« オーストリア・ドイツ㉔さよならミュンヘン | トップページ | ギリギリ症候群 »

2014年6月24日 (火)

ドイツ・オーストリア・おまけ/お土産編



Dsc02741知らない人に話しかけるのは大阪のおばちゃんの特権かと思っていましたが、そうでもないようです。

旅をしているとよく話しかけられます

Dsc02824_2ホテルの朝食で隣り合わせたご婦人。
モントリオールの方だそうです。
おたまの手を握らんばかりの雰囲気です。

「TUNAMI」は国際語になっているのですね。
カタストロフィという単語が聞き取れました。
少し胸がいっぱいになりました。

こんな時ちゃんと喋れたらいいのになあ・・
「ご心配ありがとう。あなたの優しさに感謝します」って中学校で習った定型文を申し上げました。

メルクの教会ではパリから来たという
たぶん同じ年頃だとおもうのだけどとてもナチュラルでエレガントな女性が近寄ってこられました。
前世で私ら親戚やったんとちゃうか?くらいの懐かしそうな様子です。
彼女も英語が得意ではないようで、英語のわからないおたまと、それでもなんとなく話をしました。

カリフォルニアから来られた日本人女性。
アメリカ人のご主人と一緒でした。「長い間日本語を使っていない。子ども達に日本語を教えなかったことを後悔している」と、少し涙ぐんで、いつまでも私たちと話をしたそうでした。

こんなふうに、みんなコミュニケーションを取りたがってる・・
旅先では誰もが知らない人を懐かしむ・・・

旅をするって知らない何かに、誰かに会いに行くということかもしれませんね。
Dsc02779

さてさて。お土産編です。記録を残しておきませう。

ご存知の通りの円安ユーロ高です。行きしなの関空での両替は(割引込の)1€=142.51円でした。
信じらんないー。
ということで、お買い物は極力控え・・・
欲しいものも別に無いしね・・・このトシになったら・・
Dsc03361_2Dsc03372Dsc03371
:行く先々で紙ナプキン(ダイソーでも買える?やめて!お城で買ったの4・9€≒700円もしましてんよ。真綿嬢が好きなのでHBやモーツァルトハウスなどで購入)
:ハルシュタットの
:エリザベート王妃が(たぶん)愛した石鹸(だって、お城の売店に置いてあったもん)。おたま妃のおぱんちゅランジュエリーの抽斗に入れておきますの。おほほ。

Dsc03362Dsc03363Dsc03364
左:エミリーとお揃いのスカーフ。エーデルワイスの花柄。10EUROの値札を付けたまま渡す。「ほんまやったら1000円やのに1430円で買って来てんよ!」と言って。エミリーはピンク。
中:グッ坊にTシャツと色鉛筆
右:真綿嬢にスパッツ(リクエストあり)二足。
店のおばちゃんが「あんたにはデカすぎやろ!という(もちろんドイツ語)ので「私の息子の・・」と言いかけたら「あんたの息子はゲイか?オッケー。オッケー」とやっと売ってくれた。

Dsc03365_2ああ。買い物が、細かすぎる・・
友人にはチョコレート。

必要に迫られエコバッグ購入
8€≒1144円

オーストリアで買ったのに「ベルリン」と書かれている。こはいかに?


Dsc03380エエねん。
おたま・・・このチョコさえあれば・・・

あとは帰りの空港で息子たちになにか・・
おたま・・なにも要らない・・

なんてね。
Dsc03370そうはイカの塩辛だよ。

ヒューゴ ボス

ここを何処だとお思いかい?
ドイツでっせ。
これを買って帰らにゃ独国に失礼というものです。

Dsc03367Dsc03369_2

Dsc03368

どゆこと?

中身はアメリカの・・・息子2名へショルダーバッグのおみやげです。
これ、防弾チョッキの代わりにもなるらしい・・
紛争地域へ出張の予定はないらしいけど、備えあれば憂いなし。

以上です。・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウソ
Dsc03373
最後の最後。パリドゴール空港で購入。
最近、大阪でもたまに見かけるようになった
DESIGUAL(デシグアル)スペインのブランドです。
Dsc03374袋の中もこんなにヴィヴィッド

