
(ホテル中庭)


 このホテル、なにせ広いです。

三つの大きな棟から出来ていてそれぞれが広い中庭を持っています。


 
最初は南国の木々を眺めながら朝食やロビーに行くのも楽しかったけど、こけたでしょ。道のりの長いこと。

辛かったわ。

I

一番離れた棟の一番端っこの部屋だったから。

遠い。遠い。

U



 
部屋はプライベートビーチを望み、朝は小鳥の鳴き声で目を覚ましました。

我が家の庭に来るのと違い鳴き声が洗練されていた。

Y


 ウブドのOPのなかに「マヤ・ウブド」での夕食があり、このホテルは素敵でした。

食事も小鳥に負けないくらい洗練されていて、美味しかった。

カメラの電池忘れたので写真を撮っていないのが残念。

     もう、バリ報告飽きた?  

まだまだ続きまっせ  

               ●●●


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2014年9月 1日 (月)

思い出の旅・バリ島その5



個人あてのメールを転載していますので、過激発言等は一部修正しています。よろしかったら読んでくださいませ。

2009年2月・バリ島。 同行者/エミリー

 ーーー ーーー ーーー ーーー 

バリ島・寺院

 

今更だけど、私みたいなのバリに行く値打ちの45パーセントも無い人間だわね。
 イルカと戯れたり珊瑚の森に迷い込んだり・・・無理。


水が怖いねん。

顔洗う時もおぼれそう。

で、寺院は二箇所行きました。


 
ウブド近くのゴアガジャ。
ガジャはガネーシャ(象)、ゴアは寺と教えてもらいました。


静岡県にある東海大学の海洋博物館の入り口はマリリンモンローの口だったことを思い出しながら洞窟の中へ。

W


 
入って左にガネーシャの像、右に水・火・風の三体の神様。

どう見ても男根だと思ったけど友人が神妙に手を合わせているので●●●も右にならえ。なんだかなあ・・
 
入り口の女神の水浴び場はギリシャ風。あるいは古代ローマ風。

E


 もう一箇所はモンキーフォレストの中。

ここでは緑色のサロンを貸してもらいました。

何の神様か解らないけどご挨拶。

サロンをつけると足取りがゆっくりになるのね。

気に入りました。


 王宮見学の後、マヤウブドまで食事に行き、

また戻ってきてレゴンダンスを見ました。

そして「こけた」。

王宮では先代の王の后が木製ボンボンベッド(古い!)のような椅子に鎮座ましまされていました。

 

乾びたおばあさんがアッパッパを着て足を投げ出していたけど、さすがだった。

何が?と聞かれても困る。
 
                続く ●●●

ーーー ーーー ーーー ーーー  

バリ島人生の旅路

Dearエンジェル
 
そうそうゴアガジャは一番最近の地震の際、発掘されたそうです。


 
ここ10年くらいのことなので、エンジェルが訪ねたのがそんな前ならそこはまだジャングルだったです。

 旅って一年でも三年でも十年でも昔に行っているほうがいいみたいですね。
 
年々俗化してしまうのは仕方ないのかな。

エンジェルの神の山の風にひれ伏してみたかったよ。


 
写真はゴアガジャの水浴場、このときはこけるとも知らずご機嫌。

Q


 
旅って楽しいでしょ。

そんななか(多分ベッドに入って)「だから何なの」と思ったの。
 
「楽しくても●●●はいない」って思ったの。
 
口では100まで生きるって言ってるけど、実は74歳で死ぬらしいの。
 
そのとき74でもいいな。って思いました。

後●●年かあ。何ができてどう生きるかな・・なんてね。

アカン、アカン、このマイナスイメージ。
 
きっと貧乏臭いアイラインが島に上陸したんだあ。・・・・

 

               ●●● 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »