« オーストリア・南ドイツ⑧ウィーンの森 | トップページ | オーストリア・南ドイツ⑩高原へ移動 »

2014年6月 6日 (金)

オーストリア・南ドイツ⑨夢の街



Dsc02792
男前チェックも怠りなくウィーンの街とお別れです。


ウィーンといえば音楽の都
ハイドン・モーツァルト・シューベルト・ベートーベン・・・音楽教室の後ろの額の中の天才たちが活躍した街ですね。
なぜ、この人たちが次々と活躍できたか?

ウィーンといえば国際会議の街
ニューヨーク・ジュネーブと並んで国際連合の機構がありますね。
なぜ、ウィーンが選ばれたのか?

はい。いっこちゃん。どない思います?
(ぼんやり、油断してたらアカンよ。時々質問するよ。先生)

Dsc02716

遺跡を愛する会としては今回の旅行は少しイレギュラーでした。

Dsc02707

オーストリアの転機となったウィーン攻防(トルコ軍が攻めてきた)は1683年のこと。
最近100年スパンで物事考えてる(四捨五入したら100歳)のおたまにとっては、つい昨日。たった330年まえの出来事です。
其処からハプスブルグ家とともに発展してきたのですから、ゆうたら江戸の町みたいなもんやね。
国母・マリアテレジアはウチの暴れん坊将軍・吉宗とタメやっていうし・・。

そんなことで、遺跡に妄想を膨らませるワクワク感はなかったけど、華麗な建築群や音楽の溢れるウィーン的情緒は楽しみました。

Dsc02709_2Dsc02711_2

と言ってもウィーンの音楽シーズンはこれからが本番だそうです。
6月下旬には野外コンサート(音楽アトラクション・イベント)が始まります。
そのかわり7・8月は(我々が行った)フォルクスオーパーやオペラ座は休館です。
9月1日にそれらの劇場がオープニング。
下旬にはウィンフィルの定期演奏会が開かれ本格的な音楽シーズン到来です。
秋が深まり、ワインが出回り、酒場・ホイリゲが賑わい連日のチャンチキおけさ
11月19日のシューベルトの命日に合わせ2週間の「集い」があります。
それが終わればクリスマスイベントが始まります。
12月24日にオペラ座がクローズし、シュテファン寺院の鐘が鳴り響けば新年です。
街中に「美しき青きドナウ」が流れるのです。
指揮はもちろん・・あの方・・信号待ちをなさっていた・・

まさに音楽の都 
    ウィーン ウィーン お前こそが 我が夢の都だ

             ウィーン観光協会兵庫支局駐在・おたま


Dsc02713

もう・・ウィーン。
ほな。次いきまっせ。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« オーストリア・南ドイツ⑧ウィーンの森 | トップページ | オーストリア・南ドイツ⑩高原へ移動 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ウイーーン、ウイーーン
アタチわかんな~~い。もしかして、バウムクーヘンがあるからかな?
100キロつながりで、マリアテレジアに好意を持ってるアタシ。
小学校の時の校長先生の名は、マドレ・テレジアでした。
ごきげんよう(震え声で)

投稿: いっこにこ | 2014年6月 6日 (金) 10時10分

いっこちゃん
惜しい!バウムクーヘン
音楽が花開いたのは、あーた。
「ゼニコ」金の力だと思う。
ハプスブルグという巨大なパトロン・・
昔は紙幣や硬貨の代わりにバウムクーヘンを使ってたのよ(うそだぴょん)
おたまが可愛がってもらったのはマドレー・イボネだった・・

次の質問は長くなるのでCUT!

さん
やめてけれ~~
おたまが白鳥に咬まれそうになったのはそういうことだったのですね。
きっと、復讐されたのですわ・・
ハルシュタットそろそろ到着しますのでお待ちを・・

投稿: おたま | 2014年6月 7日 (土) 10時15分

”金持ち”が文化芸術を育て、って。。他にする事が無かったのでしょうかね。無かったのね。快楽に耽っていたのよね。数百年経ってそれを一般市民が見てウットリしているって素敵ですね。それにしても、お兄さん、足が長い。宝くじ当ったらパリでは無くウイーンの社交界にデビューします。

投稿: アンヘラ | 2014年6月 7日 (土) 11時16分

アンヘラさん
今の日本人の金持ち(っている?)は成り上がりばかりだから、使い道知らないのですよね。堤清二や大屋政子以降、文化に金をつぎ込んでいる人知ってますか?
金持ちはちゃんと金を使って欲しいわ。

投稿: おたま | 2014年6月 8日 (日) 19時59分

おたまねえさま、うらやましす。
宝くじを当てて建築と音楽が好きな「うちのお父ちゃん」(夫に非ず父親)をウィーンにつれていきたい・・・。でも私ドイツ語できないある。

投稿: ヴェルデ | 2014年6月12日 (木) 01時00分

ヴェルデさん
海外旅行って体力いるので一歳でも若いうちが良い・・・って先輩方はいいます。
ドイツ語どころか日本語も「あっち。そっち。ここ。いる。いらん」くらいで行けますよ。

因みに
中国広州に「ハルシュタット」があるそうです。街路樹から石畳の敷石一個からそっくりさんらしいです。
世界遺産をマネシゴンボするか!?
と、長崎ハウステンボスや伊勢志摩パルクエスパーニャに行った人が言うてました。

ウィーン。案ずるより行け!
お父上喜ばれますよきっと。

投稿: おたま | 2014年6月12日 (木) 08時56分

おたま姉さま、励ましのお言葉ありがとうございます。お父ちゃん今年80歳で高血圧とか心臓とかいろいろ不安があるので、そのへんがカバーされるツアーで行きたいですが、英語が通じるのであれば、医学用語辞典片手に個人旅行で頑張れるかもしれませんね。飛行機の座席はゴリ押しして前に席がないとこを予約する?(お金があればビジネスでいけるけど・・・)

中国はママン(父と同い年)が中国語できるので無問題なんですが・・・・。でもママンが現在健康不安でして。

…パルケエスパーニャ!
スペイン語でホワイ?にあたる語はポルケ。
だからもののわかったひとは『ポルケエスパーニャ』なんて呼びます。でも長嶋スーパーランドは楽しいらしいですし、明治村ははずせないポイントだと思います。

投稿: ヴェルデ | 2014年6月13日 (金) 00時48分

ヴェルデさん
今回約二名がビジネスを利用しました。
わけわからんです。うちらと同時に着くんですよ!おんなじ時間乗せてもらえるのなら安いほうがいいに決まってます。

父上を病人仕立てにして行くという道もありまっせ
空席があれば後ろの座席で寝転んでいけるのですけどね。

投稿: おたま | 2014年6月13日 (金) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストリア・南ドイツ⑧ウィーンの森 | トップページ | オーストリア・南ドイツ⑩高原へ移動 »