« オーストリア・ドイツ⑮白馬亭 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑰ミラベル庭園 »

2014年6月13日 (金)

オーストリア・ドイツ⑯登山鉄道



ブロードウェイで大ヒットしたミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の映画化が1965年ということですので、少女おたまが外国人映画女優のポートレート集めに血道をあげていた頃です。
ジュリーアンドリュースは収集の中には無かった。
ということは彼女は「美女カテ」に入っていなかった?
しかし、歌は知っています。「ドレミの歌」「エーデルワイス」
Dsc03096
ザルツブルグで見かけたバス

実話だそうですよ。今回初めて知りましたがエエ話や。

撮影にも使われた登山鉄道に乗りました。
Dsc03039切符にはさみを入れてもらうなんて、何十年ぶり。
楽しいな

Dsc03053Dsc03041

2両編成の可愛い車両。かなりの急坂を煙を吐きながら登ります
Dsc03042車内には「双頭の鷲」
オーストリア帝国の紋章が。
Dsc03043
紋章に向かって足を投げ出すウチラ・・

かこちゃんの号令で「ご長寿体操」をしているところです。

では、いざいざ。シャーフベルク山頂を目指してGO!
1893年開通。(日本でいうたら明治の中頃)
1783mまで登りますよ。線路の脇には雪が残っています。
Dsc03045まだまだ序の口。
湖が見えます(琵琶湖より小さいけど)

やはり針葉樹ばかりやね。

「すべての山に登れ」
サウンドオブミュージックで歌われるこの歌は、あの!
マイケル坊や(マイケルジャクソン)が人前で初めて歌った歌としても有名だそうです。

Dsc03056
ひや~~っ!緑の万国博や~~。
(彦摩呂風に言ってみたけど。すべったようね
Dsc03048Dsc03052
山頂にはホテルがありました。   山頂駅舎です。

遙か下に湖がみえます。
サスガッス!(さすがにガスが出てきたの略)


巡礼教会のある、
白馬亭のある、
サウンドオブミュージックの舞台である

ザンクト・ヴォルフガングをあとにして、
Dsc03058
(窓のゼラニウムは虫除けの役目もしてくれる)

可愛いお家を眺めながら、時を告げる鐘の音を聞きながら・・
ザルツブルグへ向かいました。

Dsc03066先月改装オープンしたばかりの1864年開業老舗ホテルが本日のお宿です。

明日は歩いてすぐの歴史的な旧市街地の見学です。

では、モーツァルトでも聞きながら・・
おやすみなさい・・

明日もだそうです。
Dsc03059


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« オーストリア・ドイツ⑮白馬亭 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑰ミラベル庭園 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

オー!ザルツブルク。

行きたかったなー!羨ましい!

仲の良い友と、憧れの地を巡るなんて、

何という僥倖。この想い出があれば、

暫く、ご機嫌で、いられますね。

投稿: やまあらし | 2014年6月14日 (土) 06時56分

すご~~い! すご~~~い!!
羨ましいの一言です!
硬券に登山列車、山頂ホテル・・・
(よだれが・・・)

我が家もゼラニウムをプランターで育てていますが
(ちゃんと防虫目的です)
やっぱりこうして白い窓辺に置くのが一番ですね^^

1965年に女優のポートレート集め・・・
(そのころ、私は赤ちゃんだったかも?)
そして外国で遠慮なくご長寿体操・・・
やっぱり好きなことをするのが○○に良いですね^^

投稿: こごろう | 2014年6月14日 (土) 09時47分

”サウンド・オブ・ミュージック”は(腐る程)海外滞在中に見ました。”ベンハー”と同じくらい。放映権が安いのか、新しい映画は流れません。”私は16歳!”と長女が歌いながら四阿の中をぐるぐると飛び跳ねるシーンが印象的でした。そうそう、ミラベルとは mira+belle で<美を愛でる>と言う意味になります。

投稿: アンヘラ | 2014年6月14日 (土) 15時29分

やまあらしさん。
そう思って、頑張って書いてますねん。
もう、飽き飽きですねんけどね
お付き合いくださってありがとうございます。

こごろうさん
女優のブロマイド集めは駄菓子屋のくじ引きから始まり(当時5歳)筋金入りです。
でもこのころは東映のお姫様女優でした。

アンヘラさん
そういう意味なのですか・・
私はまた「さくらんぼう公園」か「アンズ公園」っていうのかと思っていました。
美しいところでした。

投稿: おたま | 2014年6月15日 (日) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストリア・ドイツ⑮白馬亭 | トップページ | オーストリア・ドイツ⑰ミラベル庭園 »