« 誘惑のテーマ | トップページ | 花の東京・六本木ヒルズ編 »

2014年9月29日 (月)

花の東京・トイレ編



いやはや、まったくもう東京は凄いですわ。
花の都ですわ

ハシモッさんが夢洲にカジノ作っても勝てまへんって・・
カジノという発想の時点でお品が無いOSAKA

なんかね、もう「人」が違いますねん。
《女の人》なんか、みんな綺麗ですねんわ。
綺麗なだけじゃなく全員がチコさんやね。

チコさん。知ってはりますよね。
黒田知永子さん。
「eclat・エクラ」の表紙モデルしてはるでしょ?
おたまもその本。美容室か歯科医院でしか見たことないけど・・

「寝る前には化粧水たっぷりつけて寝ます・・」みたいな。
なのに「スペシャルな事何もしていませ~~ん」だって・・。
てなこと言いつつ、かかとにはひっそりと天然シアバターとオリーブオイルを配合したおフランス製のオーガニックコスメをご愛用・・みたいな。

なんかね。東京の女の人って
関西圏みたいに「ドテッと」してないわね。うん。
あか抜けてはる

チュニックで腹回り隠す。みたいな卑怯な事誰もやってません。

ちなみに、チュニックが似合うのは赤毛のアンとハイジだけです。
おばさんが着たら痛い。
気づけ!おばさん。
アレはデブって見えるし、年喰ってみえる。

ウェストをマークするんだ。
ゼ~ゼ~ゼ~。
アカン。話が逸れて来てる。

《男の人》なんか、もう・・・全員が賢そう。
だ~れも、電車の中でスマホなんかやってへんし・・

大阪のJR環状線。10人中9人はスマホいじってるね。
で、覗いてみたら (覗く方もどうだか!だけど)
たいていは、ゲームしてますねん。

      AFO と  ちゃう?

みんなもっと、この国の将来の事、考えようよ。
って言いたい。

え~っと、どこまで話したかな。

あ。電車の中ね。
うん。とにかく電車の中では「おしゃべりしたり」「笑ったり」してはらへんわね。誰も・・。

そんな、東京を
ず~~~~~~と、笑いながらしゃべり続けるトシコちゃんと
ウロウロしてきました。

彼女がおしゃべりだって知ってたけど、改めてアコさんが
「あなた。家でもそうなの?ご主人、疲れはるでしょ」って質問。

答え「ウチのおとーさん。私のハナシ全然聞いてないから大丈夫

「大丈夫」って答えの意味がよくわからないけど・・

そんなことで、旅の思い出を2週間ほどかけて(ウソ)ご報告したいと思います。
・・・なんてね。

とりあえず、本日は宿泊したホテルのトイレの写真をお見せいたしませう。
トイレからかいっ!

Dsc03677Dsc03672

Dsc03675

何遍も言いますが、「トイレ」です。
いや~。東京ってすごいわ・・


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 誘惑のテーマ | トップページ | 花の東京・六本木ヒルズ編 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

私は東京より大阪でカルチャーショックを受けましたよ。

阪急電鉄で小学生達が乗り込んできたのですが
男の子のボケに女の子の突っ込みを見事に展開していました。
日常が吉本新喜劇なのですね。

恐るべし、大阪府民@@

投稿: maruko | 2014年9月29日 (月) 11時49分

とても素敵なトイレの写真ですね。
この頃の東京のトイレって綺麗です。デパートでも駅でも昔のように臭くて汚いトイレは見かけなくなりました。
この前、個室も全部ガラス張りのシースルーで中に入り鍵を掛けると突然ガラスが曇り見えなくなると言うのに出会いました。
レストランでもカフェでもトイレでお店のセンスやこだわりが見えたりしますね。

投稿: スマイル | 2014年9月29日 (月) 12時04分

客室かと思いました!
シャンデリア風ライトの下の白いのは何ですか。もしかしてお手拭?
わたし、鏡が多いのは苦手、きれいで薄暗い方がすきですね。

投稿: kazu | 2014年9月29日 (月) 17時18分

marukoさん
今度、大阪に来られることがあったら、是非ご案内しますよ
阪急はそんなに「ベタ」ではないのです。
吉本というより劇団四季(お笑いか!)です。
やはり、ここは斜め30度で走行する京阪電車に乗っていただかなきゃね。
ほんまもんを味わってください。

スマイルさん
そのトイレにどんな意味があるのか・・。
ガラス張りの必要性を、考えると夜も眠れませんでした。
絶対に行ってみたいです。
今度案内してください。

kazuさん
はい。お手拭き使い放題です。
一度、どこかの美容室に置いてあり、二回めの体験です。それは美しくたたまれていました。
鏡に、おたまが100人位映りました。
そりゃあ怖いですよ。
筑波山ろくのガマの気持ちがわかります。
心臓にわるい

投稿: おたま | 2014年9月30日 (火) 08時37分

おたまねえさま、さすが高級ホテルにお泊りで…。

東京の人もスマホやってますよ。大阪との違いは、柄物に柄物を合わせているおばちゃんが東京には少ないことかしら。

投稿: ヴェルデ | 2014年9月30日 (火) 10時04分

アカン、
出るもんが引っ込みそうです。
60年前なら、素っ裸で入ってウンでもシーでもしたかも?
今は想像するだけでおぞましいですな〜

投稿: osダンボ | 2014年9月30日 (火) 17時06分

ヴェルデさん
え~そうなんですか。
おたまの見る限りでは、お手々をお膝にきちんとおっちんしてる方ばかりでしたよ。
お行儀がええんやなあ・・と思いました。
耳に赤鉛筆さしてデイリースポーツ見てる人もいなかったし・・
お洋服は、お嬢様方でもシックざますわね。
たまたま。色彩の多い場所に行かなかっただけかもしれませんが・・
そう。柄+柄は上級なおしゃれですわね。
ただこなれていないのが悲しい。

ダンボさん
落ち着いて聞いて下さい。
ここで「せえ」とは言ってません。
写真左上の奥に個室がありますので、そこでなさったらよろしいのです。
そこは目茶苦茶落ち着けます。
「ああ無情」なんか読破できそうです。

投稿: おたま | 2014年10月 1日 (水) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誘惑のテーマ | トップページ | 花の東京・六本木ヒルズ編 »