« 下り坂 | トップページ | 松竹七月歌舞伎・沼津 »

2014年7月29日 (火)

ヨシモトに行け


baseballbaseball


駅前のお祭りには行きませんでした。
だって「よさこいソーラン」大っきらいやもん。
↑ ↑ 今年は無かったらしい。やっぱりね。

住民参加型のやぐらを囲む盆踊りに変わったそうです。

ゲストで吉本興業の漫才コンビさんが来られました。
そこそこ 結構な人気者です。
平凡氏も真綿嬢も「楽しかったわ~」と言って帰ってきました。
グッ坊もご機嫌ではしゃいでいたようです。

clover

吉本興業といえば、おたま達の子どものころは
「勉強せえへんのやったら、ヨシモトに行け」
と言われたものです。

今は違います。
メチャお勉強のできる人がクイズ王になったりしてはります。
 《 賢い人がヨシモトに行ってどないしますの
差別発言!?・・・違いますよ。

税金で学校に行かせてもらった人は、お国のために働け!と言いたい。

(昔。国立大の授業料。月1000円でした。千円でっせ!)

clover

Dsc03479

中国人の知人は「吉林大学」の卒業生なのですが
卒業したら4年間は国の仕事が義務づけられているとのこと。
(30年前のハナシですので今のシステムは分りません)

卒業と同時に国から官庁を割り当てられるそうで、彼も奥さん(北京大学卒)も4年間、国の仕事をしたそうです。

(当時)の中国では、大学で学ぶ人は非常に優秀な人たちでした。

全国統一試験による選考では、あれだけの人口に対して大学には全国で28万人しか入れない狭き門だと言っていました。

国のカネで勉強させて貰った分、国に貢献する。
そういう事だそうです。

clover
当時の文盲率(これも識字率って言わなきゃいけないのね)は2割前後。
しかし、本当のところ全体の8割といわれる都市以外の農村部の実態は政府も掴んではいませんでした。

学校にいけない子。学校そのものがない地域。
労働力のために親が学校に行かせない・・・
7歳で手伝いが出来る。10歳で商売ができる。子どもは立派な「労働力」です。

一人っ子政策など都会のハナシで、子どもが多いほど家が発展するという考えです。
一人目だけを戸籍に入れ、他の子は「黒孩子」と呼ばれます。

貧しい日本がなぜ経済大国になれたのか。戦前日本に留学していた知識層は実感として知っていました。
全世界の華僑たちに声を掛け社会全体で援助しよう・・子どもに教育をうけさせよう。と国が取り組んだのが
「希望工程」でした。

 「子どもはこれからの希望である」 と。

clover

Dsc03477(今日のお花)

トルコキキョウ/優美

ヒペリカム/きらめき

くじゃく草/可憐

ロベヤシ

clover

教育の成果は30年かかるといわれます。
教育が国の発展に大きくかかわると考えた中国の成果が現れる頃です。

お手本であった日本では

勉強しないとヨシモトに入れられるという、脅し文句が全く通用しなくなり
勉強しなきゃヨシモトに入れないぞ・・になりました。

賢そうな漫才師さんが司会やらキャスターやらコメンテーターをしてはります。

もう、平和ラッパみたいな人は現れないんやろね。

おもしろくないぞ。ヨシモト。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 下り坂 | トップページ | 松竹七月歌舞伎・沼津 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東女なので吉本はあまり面白くないアルね。

中国は変わりました。大卒がエリートだったのは遥かな昔。いまでは大学を出たけれど、な昭和初期と同じ状態のようです。

中国で農村で男子が尊ばれるのは近隣の村との水争いで戦力になるから、というのをかれこれ20年くらい前に留学生の人からききました。そうだろうなあ…中国の水問題は深刻です。

投稿: ヴェルデ | 2014年7月29日 (火) 23時46分

baseballヴェルデさん
吉本(特に新喜劇)の偉大な「べた」さとマンネリズムは
土曜日に学校から帰って「えー。お母ちゃんまた焼き飯~」といいながらテレビを見て育った人間にしか理解できないでしょうね。

昔は国費留学生ばかりでしたものね。
中国人に「おかねもち」が出現して大きくかわりましたね。

投稿: おたま | 2014年7月30日 (水) 08時04分

娘の友人にウイグル人の娘さんがいます。
頭の良い彫りの深い美人の留学生です。
ここに書ききれない彼女の話を娘越しに聞いても、
どんな民族も全部 中華人民共和国人にしてしまうのは、
はなから無理があると思います。
近頃のウイグル人の報道に心が痛いです。

それから 私たちは吉本へ、売ったろか?て、云われて育ちました。

投稿: youko | 2014年7月31日 (木) 04時00分

baseballyoukoさん
中国は広いです。
知人の連れ合いの画家(上海人)は新疆ウイグル族に魅せられて多くの絵を描いています。
初めて見たとき「この人たちも中国人?」と聞きました。
もう、ヨーロッパの顔立ちですね。特に女性と子どもが美しい。
国が大きければ民族も多い。四川の少数民族の人から「少数民族保護」政策の話を聞きましたが、それはあくまでウエからの考えでした。少数者が追い詰められるのは辛い話です。支配する側が彼らを尊重することは無いですね。かつての日本も同様です。

「売ったろか」って京都はヨシモトサーカス扱い。それはおもろい子やからヨシモトでやっていけるでという、吉本性善説なのか。
ウチラの場合は「アホと不細工が行くところ」というニュアンスでした。えげつない話でっせ。

投稿: おたま | 2014年8月 1日 (金) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下り坂 | トップページ | 松竹七月歌舞伎・沼津 »