« 忘れ物落し物 | トップページ | 何月何日何曜日 »

2014年7月10日 (木)

ソーダ水



(今日のお花)
Dsc03453_2虎の尾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラノオ
このあたりの里山から少し貰ってきて、庭に植えたのが結構繁殖しています。
色は白。

花屋のお兄ちゃんが持ってきてくれた、この虎の尾は鮮やかな紫色。

切り花用に改良されたものでしょう。

 

 

Dsc03455 

 

原種に比べて派手で豪華だけど
やはり人工の美しさ・・

山で見つける虎の尾の魅力にはかなわない。

 

 好みだけど好みだけど

 

自然がいい。

 

手を入れちゃダメ
チャングンソク・・・・

台風の来る前の蒸し暑さの中、ご町内吟行をしてきました。

S子さんの治療が第2段階に入りました。
もっと体力がついてから治療を始めちゃいけないの?
素人が意見を軽々しく言ってはいけないけど、
S子さんを見ていて素朴にそう思う。

・・・・

姉のような人・・。

土地だけは十分にある我が町。
運動場の広さに都会からの転校生が驚くそうです。
ということで
町の公園はめったやたらに広い。ほとんど丘陵。

 

  「炎昼の野原に句材拾いをり」 (季語/炎昼)

 

こういう楽屋落ちみたいなのは駄目ね。
まあ、記録としての一句ということで・・・・

噴水の周りで男の子が走り回っています。
4歳だそうです。しっかり指を広げておしえてくれました。
ママは妊婦さん。暑いのにご苦労様。

 

  「臨月の母も応戦水鉄砲」 (季語/水鉄砲)

 

固い蛇口をやっとひねることが出来た男の子
出来ないことが出来たとき子どもは素敵な笑顔を見せてくれる。
大人が子どもを見て感動するのはそんな時。
忘れていたものを思い出させてくれるから・・

 

 「ドア押せばカウベル鳴りぬソーダ水」 (季語/ソーダ水)

 

「カフェ」ではなく「喫茶店」が好きな昭和世代。

 

重厚なテーブルと椅子。
邪魔にならない音楽。
ネルドリップの前にマスター。
おしゃべりのトーンが自然と落ち着いたものになる。

 

「カフェ」か・・
何もかも、文化までもカジュアルになっていく・・

秋には四国へ行こう!
四国の句仲間と何度も交流会を持ったものだ。

わあ、嬉しい。絶対に行こうね。S子さんの顔がパッと輝く。

前回と言ってももう7年前になるのね
大きなレンタカーで行ったよね。
楽しかった思い出話に花が咲く。

ソーダ水を飲みながら・・・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 忘れ物落し物 | トップページ | 何月何日何曜日 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

>「ドア押せばカウベル鳴りぬソーダ水」

いいなぁ、この句。昭和が懐かしい。

投稿: まさやん | 2014年7月10日 (木) 15時31分

ソーダ水の中を貨物船が通る
ユーミンのうた思い出してしまったやないですか
日本のフォークソング人をニューミュージックちゃら云う、
じゃらじゃらしたもんに変えた元凶は、あいつだと恨んでるのに 
海を見ていた午後 口から出てしもた。まだ修行が足りませぬ。

投稿: youko | 2014年7月10日 (木) 18時02分

ソーダ水が季語なのですね。

素敵な句ですね^^
風景もさることながら音が聞こえてきた気がします。

そういえば高校生の時は喫茶店に入ることは禁止されていました。
大学生になって初めて入った喫茶店では
インベーダーゲーム機が置かれ始めたころでした。
たぶん300円程度を使って惨敗したあとは
ゲームから離れました。
あのゲーム機の音やらなにやら懐かしい^^

お?これではNHKの「音の風景」になっちゃいますね。
失礼しました。

投稿: こごろう | 2014年7月11日 (金) 00時24分

ソーダ水!
そーだ、そーだ、クリームソーダ!
あのどぎついエメラルドグリーンの
飲み物のうえに乗っかってる
あいすくりーむ。

S子様、ご本復をお祈り申し上げます。

四国いいですね、四国。
こんぴら歌舞伎の琴平もいいし、徳島の大塚美術館もいい。四万十川もみてみたいです。

投稿: ヴェルデ | 2014年7月11日 (金) 00時54分

まさやんさん
ありがとうございます。
「素直」に詠めました

youkoさん
youkoさんもそう思われますか。
「女の子」のハートをつかんだことで何かが
大きく変化したような気がします。
ヘタウマが親近感をもたせたのかな
「私にもうたえます」って・・
堪忍したって下さい。

こごろうさん
微妙にトシの差がでる
インベーダーゲームは夫婦でやった記憶が・・・

「音の風景」好きです。
ラジオは想像力を掻き立てますよね

ヴェルデさん
ありがとうございます。
S子さんは自称「粘り腰のS子」なので、風や雨に会っても柳のように耐えてくれると思っています。

なぜか四国が好きなのです。
鳴門海峡を渡ってポコポコした山が見えてくると嬉しくなります。
昔は宇高連絡船で渡りました。

投稿: おたま | 2014年7月11日 (金) 07時52分

ソーダ水って
小さくパチパチ音がします。
あの音を聞くのが好きです

投稿: るべる | 2014年7月11日 (金) 22時29分

るべるさん
歳時記を読むと「ソーダ水」・・青春を連想させる・・なんて書いてあります。
きっと、あのはじける音や透明感のことなのでしょうね

投稿: おたま | 2014年7月12日 (土) 08時41分

ソーダ水って”炭酸入り水”の事なので、あの緑色のソーダ水は海外にはありません。当然ながらクリームソーダも無い。私は成田から出発する時は必ずこれを食べてから搭乗しました。あの緑色って清々しくてちょっぴり哀しい涙味でした。
「蛇口固き事の嬉しき水遊び」
そうだっけと童心に戻りました。

投稿: アンヘラ | 2014年7月12日 (土) 15時06分

アンヘラさん
ガス入りアクアを飲んでいたら敢てソーダ水は飲まないのですか。

投稿: おたま | 2014年7月13日 (日) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 忘れ物落し物 | トップページ | 何月何日何曜日 »