« オーストリア・ドイツ⑱ザルツブルグ旧市街 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑳お国柄 »

2014年6月16日 (月)

オーストリア・ドイツ⑲ミュンヘン到着



「民主主義冒さるるとき民として何人にも抗へとドイツ憲法」
           
     (2014・6・16 朝日歌壇/永田和弘選)
フランス在住の松浦のぶこさんの歌を朝刊にみつけました。

政府が憲法に背こうとしたとき国民は全力で守り抜け。そのことが憲法でうたわれているのです。

ドイツ、日本いずれも戦争による苦く重い歴史的教訓を身に沁みて知っている国です。
昔のゲシュタポの建物の前には1923~1945にわたるヒトラーによる犠牲者を弔う火が今も灯されていました。今は音楽大学になっているナチス総本部の近くです。
(写真を撮ったはずだけど・・)

日本はドイツに負けないくらいの素晴らしい憲法を持っています。幾多の「命」と引き換えに「血」であがなわれた憲法です。

世界に誇る日本国憲法を今、一人の男が捻じ曲げようとしています。
そのことを、国民が 真剣に突き上げない。
            疑問の声が上がらない。
            いかなる指摘もない。

「ように、みえる・・」のはどういうことでしょう。

民意を伝えるべき、メディアの衰退、質の変化ももちろんありますが。

稚拙になり過ぎた日本人。何も考えない(そのように育てられた)日本人ばかりで形成される社会では、結集されるべき「民意」さえもあやふやなのです。
「考え」がないのだから・・

大きな声が上がればそちらへぞろぞろとついてゆく。
日和見ならば損得勘定ができるだけ、まだ知恵があるというものです。

「旅日記」やっとドイツ(ミュンヘン)に入りました。
楽しいレポートを進めたいのですが・・

テレビで国会中継をみてはためいきです。

ミュンヘンでは3連泊しました。
宿泊は皆さまよくご存じのシェラトン・アラベラパークでした。
Dsc03350今までとは雰囲気の違う現代感覚。

Dsc03160
このデスクから世界中の情報を集めたり、発信したりできるんだよ。おたまには必要ないけど・・

Dsc03234見て‼見て!

さすがドイツ

屑籠もこうして分別するように仕訳されていますよ。

Dsc03159
ところが・・なんとしたことでせう!
ちょっとしたミスでダブル仕様に・・
Dsc03162おまけに、ベッドからはバス&シャワールームが「見られる」ようになっています。
(このタイプ最近多いです)

同衾中のタニモッチャンは(ダブルでも)かめへんやん
といいますが・・

アカンアカン

うちらが夕食のビアホールに出かけているあいだにベッドメイクをやりかえておいてもらいました。

ああビックリした。
Dsc03161
14階の部屋からの景色。
ミュンヘンは敷地面積の半分が「緑地」だそうです。
ミュンヘン最大のイングリッシュガーデンってどこかなあ・・


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« オーストリア・ドイツ⑱ザルツブルグ旧市街 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑳お国柄 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

見せていただくだけで毎日、感動しております・・・

ただ、本当に日本の未来がかかっているのに、テレビはサッカー一色、安部氏は何を考えているのでしょうか

投稿: ペコちゃん | 2014年6月16日 (月) 21時02分

毎日楽しんで読んでいます。ありがとうございます。今日の前半は別にして…
戦さとその結果がどんなものか! ダンボの世代がもっと本気で伝えるべきでした。反省しています。

イギリス庭園は、ダンボが訪れた時、犬の天国でした。

投稿: OSダンボ | 2014年6月17日 (火) 00時34分

ケンポウって聞いてもピンと来ない平和ボケした世代なのでしょうか。だから隣国の脅威に対して同じ<力>でもって均衡を保とうとするのが今有る最善だと思えてくる。。。平和憲法は世界に誇れるものなのに、世界中で紛争・戦争が勃発している<現実>がそれを骨抜きにしていくのか、矜持が揺らいで少しずつスカスカになって行くのか。実は心の片隅で”これで良いのだろうか?”って一抹の不安は持っているのだと思います。どれが良いのか、分かりません。

投稿: アンヘラ | 2014年6月17日 (火) 23時21分

ペコちゃん
ある年齢から上は「もうすぐ死ぬからわしゃ知らん!」と居直っています。
あきらめがいい・・というか。
若い人の4割は積極的ではないにしろ「アベ支持」と数字が示しています(このデーターの取り方もよくわからないけど)
解ってないというか・・

は~~

ダンボさん
言葉がありません。
教育の力は大きいのに・・物言う人がどんどん減ってきた。物を言えないよう巧妙にシステム化されていった。
多数は正義だと思わされて育った子どもは
物を考えず大同につく。
学校に教育のすべてを任せてあぐらをかいてきた「家庭」のつけかもしれません。

もう。どうにもならないのでしょうかね。

さん
我々の自治体でもこの15年ですね「分別」にのりだしたのは・・
遅れていますね。

アンヘラさん
私はいろんなことを考えるとき(ってそんなに物事を考える人間じゃないけど)
シンプルに考えることにしています。
戦争は殺し合い
人を殺してはいけない
だから戦争をしてはいけない。
・・・
それだけのことなのですけどね。

投稿: おたま | 2014年6月18日 (水) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストリア・ドイツ⑱ザルツブルグ旧市街 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑳お国柄 »