« シミよさらば。其の① | トップページ | シミよさらば。其の③ »

2014年7月 2日 (水)

シミよさらば。其の②


baseballbaseball


明けて元禄十四年・・ちゃうちゃう。
松飾も取れていない新春早々、K病院へ行った。

大阪市のほぼ中心にもかかわらず都会的雰囲気には程遠い、
昭和のかをりいっぱいの商店街アーケード。
重い心に悲しみを抱き・・・

え~~と、ちょっと待っててね。
あの時詠んだ俳句がありますねん。探してきますわ。
感動ものやでgood
・・・・ごめんちゃい。今見てきましたがひどかったので
CUT!

clover

診察室に入ると紛れもない「おばあちゃん先生」だった。
身の丈5尺足らず。少し前屈みの痩躯。
ひっつめたグレーの頭髪。
キラリと光る縁の眼鏡をかけておられた。

おたまの目指すところの
「爺さんか婆さんかわからないお年寄」だ。

傍らには先生とほぼ同じ身の丈ながらこちらは、若干、小太りの看護婦さんが控えていた。
凡庸な男子がドキドキするナース服ではなく手首のところでゴム止めしてある割烹着のようなものをお召である。
ちなみに、先生は理科教師のような白い上着の裾が床上10センチあたりまで伸びていた。

二人そろって・・・・「絵」になるgood
う~ん。なんちゅうたらいいのかな・・独特のお二人。

合わせて150歳越えは間違いない!

三味線の師匠から「あの人らコンビやねん」と聞いていた・・・
その、ナイスカップルが目の前に・・・

二人とも白いものをお召しだったはずなのに、いまでも、おたまのイメージジは黒ずくめの、おまけに先生はフードまで被った。

    魔法使いとその弟子。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「どうしましたか?」
「ここのとこに、コロコロしたものができまして・・」

「そこに座って」ベッドを指された。

clover

前回この病院に来た後で知ったのだが。
K病院は「肛門科」で有名で、まあ当時腕のいい先生がおられたのだろう。
「お尻切るならK病院」と、もぱっらの評判だったようだ。
患者も「そのむき」の方が圧倒的に多いということだった。

で、「そこへ」と言われたベッドの壁には

  「下着を脱いでこの姿勢でお待ちください」

と、ご丁寧に中年男性の写真(しかもデカい)が貼ってあった。
イラストにすればよいものを・・。この人

ようモデルをヤル気になったなあ・・
と四つん這いの男に見入っていると。

「はい。こっち向いて、そこに腰かけて!」と言われる。
「腰かけて」・・・ほっ!。ベッドに登らなくていいんや。

clover

「ふくろやな・・取る?」
え?ふくろ?大入り袋?山で鳴くフクロウ?

「今、取る?取っとこ!(とっておこう)」
とっとこハム太郎・・・話の進度に追いつかない。

「あのう・・組織検査は・・」

「あ。いらんいらん」
魔法使いは書き物をしながら顔を上げずに手だけ振った。

      impactほんまかいな・・・

じゃあ、おたまの年末年始は何だったの!
遺言書作成しかけてたんやで。

clover

ちっこい二人に「こっち。こっち」と導かれ診察室の裏手へ回った。

待合室から見るといくつかの診察ブースに分かれているが中に入ると衝立の後ろは共有の広いスペースでその端に奇妙な椅子が置かれていた。

歯医者の診察椅子のようでそうではない。ベンベン。
椅子の両サイドにサスマタのこどもみたいなものが付いている。

さすがおたまは経産婦だ。
見てすぐにはは~~ん。と思ったscissors

   これ。分娩台じゃん。

ここで、産め!ってか。おたまに何を産めというのだ。
それに、この病院に産婦人科はなかったはず・・・

落ち着くんだ。
勘違いだ。これは分娩台ではなく

   痔疾手術および処置のための椅子なんだ~~

clover

兎に角、その椅子に座れと言われた。
寝転ばなくていいのね。開脚しなくていいのね。

おたまの痔じゃなかった、目のオペ(?)の説明があった。
プクンと膨れているところを2mmほどメスで切開し、中にある水だか何だかわかんないけどそれを出す。

おばあちゃん先生は光るものを取り出した。

                   (明日へつづく)


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« シミよさらば。其の① | トップページ | シミよさらば。其の③ »

不思議話」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、田辺聖子さん、すきですか?

40年来の愛読者です。ブログ読んでて、

思い出した。この頃、静かですね。

おたまの水イボの運命は如何に?

早く続きが、読みたいよ~~

投稿: やまあらし | 2014年7月 2日 (水) 09時35分

ああ、明日が待ちきれない!!

投稿: いっこ | 2014年7月 2日 (水) 20時32分

baseballやまあらしさん
一冊だけ読んだことがあります。
20年以上前ですが・・・
田辺聖子?軽いんだろな・・という先入観が思いきり覆されました。
「花ごろもぬぐやまつわる」という俳人杉田久女の評伝です。
その一冊きりですので、好きかどうかと聞かれても・・ごめんなさい。
ただ、お聖さんをモデルにしたNHKの朝ドラは熱心に見ていました。

baseballいっこちゃん
へい!明日になりましたでfuji

投稿: おたま | 2014年7月 3日 (木) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シミよさらば。其の① | トップページ | シミよさらば。其の③ »