« 不測事態を楽しんでる場合かな | トップページ | 思い出の旅・バリ島その1 »

2014年8月27日 (水)

不測の事態へろへろの最終章へ



 

ヤッタ。ヤッタヤッターマン\(^o^)/

 

やりました。成し遂げました。やればできるよ。おたまちゃん。

こんなに頑張ったの、小学5年生の8月31日以来です。
宿題。あと一割ほど残っています。お茶の子さいさいだよん。

って、この《詰めの甘さ》が命取りになるかもしれないわね。
ここはひとつ、ふんどしを締めなおして
きゃは・・ってそんなものしてないけどね・・ぷぷぷ

 

ああ、何かハイテンションだわ。歌でも歌っちゃおう

死んだ男の残したもの~わ~~・・・暗いか・・

そうそう不測のハナシがまだ残っていましたかしらね。
めんどくせ。

こうやって無事に帰って来たからいいじゃん。もう・・
そんな事を言ってはいけません。
そういうのを《尻切れトンボ》と申します。

あれぇ~。お尻が切れるのってトカゲじゃなかったっけ??
ま。いいか。

ということで

17時半に平凡氏がきりっと立ち上がり申しました。
「地下鉄で行けるところまで行ってタクシー使おう」って

(いまさらながらの)キビキビした判断。(今頃かいっ!)
で、さすらいの一族は地下鉄を乗り継ぎJR某駅へ行きました。

ぐっ坊(good boy)は、生まれてきて、今日が一番たくさん電車(しかも本物)を見て、ず~~っと上機嫌でした。お昼寝もしていないのにね

Dsc03523
(上部・検札員さんが鋏でパンチしてくれました。懐かしいなあ)
石炭と水で走ります。シュシュポポ 

着いたJR駅でもう一度運行状況を確認したら、更に遅れそうだとのことでした。
判断は正しかったと鼻高々の平凡氏。

いやいや、5時間前に決断してほしかったよ。

タクシー乗り場に個人タクシーが停まっていました。
このおっちゃん。高橋(呼び捨て)っていうんですが、

 

    メチャクチャ感じ悪いの。

 

観光地、京都のタクシーは非常に教育が行き届いていて、サービスが良いのですが、個人タクシーは別やわ。
「○○までお願いします」と言ったら、
「知らんねんけど・・」とひじを窓枠にのせたまま抜かした。おっしゃった。

○市の○○を知らんかったら、あんた「モグリ」か?北海道から出てきて昨日転職したんか?
とおたまが言いかけそうになると。
賢い明星氏が「ナビがあるでしょ」と冷静に言った。
高橋(呼び捨て)はウッっと変な音を出し「ああ。ほな△号線、まっすぐに行ったらええんやな」
知ってるんや。しかもため口。
こんな長距離。うちら・・上客やと思うけどなあ・・

・・・・帰宅して

「一人やったら次のタクシーに乗り換えるとこやったわ」と温厚な平凡氏が鼻の穴をふくらませるので、
「あーたね。あれが渡瀬恒彦でなくて不幸中の幸いよ。タクシードライバーの推理日誌って知ってる?これが夜明日出夫(元刑事)やったら、事件発生と同時に、途中で降ろされるんやから・・・高橋(呼び捨て)で良かったのよ」と言って慰めておきました。

遂に筋斗雲(愛車)に対面。・・・・長かったわ~~。

しかし、試練はここでは、終わらなかったのです。

         

 

・・・・ここから先、もう書く気力が残っていません。

兎に角、家に無事帰って来ました

 

21時半。米をとぎ、早炊きスイッチを押し
たった20分で親子丼を作り、糠床から胡瓜と茄子の古漬けを引っ張り出し細かく刻んで生姜をすり下ろして
飢えた子らに食べさせました。

翌朝の新聞で、
我々が車で帰って来た道・・・途中で遮断されていたため、迂回して真っ暗な峠越えをして帰って来たのですが
土砂崩れのため作業中の方が亡くなられたと報じていました。

あの大雨の中車を走らせるのは間違っていなかったか。
それこそ、京都で宿泊しても良かったのではないか。
そもそも、天気の不安定な日に出かけることもなかったのではないか。

と、色々、反省しております。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 不測事態を楽しんでる場合かな | トップページ | 思い出の旅・バリ島その1 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

みなさん揃ってお帰りなって良かったです、お疲れさまでした~。
ドラマを見るよりやっぱりドキュメントは迫力あります、みなさんのご苦労を楽しんだようで申し訳ないですが。
おたまさんご家族が通過した道路で亡くなられた方がおられたのですね、ほんとに一寸先はわかりませんね。
高橋(私まで呼び捨てですが)、居るのですよね、そんな愛想もク〇もないドライバー。
私が先日乗ったタクシーは我が団地に入る一つ手前で間違って曲がったので、「あ、もうひとつ先です」と言ったらドライバーさんがめちゃめちゃ恐縮して「すみません、ここでメーター下します」って。まだひとつメーター上がりますよって言いましたが「良いです良いです」って。

投稿: kazu | 2014年8月27日 (水) 17時41分

KAZUさん
高橋(呼び捨て)以外は京都のタクシードライバーさんは親切で感じがいいんですよ。
KAZUさんの、そのドライバーさんに負けない位です。
○○タクシーの△△と申します!って名乗られることもあれば、ガイドもしてくださるし値段交渉にも応じてくださいます^^。
高橋(呼び捨て)はきっとあやしい過去を背負ってるのよ・・と思っております

事故現場は遮断されていて通れなくなっていたほうです。川が増水して地盤が緩んだようです。お気の毒なことでした。
迂回した峠の方。怖いくらいの雨の中を帰ってきました。

投稿: おたま | 2014年8月28日 (木) 08時36分

以前<最悪の選択>という話を聞きました。でもグッ坊が電車を楽しんだのですから、あれは善い選択だった。あの悪天候の中、山中を迂回して無事に戻られたのは良かったですね。本当に楽しそうな家族で、終始笑いながら読ませて頂きました。

投稿: アンヘラ | 2014年9月 3日 (水) 06時47分

アンヘラさん
結構、悲惨な「選択」だったのですが・・・
「笑うてなしゃーない」って、そう言えばよく使いますね。
ヘラヘラした家族ってところですかね。

投稿: おたま | 2014年9月 3日 (水) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不測事態を楽しんでる場合かな | トップページ | 思い出の旅・バリ島その1 »