« オーストリア・南ドイツ⑩高原へ移動 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑫ハルシュタット到着 »

2014年6月 8日 (日)

オーストリア・ドイツ⑪メルク・ドナウ川クルーズ



メルクの街に着きました。
ここにはベネディクト派の大修道院があります。
はい。出てきたよベネディクト派。
Dsc02819ウィーンの森のところでオーストリア最古の教会をご紹介しましたね。
お忘れですか?いいのですよ、忘れてください。
ここでは、男子修道士が伝道・神学他をお勉強、実践されています。

Dsc02852

今日も天気だというか暑い!
Dsc02858観光客も教会にしてはラフすぎる出で立ちです。
Dsc02876

前回のトルコ旅行で「ベルサイユ宮殿よりスゴイ!」と言われるドルマバフチェ宮殿に腰を抜かしそうになりましたが・・

ここの教会内部はそれ以上かもしれません。
さすが「バロックの宝石」と呼ばれるだけのことはあります。
唯一撮影が出来た教会内部。

Dsc02863

教会のバルコニーからの眺め。ドナウ川が見えます。

ドナウ川は美しくも青くもなかった。

でも、ええねん。楽しかったから・・
↑クルーズのハナシね。ここメルクの船着場からスタートしました。
両岸に可愛いお城や教会を眺めながら、ヴァッハウ渓谷を下る1時間40分のクルーズです。

川の途中にSPITZやドルスタインという可愛い街があり、そこで下船する人達もいました。
われわれはクルムスという街までいきます。

 
          
Dsc02885遙かに涯(はて)なく

ドナウの水は往く


Dsc02907水鳥の啼く声に

微笑みを投げながら

Dsc02906_2

春には
花の影をも浸す

秋には
月の
光を浮かべる
Dsc02896
ドナウ・ドナウ

そを巡る思い出は

靄のごとく我らを包むのだ

水はさやかに美しく空のように青く
限りなき美にドナウは充ちる
          (詞・堀内敬三)

小さな山全体がワイン ブドウ畑。そんな景色を眺めながら
船はまるで中世のような街クレムスに着きました。

さあ

たいへん長らくお待たせしました(待ってへんぞ~)
今回の旅のハイライト。

  「世界の湖畔で最も美しい」

とたたえられた町。ハルシュタットへ急ぎます。

今夜はハルシュタット泊まりです。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« オーストリア・南ドイツ⑩高原へ移動 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑫ハルシュタット到着 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

おたまさんは、教会建築に詳しいですね。
私なんか、昔、カトリックの信者だったくせに、チンプンカンプン。
ヨーロッパの教会をずいぶん観たけど、
頭にはいらなかった。
おたまさんは良く勉強してる。
頭が下がります。愉しんでます。
次回以降も楽しみにしてる。
おきばりやす。
         

投稿: やまあらし | 2014年6月 9日 (月) 06時51分

さん
ライン川経験者は「ローレライ」しょーもなかった!って口をそろえて言いますがどうなのですか?
ドナウ川は楽しめましたよ。天候のおかげが大きいでしょうが・・
ハプニングもいい思い出ですやん。
でも、夜のハルシュタット到着は悲惨だと思います

やまあらしさん
ぜんぜん、わかっていませんよ。
聞きかじりを忘れないうちに、こうやって書いてるだけです。
いつも「下調べ」してから旅にでたら楽しいかなあ・・とおもいながら・・やりません。
「見りゃわかる」と思って出発です。

投稿: おたま | 2014年6月 9日 (月) 13時36分

私も川下りってどうしようもない!と思ってました。ライン下りが実に面白くなかったから。ローレライはただの茶色い岩で城塞は崩れて色合いは全ーーー部茶色。時間を無駄にしました。が、ドナウの光景はきれいな建物が点在して綺麗ですねえ。

投稿: アンヘラ | 2014年6月11日 (水) 20時35分

アンヘラさん
ローレライは日本人の愛唱歌ですからね。期待値が高すぎるのかもしれませんね。

投稿: おたま | 2014年6月12日 (木) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストリア・南ドイツ⑩高原へ移動 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑫ハルシュタット到着 »