« オーストリア・南ドイツ③ウィーン街歩き | トップページ | オーストリア・南ドイツ⑤トラムに乗って »

2014年6月 1日 (日)

オーストリア・南ドイツ④お国柄



皆さまも学校で習われたように
オーストリアはかつて「大帝国」でした。

現在のような日本の四分の一(北海道くらい)の小さな国になったのは、今から90年ほど昔、第一次世界大戦後のことです。

余談ですが

この「第一次(第二次)世界大戦」という言い方を決して使われなかった歴史学者がいます。
故井上清京都大学名誉教授です。

大戦の「大」=「大いなる」戦とは誰が誰に向かって何を大義としている偉大で立派な戦争なのか考えよ。と言われました。

日本人の歴史に対する見方や自覚を妨げている要素としての「おかしな言葉」の指摘です。

ドイツ・イタリアは侵略戦争についての国民的批判を超階級的に成し遂げました。
日本が過去の戦争を「大いなる存在の元での、大いなる戦争」と無自覚?に呼び続けることの恥ずかしさ、鈍感さ、無神経さ。

デリカシーに欠けるのか、想像力がないのか・・
それは、現安倍政権がとんでもない旗を振ろうとしていることにつながってくるのです。

「政府は知っている」だから主権者としての自覚をもたさないよう、自分の考えを持たないよう、旗を振ればそれに従う日本人を作ってきたような気がします。

余談が長くなってしまいました。

Dsc02671
このピンクの建物は「ホモ・レズ」関係のビルです。
写真では分かりにくいけどシンボルである虹色の旗が立っています。
ライフバル?という機構だったかな。

昔、読んだ「荒れ野の40年・ヴァイツゼッカー大統領演説集」のなかで国籍・人種・さまざまな職業・宗教の人々に呼びかける中に「同性愛者」の人々が入っていて
「お国柄やなあ・・」と驚いたものです。
当時日本ではこれらの人々はまだまだ市民権を得ていませんでした。

今回の旅ではそれらのカップルをよく見かけました。

歴史認識や性的マイノリティの事だけを取ってみても日本とオーストリア・ドイツの違いって旅行をしてみて新たに感じるものでした。

見かけた!といえば見かけましたよ キュッフェルさん
ウィンフィルのコンサートマスターです。

信号待ちをしてはりました。「楽友協会」に向かわれるところだったようです。

おなじみのちゃびんさんです。こっちは知ってるけどアチラはご存じない。
「新年のコンサート。見せてもろうてます」って言いたかったけど、ドイツ語は「バウムクーヘン」しか知らないし・・・ペコリとしたら会釈を返してくださいました。

え~っと、楽友協会の写真が見つからないので・・
音楽つながりで・・

Q
ここは宮廷少年聖歌隊(のちのウィーン少年合唱団)発祥の地です。

我々の宿泊したホテルは1872年に建てられたもので、エレガントな建築様式の外見と内部の近代設備が融合した素敵な建物でした。
街歩きの拠点として位置的にも便利で

明日は・明日こそは・・街歩きのご報告をば・・
なんてね。まだまだ・・ウィーンでっせ。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« オーストリア・南ドイツ③ウィーン街歩き | トップページ | オーストリア・南ドイツ⑤トラムに乗って »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

おたまさんお帰りなさい。
久しぶりにアクセスしたら4日前にご帰国されていたのですね。
2か月半も居た娘が孫を連れて今日無事に帰宅していきました。
めちゃくちゃ可愛い娘の孫に忙しいながらも癒されていましたが大役を終えてほっとしています。
おたまさんのブログで愉しませて頂きます。

投稿: スマイル | 2014年6月 1日 (日) 21時08分

こんばんは^^

流石京大の先生ですね!
「大戦」という言葉を使わなかったという話、深く心に刻みつけます。
ありがとうございます。

さて同性愛者の友人が何人かいますので
日本の状況は彼らにとって
まだまだ生きにくい世の中であることはとても悲しいことだと思っています。
そして世界に目を向けても
まだまだ差別が無くならないのも本当だと思います。

でも多様性を受け入れて、
共に生きることが出来る世界にして行きたいと願っています。

いや~~~、おたまさんのその様々な角度からの視点がとてもありがたいです。
これからもおたまさんについて行きます!
どうぞ振り切らないでくださいね^^;

投稿: こごろう | 2014年6月 1日 (日) 22時18分

”世界大戦”という言い方。。。その解釈を初めて伺って、成程と思いました。

投稿: アンヘラ | 2014年6月 1日 (日) 23時46分

硬質の旅ものがたり、愉しんでます。

それにしても、おたまさんの博学に、

ついて行けません。

無知な私は、顏を洗って、出なおします。

投稿: やまあらし | 2014年6月 2日 (月) 09時49分

スマイルさん
大事業お疲れ様でした。如何に娘さんと言えど気疲れしたでしょう?
食事の支度に追われたのではありませんか。
ゆっくり骨休めしてくださいね。

こごろうさん
島国というのは大きいかもしれませんね。
良いところもいっぱいあるのですけどね

アンヘラさん
何気なく日常使っているけど、意味を知ったら使えないって言う言葉たくさんあります。
例えば・・・
ってまた今度ね

やまあらしさん
顔を洗ってそれ以上美しくなられては困ります。
お気軽に読み流してください。

投稿: おたま | 2014年6月 2日 (月) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストリア・南ドイツ③ウィーン街歩き | トップページ | オーストリア・南ドイツ⑤トラムに乗って »