一見。派手派手に見えますが、持つとそうでもないのが不思議。
そんな事あるかい!という方。おたままでご一報ください。

意外と安価。
日本の三分の二くらいの価格で買えました。

Dsc03359
真綿嬢にもエコバッグを買いました。
勿論、たたんでコンパクトに持ち歩けます。

でかい値札つけておきます。なんとやさしい姑でせう。

以上でほんまにおしまいです。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« オーストリア・ドイツ㉔さよならミュンヘン | トップページ | ギリギリ症候群 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

あぁ、楽しい旅行記でした
お土産もセンスいい。
真綿嬢より本人のバックがダントツいい(・∀・)
ドイツ語できなくても英語でいいんですねぇ(*^ω^*)ノ彡

投稿: kimi | 2014年6月24日 (火) 15時07分

おたまオバチャン(*'▽')素敵な写真と語り・ありがとうございました(*'▽')
ずぅ~~っと、お土産編迄.。o○ひっそりと拝見致致しておりましたで❢
旅の途中・・・おたまオバチャンが具合悪くなちゃた時はハラハラしちゃたけどね、無事に帰途につかれた時には、ほっと安堵したりで・・・色々と気遣いがあったんやろうなぁ~って・・お疲れ様どすた❣もう、体調は回復したん?
また、粋な俳句のお披露目でも・・・たのもぉ~~(*´Д`)❢❢楽しぃ旅録・・ありがとさまぁ~

投稿: ハイビスカス ♡ | 2014年6月24日 (火) 20時37分

ダントツでスペインのバッグが圧勝ですね。素敵です!私はブランドに疎いのですが良くご存知ですね。
旅先で人が寄って来るのは、惹き付ける魅力の持ち主だからでしょう。
ところであの聖人は誰でしょうか?何を持っているのでしょう。

投稿: アンヘラ | 2014年6月25日 (水) 01時00分

>紛争地域へ出張の予定はないらしいけど、備えあれば憂いなし。

まさに。安倍の妄想から発した集団的自衛権行使の考え方は日本の若い子ちゃんを国外に派兵して、もしかしたら少年兵と対峙させるかもというプブラボーなプランです。でも「反対意見」は盛り上がってないですね。いま、紛争地ではなくても明日をもしれぬ地域が山盛りだというのに。

投稿: ヴェルデ | 2014年6月25日 (水) 02時31分

kimiさん
やはりドイツ語はできた方がいいですね。
そうでないと、あのおばさんの中ではおたまの息子はずーっと「ゲイ」です。
いいけどね。

真綿嬢のエコバッグもあげたくない位素敵でしたよ。
「貴女にはちょっと派手かな?」と何度も言ったのに
「そんなことはありません。つかわせていただきます」って持って帰りやがりはりました

ハイビスカスさん
ハイビちゃん長々と読んでくれてありがとね。
古代からあったハーブを広めたのは中世ドイツの修道院だったのね。
ハーブそのものやまつわるグッズも沢山売っていました。
ザルツブルグのホテルには枕元にアロマが置いてありましたよ。

俳句?・・忘れとったわ!

アンヘラさん
あれはウィーン郊外のマイアリン教会(ルドルフ皇太子が18歳の愛人と心中した)の入り口の扉です。
19世紀の終わりだからそんなに古くないです。精巧でしょ?
見た感じ十字架の端のように見えませんか?
使徒のようですがどなたかはわかりません。
扉にはほかにも幾人もの聖人が彫られていました。

ヴェルデさん
公明・大筋合意ですね。
根性なし!屁のツッパリにもならん。
晋ゾ。じっちゃんの名に懸けて突っ走ってるけど、あれはじっちゃんが憑依してるんだきっと。戦争できる国にしてしまう歴史的な大転換を国民は無関心。そんなのかんけーね。なんて言っていられない日がくるのに・・

投稿: おたま | 2014年6月25日 (水) 11時54分

旅のおわりに、センスの良いお土産の数々。

カラーの華やかさに圧倒された。

欲しいものだらけ。息子たちのは、もしかして、機内販売で?
頭いいなー。

日本では、おたまさんを待ってるひと、沢山いるからね。

投稿: やまあらし | 2014年6月26日 (木) 08時01分

やまあらしさん
旅の思い出にお土産は必須ですよね。などと物欲の煩悩から抜けきれないおたまです。(抜ける気もないですが。あは)
息子たちのはたぶんパリの飛行場の免税店です。時間が限られていると結構上手に買いものができるようです。

投稿: おたま | 2014年6月26日 (木) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストリア・ドイツ㉔さよならミュンヘン | トップページ | ギリギリ症候群 »